【2022年版】インフルエンサー代理店20選!
代理店の特徴と選び方

インフルエンサーマーケティングの費用はどれくらい?相場や内訳など解説

インフルエンサーマーケティングの費用

今はインフルエンサーとして活躍する方が増えており、俳優やアーティスト等に広告依頼をするよりも手軽で、コスパが高いイメージがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、インフルエンサーマーケティングを行なうと、どのくらいの費用がかかるのかをリサーチしました。

インフルエンサーに支払われる報酬はどうやって決められるのか、本当にPR効果は高いのでしょうかなどについて、メリット・デメリットを比較しながら解説していきます。

インフルエンサーマーケティングの費用

TwitterやInstagramなどのSNSでの口コミや写真を活用したインフルエンサーマーケティングを導入している企業は段々増えてきています。

より効果的なのが、ファンが多かったり、ニッチな分野で支持を得ていたりするインフルエンサーを起用したマーケティングです。

魅力的ですが、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

具体的に見て行きましょう。

フォロワー単価で計算する

インフルエンサーに支払われる報酬の一般的な見積もり方法として、フォロワー単価で計算するというものがあります。

「フォロワー数×企業などが設定する単価」で報酬が決まります。

例えば、単価を3円/人と設定してお仕事を依頼したとします。

フォロワー数1万人、単価3円とすると、報酬は3万円となります。

フォロワー数が10万人であれば、報酬は30万円です。

フォロワー数が多ければ多いほど、広告効果が高いと考えられるため、その分報酬が上乗せされていく仕組みです。

再生数単価で計算する

Youtubeで活躍するインフルエンサーの場合、動画の再生回数によって単価が決められるケースもあります。

最近アップしたいくつかの動画の再生回数から、そのインフルエンサーの集客力を算出するのです。

この場合、単価は3~20円とかなり幅があります。

単価20円だと高く感じるかもしれませんが、その分多くの人に見てもらえるのです。

この単価は、動画の再生回数だけでなく、チャンネル登録者が多い方のほうが高くなります。

成果報酬型で決める

実際にそのインフルエンサーを通して、商品を手に取った人、購入した人の数から、報酬を決めることができるのが「成果報酬型」です。

成果が現れた場合だけ費用を払えばいいので、依頼する企業にとっては、リスクなく始められるので安心です。

効果がなければ、費用を支払わなくていいのです。

例えば、ゲームアプリのPR案件であれば、200~500円/ダウンロード数という料金体系をとっているケースがあります。

また、コスメ・美容関連グッズの購入・契約は、1000~5000円と高めの単価になっています。

これは、購入される商品の金額によって変動するためです。

高額商品が購入されたら、その分の報酬を払うということです。

また、TwitterやInstagramであれば、いいねの数だけ報酬を支払うというケースもあります。

1いいねあたり1~3円という計算で、どれだけ商品に興味を持ってもらえたのか、知名度が上がったのかを分析する指標となります。

▼関連記事

インフルエンサーのフォロワー単価の相場

単価によってインフルエンサーの報酬が決められることが多いのですが、この単価というのはどれくらいなのでしょうか。

具体的な数字で見ていきましょう。

今後、自社でフォロワー単価を設定する際の参考にしてみてください。

フォロワー数によって単価が決まる

「企業などが設定する単価」ですが、相場は3円~5円程です。

企業や案件によって、単価が異なります。

それに加えて、フォロワー数が多い方ほど、単価も上がる傾向にあります。

例えば、以下のような設定の方法があります。

  • フォロワー10万人:単価3円/人 … 報酬30万円
  • フォロワー100万人:単価5円/人 …報酬500万円

このように、フォロワー数が多いインフルエンサーは非常に価値があるため、インフルエンサー自身も自分のフォロワーを増やそうというモチベーションになっているのです。

インフルエンサーの知名度や案件によっては、フォロワー単価20円になる場合もあります。

その他にかかる費用の内訳

インフルエンサーに支払う費用として、これまでにお伝えした「フォロワー数×フォロワー単価」を計算した費用、PRしてもらう商品やサービス利用料実費があります。

代理店やキャスティング会社を通して仕事を依頼する場合は、他にも費用がかかります。

インフルエンサーのディレクション、マネージメント費用等です。

紹介してもらうだけで、仲介手数料がかかる場合があります。

しかし、代理店を通すことで、インフルエンサーマーケティングが効果的に行えるようになり、より商品やサービスにマッチしたインフルエンサーを紹介してもらえますし、SNSの投稿内容やタイミング、頻度なども指示してくれます。

PR後の分析、アドバイスなどを行なっている代理店もあります。

これらのサービス内容・料金は、代理店によって異なるので、予算に合わせて考えるとよいでしょう。

▼関連記事

他の広告とインフルエンサーマーケティングの違い

昔から行われている広告、マスメディアを使った広告などに加え、近年SNSを活用したインフルエンサーマーケティングを行なう企業が増加しています。

また、インターネットサイトやSNS上でのWEB広告も増えています。

これらの特徴と比較して、インフルエンサーマーケティングについて考えていきましょう。

WEB広告の特徴

WEB広告は、その費用の計算方法がいくつもあり、複雑です。

例えば、広告の表示回数によって広告費用が加算されていく「インプレッション保証型」だと、1000回広告表示をして、10円~数百円程度です。

また、閲覧者がその広告を1回クリックするたびに課金される「ワンクリック課金型」は1回のクリックあたり10円~数百円程度です。

そして、広告をきっかけにサイトに訪れた人が購入や登録をすることで費用が加算される「成果報酬型」もあります。

「アフィリエイト」広告とも言われるもので、1成果あたり100円~数万円となっています。

費用を比較

従来から存在する一般的な広告には、テレビCM、街頭ポスター、新聞や雑誌での広告、チラシなどがあります。

それらは非常に費用が高く、数十万円~数約万円かかります。

ですので、大手企業でないと参入しにくいのが現状です。

それらと比較し、中小企業や個人でも参入できるほど費用を抑えられるのがインフルエンサーを起用したPRだと言われています。

費用を抑えられる上に、コストパフォーマンスが高いのも魅力です。

また、WEB広告が安くても単価が10円~であるのに対し、インフルエンサーマーケティングの単価相場は3~5円です。

WEB広告と比べ、2分の1以下の単価が設定できるということです。

メリット・デメリットを比較

一部の人に知られているインフルエンサーより、著名な俳優やアーティストなどに広告依頼をしたほうが効果的ではないのかと考える方もいらっしゃるでしょう。

特に、あまりSNSを利用されていない方は、インフルエンサーの効果を理解しづらいかもしれません。

インフルエンサーは、ファンであるフォロワーにとって身近な存在です。

到底手の届かないようなスターではなく、SNSで交流し合える友人に近い存在の方がおすすめするものは、使ってみたい、自分にも合っているかもしれないという感情を抱きやすいです。ですので、より共感されやすいのが、メリットの1つです。

また、マスメディアを使った広告に比べ、WEB広告は安価ではありますが、その分効果は高いとは言えません。

WEB広告には気を止めない、スキップしてしまう方も多いです。

広告というだけで嫌悪感を抱く方もいます。

対して、SNS上でのインフルエンサーの言動に対して、人々は興味を持ち、チェックしているのです。

特に若い世代のデジタルネイティブと言われるミレニアル世代は、SNSにより得られる情報の影響を大きく受けています。

ちなみに、このミレニアル世代は2018年時点で日本の人口の22%、つまり人口の4分の1をも占めているのです。

もしも、SNSを利用する方が比較的少ない高齢者をターゲットにしたいのであれば、インフルエンサーマーケティングは向かないでしょう。

ターゲットや商品に合わせて、広告形態を選択していく必要があります。

効果的なインフルエンサーマーケティングのために

インフルエンサーマーケティングを効果的に行うためには、その方法や考え方が重要です。

どのように工夫して仕事を依頼するとよいのでしょうか。

企業が直接依頼すると、コストを軽減させることができます。

しかし、インフルエンサーマーケティングに関する知識やコネクションが無い場合は多少コストをかけてでも、代理店や事務所を通したほうが、費用対効果が高くなることも期待できます。

よりよいマーケティングを模索していきましょう。

費用対効果を得るためにすべきこと

インフルエンサーによるPRの特徴、魅力として広告の嫌悪感が軽減されることです。

幅広く様々な場所に存在する広告は、面白くて、自然と興味を惹かれるものもあります。

しかし、広告というだけで嫌悪感を抱いてしまう方が多いのも事実です。

しかし、インフルエンサーによる投稿は、広告であるという先入観がなく、自然と受け入れられます。

したがって、その特徴を理解し、広告感が強すぎない投稿を依頼することが重要です。

単価交渉はできるのか

単価の交渉は可能です。

インフルエンサーの知名度や案件の内容によって、単価が変動するのは当然のことです。

しかし、そのインフルエンサーにとって、安いと感じる単価を提示すると、気分を害してしまうこともありますし、良好な関係を築いていくのが難しくなってしまうかもしれません。

直接インフルエンサーに交渉するのはハードルが高いと感じる企業もあるでしょう。

そのような場合には、インフルエンサーと企業の仲介役である広告代理店やキャスティング会社に依頼し、交渉してもらうとスムーズでしょう。

インフルエンサーマーケティングは自社で行う?依頼する?

自社でインフルエンサーマーケティングができるのであれば、それに越したことはありません。

しかし、専門知識がない中で行なっていこうとするのは非常に負担となります。

様々な知識をつけてマーケティングの方向性を決めること、膨大な数のインフルエンサーの中から適任者を選定すること、インフルエンサーに交渉・依頼すること、投稿後に結果を分析・研究すること、と非常に時間も手間もかかってしまいます。

その上に、このマーケティングがうまくいくとは限りません。

また、人気の高いインフルエンサーの場合、直接仕事の依頼や報酬の交渉などを行なっていないケースもあります。

専門のキャスティング会社や代理店にマネージメント業務を任せているのです。

これらの費用を負担してでも、費用対効果が高いと考えられるのならば、代理店等を通したほうがスムーズでしょう。

したがって、かかる費用と自社の予算、時間的制約などを鑑みて、最も効率よく、コスパの良い方法を検討していきましょう。

▼関連記事

まとめ

インフルエンサーマーケティングは、実はコストを抑えて効果的に実践できるPR方法です。

インフルエンサーのフォロワー数により、費用が変わるので、予算に合わせてインフルエンサーを選定することも可能です。

また、直接インフルエンサーに交渉するのに自信が無い、どうやって相談したらいいかわからない、という場合には代理店や事務所を活用して始めることもできます。

低価格から導入できるので、少しでも気になっている方は、一度やってみることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

おすすめの代理店

ディレクション型

株式会社ナハト

株式会社ナハト 詳しく見る 公式サイト

株式会社ハーマンドット

株式会社ハーマンドットの公式サイトの画像 詳しく見る 公式サイト

株式会社LEO

株式会社LEOの公式サイトの画像 詳しく見る 公式サイト

プラットフォーム型

リデル株式会社

リデル株式会社 詳しく見る 公式サイト

株式会社Lxgic

株式会社Lxgicの公式サイト画像 詳しく見る 公式サイト

株式会社トリドリ

株式会社トリドリの公式サイト画像 詳しく見る 公式サイト
【2022年度最新版】インフルエンサー代理店20選!

関連記事

カップルインフルエンサーとは?魅力や話題のカップルインフルエンサーも紹介

カップルインフルエンサー

今はインフルエンサーとして活躍する方が増えており、俳優やアーティスト等に広告依頼をするよりも手軽で、コスパが高いイメージがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、インフルエンサーマーケティングを行なうと、どの […]

インスタのエンゲージメント率の目安は【1.67%】各SNSの目安も紹介!

SNSで得られるエンゲージ

今はインフルエンサーとして活躍する方が増えており、俳優やアーティスト等に広告依頼をするよりも手軽で、コスパが高いイメージがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、インフルエンサーマーケティングを行なうと、どの […]

化粧品のPRにインフルエンサーマーケティング適している理由を分析

化粧品のPRをしているインフルエンサー

今はインフルエンサーとして活躍する方が増えており、俳優やアーティスト等に広告依頼をするよりも手軽で、コスパが高いイメージがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、インフルエンサーマーケティングを行なうと、どの […]

【美容系からビジネス系まで】ジャンル別おすすめインフルエンサーを紹介!

インフルエンサー

今はインフルエンサーとして活躍する方が増えており、俳優やアーティスト等に広告依頼をするよりも手軽で、コスパが高いイメージがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、インフルエンサーマーケティングを行なうと、どの […]