【2023年版】インフルエンサー代理店20選!
代理店の特徴と選び方

インフルエンサーマーケティングにキッズYouTuberを活用!

近年、キッズYouTuberと呼ばれるインフルエンサーが台頭し、大人顔負けで活躍しています。

視聴するのは、子どもを持つ親世代とキッズYouTuberと同世代の子どもたちです。

マーケティングにおいては、キッズYouTuberを起用するからこその効果、魅力があります。
実際にチャンネル登録者数が多く、人気YouTuberのコンテンツやタイアップ動画の特徴を理解し、マーケティングに活用させていきましょう。

目次

キッズYOUTUBERとは?


キッズYouTuberのチャンネルをご覧になったことのない方に、キッズYouTuberとはどんな存在なのか、どんな動画を配信しているのかをご説明します。

インフルエンサーとして活躍

近年では、子どもがなりたい職業ランキングの上位にYouTuberが上がるほどです。
しかも、大人になってからではなく、小・中学生やそれ以下の子どもの時からキッズYouTuberとして活躍する人も増えてきました。

大人のYouTuberとキッズYouTuberでは、特徴が異なります。
キッズYouTuberの視聴者は主に同世代の子どもたち

そのため、子どもにダイレクトに影響を与える存在になっており、「こんな子になりたい」「同じことをやってみたい」などの気持ちを抱かせる憧れの存在です。

さらに、子どもの家族も一緒に視聴します。

親子でキッズYouTuberのファンになるケースも多く、良質なコンテンツを提供しているキッズYouTuberなら、親も安心して動画を見せられます。

動画で紹介されたものや場所への消費行動に繋がります。

キッズYOUTUBERのコンテンツ内容

キッズYouTuberといっても、それぞれが得意とするジャンルやコンテンツ内容は異なります。
そんな中でも、子どもたちに人気のあるキッズYouTuberのコンテンツ例をいくつかご紹介します。

おもちゃで遊ぶ動画

おもちゃでただ自由に遊んでいる動画です。

大人の視点からだと、なぜそれが面白いのか、人気なのかと疑問に思うかもしれませんが、子どもたちは動画を見ながら遊びの疑似体験をしています。

自分が持っていないおもちゃを遊んでいる気分になったり、好きなおもちゃで一緒に遊んでいる気持ちになったりするのです。

キッズYouTuberの親がおもちゃの特徴や魅力を紹介している動画も人気です。

知育菓子作り

お菓子作りの動画もありますが、それよりも手軽に、楽しみながら作ることができるのが知育菓子。

色彩感覚や巧緻性、創造性などを育むことのできる知育菓子は一般的なスーパーやコンビニなどで購入できるものです。

こうした知育菓子作りの動画は、子どものチャレンジ動画の一種として人気があり、真似して自分も作ってみたいという気持ちにもなれます

家族でお出かけ

子どもに人気のアミューズメントパークや施設、工場見学、公園などに家族で出かける動画も人気があります。

親子一緒に自然体で楽しんでいる様子が、視聴者である子どもはもちろんその家族にも刺さります。

テレビで有名人が人気スポットを紹介する番組よりも、身近な存在であるキッズYouTuberが楽しんでいる様子のほうが、よりリアルにその場所の魅力を感じられるものです。

休日の過ごし方に悩んでいる親の参考にもなります。

電車・乗り物

電車や乗り物はいつの時代でも子どもに人気があります。

キッズYouTuberの場合はトミカやプラレールといった定番のおもちゃに関する動画から、実際の電車を見に行ったり、乗ったりして楽しむ動画など様々です。

踏切の前や駅などで、電車を直接見るのが好きな子どもも多いですが、なかなか出かけられない時にも、動画を見て、疑似体験できます。

キッズYOUTUBERをマーケティングに起用するメリット


子どもたちやその両親、祖父母にも視聴されているキッズチャンネルをマーケティングに活用しない手はありません。

キッズYouTuberをPRで活用するメリットについて具体的にご紹介します。
大人のYouTuber、インフルエンサーの起用とは異なる効果が得られるはずです。

子ども、ファミリーにアプローチできる

PR動画は、インフルエンサーとの相性が合わなかったり、紹介方法を間違ったりすると、「広告だからウソっぽい」「本当にいいものなのか疑問である」などと、逆効果になることもあります。

しかし、キッズYouTuberの場合は商品やサービスなどが提供されてもらったものだとしても、素直な反応を見せてくれます。

キッズYouTuberにとっては、PRであるかどうかは関係なく、楽しい、面白いという気持ちがあれば、自然と表現するものです。
そのため、よりPR色を抑えて、かつよりリアルに商品の良さを伝えられます

また、視聴者である子どもにとってもそれがPRであるかどうか、先入観なく動画を見ることになるので、普段見ているキッズYouTuberの動画と同様に見られます。

動画を通して、子どもやその親に商品やサービスの魅力を伝えられることが可能です。
子どものおもちゃ選びに悩んでいる親や祖父母の参考にもなるので、子どもだけでなく家族みんなに視聴されています。

再生回数が上がり、バズるきっかけになる

子どもは気に入った動画を繰り返し見る性質があり、大人であれば考えられないほど、繰り返し同じ動画を見ているのです。

そのため、1つの動画の再生数が多くなる傾向にあります。

再生回数の多い動画は自動的におすすめ動画になって、より拡散されやすくなるので、一般的なYouTuberの動画よりも、キッズYouTuberの動画のほうがバズりやすいです。

逆に、反対に再生回数が低い動画は、子どもにささらなかったということになります。

同じキッズYouTuberの投稿した動画でも、再生数から子どもに人気の動画を推測することができます。

子どもの食いつきの良いコンテンツとはどのようなものなのかを測る市場調査にもなります。

キッズYOUTUBERを起用する際の注意点


インフルエンサーとして効果的な活躍をしてくれるキッズYouTuberですが、人気であれば誰でもいいというわけではありません。

キッズYouTuberの魅力を最大限に発揮させ、視聴してくださる子どもやその家族に満足してもらえるためにはどうすればいいのでしょうか。

キッズYouTuber起用の注意点をまとめました。

コンプライアンスや安全性に気遣う

キッズYouTuberは未成年の子どもであり、視聴対象者も同様に未成年の子どもになります。

そのため、必要以上に内容や表現の仕方などに留意しなければなりません。
些細なことでも、批判、指摘されるような内容があれば企業としての信頼を失ってしまいます。

動画づくりをYouTuber任せにせず、条件や方向性などをしっかりと伝えることが大切です。
キッズYouTuberの独自性を保ちながらも、コンプライアンスや安全性の問題が生まれないように事前に対策をしてきましょう。

YouTuberの選定、起用の段階から十分に意識しておく必要があります。

チャンネル登録者数が多く、動画再生回数が多いからと安易に決めるのではなく、コメントや過去の投稿、視聴者の反応などもチェック

アンチが多い、炎上経験があるなど、問題の種になるようなものはないのかを、確認してから依頼をしましょう。

キッズYOTUBERの得意ジャンルを見極める

チャンネル登録者数や再生回数が多く、優良なコンテンツを発信しているキッズYouTuberを見つけたならすぐにでも仕事を依頼したくなるでしょう。

しかし、その他にも重要なポイントがあります。それは、商品やサービスとの繋がり、親和性があるYouTuberを選定するということです。

オリジナル投稿の内容をしっかり確認し、キッズYouTuberが得意なジャンル、好きなもの、性格などが、自社の商品やサービス、企業理念などに合っているのかを見極める必要があります。

キッズYouTuberと商品、サービスとの親和性がなければ、そのPR動画に視聴者は違和感を覚え、中には嫌悪感を抱いてしまう視聴者もいるかもしれません。

そうなった場合、多くの視聴回数も見込めずにマーケティングとして失敗してしまいます。

人気のキッズYOUTUBER10選!


同世代のお子さんやその家族に支持されており、チャンネル登録者数や再生回数の多いキッズYouTuberをご紹介します。

様々な動画を投稿している方もいれば、好きなことに特化した方もいますが、家族みんなで安心して見られるようなYouTuberばかりです。

それぞれのチャンネルの特徴をまとめたので、ぜひ動画をチェックしてみてください。

キッズライン♡KIDS LINE

チャンネル登録者数 1270万人(2023年1月現在)

こうくん、ねみちゃんとその家族がお出かけをしたり、おもちゃで遊んだりする動画が投稿されています。

アニメ、映画、ドラマなどが好きなファミリーなので、動画がストーリー仕立てとなっているのが特徴です。

更新頻度が高いため、日々チェックしているファンも多く、最近では国内だけでなく、海外の方にも見てもらえるような動画作りを意識しているトップYouTuberです。

KAN&AKI’S CHANNEL かんあきチャンネル

チャンネル登録者数 356万人(2023年1月現在)

かんなちゃん、あきらちゃん、あさひちゃん、ぎんたくんの子ども4人でおもちゃや知育菓子を紹介したり、お出かけしたりする動画を投稿しています。

子どもたちだけでなく、家族みんながYouTubeで活躍しています。

家族で遊ぶ動画、ゲーム実況、クッキング、踊ってみた、など非常に幅広いコンテンツを作成しています。

サブチャンネルとして、ファミリーチャンネルなどもあります。
1~3日に1回と、高い頻度で動画を投稿しているのもポイントです。

せんももあいしーCH SEN,MOMO,AI&SII

チャンネル登録者数  1130万人(2023年1月現在)

せんのすけ、ももこ、あいこ、しろうの4兄弟のチャンネルで、お出かけや成長の記録を投稿しています。

テロップや加工などの過度な編集はなく、ホームビデオのような動画であることが特徴。

兄弟で仲良くお菓子を作ったり、下の子のお世話をしたりしているのが微笑ましいです。
自然体の姿が見られて、親近感が湧くような動画になっています。

サメニンジャー

チャンネル登録者数 222万人(2023年1月現在)

オリジナルのキャラクターサメニンジャーを使ったアニメ動画を投稿していて、アニメだけでなく、それを使ったドキュメントのような動画も投稿しています。

主に海の生き物や昆虫などに触れ合うキッズの姿も見られるので、生き物好きな子どもにおすすめです。

教養番組のようにためになる情報も豊富で、楽しみながら学べる動画になっています。

HIMAWARIちゃんねる

チャンネル登録者数 307万人(2023年1月現在)

まーちゃん、おーちゃんの姉妹をメインに、そのお兄さん、お姉さん、両親などの家族が出演しているチャンネルです。

おもちゃ、知育菓子、お出かけ、季節のイベント、好きなキャラクターなど、バラエティ豊かな動画が配信されています。

まーちゃん、おーちゃんが姉妹ということもあり、視聴者も女の子が多いようです。

プリンセス姫スイートTV PRINCESS HIME SUITE TV

チャンネル登録者数 177万人(2023年1月現在)

ひめちゃんとおうくん、パパ、ママが登場する動画です。

寸劇、コメディ、ドッキリなどフィクションを加えた面白い動画を投稿しているのが特徴で、動画によって様々なテーマで演出されていて、とても手が込んでいます。

ゲームやお出かけなどの動画もあります。

はねまりチャンネル HANEMARI CHANNEL

チャンネル登録者数 506万人(2023年1月現在)

はねちゃん、まりちゃん、はねまりパパがファミリー向け動画を投稿しているチャンネルです。

ポップで可愛らしい寸劇動画が特徴で、著名人とのコラボ動画も多く配信しています。

オリジナルソングやアニメなどもあり、アイドル的存在の姉妹。
テレビや舞台、イベント出演も豊富で、YouTubeだけでなく様々な場で活躍しています。

KOTA MINO CHANNEL/こたみのチャンネル

チャンネル登録者数 426万人(2023年1月現在)

こたくんとみのちゃんが様々な体験をする動画を投稿していて、一緒にチャレンジしている気分になれます。

寸劇の動画も多いですが、知育に繋がる内容になっているものもあります。

2019年にスタートした比較的新しいチャンネルですが、多い時で月に1億回もの再生回数を誇り、これまでに214の国と地域の方から視聴されてきました。

海外を意識して、英語や韓国語での説明付きの動画もサブチャンネルで配信しています。

がっちゃんねる★THE GACCHANNEL

チャンネル登録者数 115万人(2023年1月現在)

男の子のキッズYouTuberがっちゃんが好きなものについての動画を投稿していて、プラレール、トミカ、電車、知育菓子などが中心です。

大好きな鉄道や乗り物に関する施設へお出かけする動画もあることから、男の子からの人気が高いキッズYouTuber。

YouTubeを始めたころよりも成長したがっくんがロードバイクで大好きな電車を見に行く動画もあり、人気キッズYouTuberの成長も見ている人の楽しみになっているようです。

KAEDE AND AHTAN/かえであーたんファミリーチャンネル

チャンネル登録者数 183万人(2023年1月現在)

かえでくんとあーたん、パパ、ママが田舎での生活のなかで様々なことに取り組む様子を投稿しているチャンネルです。

現在は小学生の兄妹ですが、4歳と5歳の時からYouTuberを始め、週に2回、定期的に動画を投稿しています。

凝った編集をした寸劇の面白い動画が多いですが、内容はルールやマナーを学べるものだったり、何かに挑戦するものだったりして、勉強になる動画となっています。

キッズYOUTUBERタイアップ事例


人気のあるキッズYouTuberは、大人のYouTuberと同様に企業や商品などとタイアップした動画を投稿しています。

有名で、影響力のあるYouTuberは多数の案件を受けています。

実際にどんなタイアップ動画が投稿されてきたのか、どんな反応、効果があったのかを具体的にご紹介しますので、マーケティングの参考にしてみてください。

キッズライン♡KIDS LINE × 日本赤十字社・いのちと献血 俳句コンテスト

171万回再生(2023年1月現在)

「日本赤十字社 第13回赤十字・いのちと献血俳句コンテスト」とのタイアップ動画です。
この俳句コンテストは小学校低学年〜大人まで応募部門が分かれており、幅広い方を対象としたものです。

しかし、小学生のお子さんは献血に馴染みがないことでしょう。
キッズYouTuberを起用することで、子どもたちにも日本赤十字社の活動や目的、献血への理解を深めることを目指しています。

動画を見たお子さんや家族に、献血やこのコンテストに対する関心や興味を持ってもらえます。

難しそうなテーマですが、キッズライン♡Kids Lineの特徴である楽しい寸劇を通して、赤十字の活動の普及につながりました。

KAN&AKI’S CHANNEL かんあきチャンネル × ブリヂストン × オリンピック × パラリンピック A GO GO !

908万回再生(2023年1月現在)

ブリヂストンが開催したイベント「ブリヂストン×オリンピック×パラリンピック a GO GO!」というイベントの公式体操の動画です。

このイベントはオリンピック、パラリンピックに関する運動や教室などを通して、地域社会に貢献することを目的としています。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて日本全国で開催されました。

ブリヂストンの公式YouTubeチャンネルでも「ブリヂストン GO GO 体操」の動画が配信され、かんあき(かんなちゃんとあきらちゃん)が歌手とダンサーとして出演しています。

体操、歌、ダンスは子どもたちが楽しんで視聴するコンテンツなので、キッズYouTuberとの親和性が高いです。

子どもを通して、幅広い世代に「GO GO 体操」やブリジストンの社会貢献活動を認知してもらうきっかけとなりました。

HIMAWARIちゃんねる × 株式会社タカラトミー とんで!オウリー

46万回再生(2023年1月現在)

おもちゃの会社として有名な株式会社タカラトミーの新商品「とんで!オウリー」をHIMAWARIちゃんねるのまーちゃん、おーちゃんが先行体験している動画です。

キッズYouTuberが好きなおもちゃや新しく購入したおもちゃで遊び、レビューするという動画は定番のコンテンツのため、違和感なく動画を見ることができます。

自然体で、おもちゃで遊んでいるまーちゃん、おーちゃんを通して、「とんで!オウリー」の魅力が伝わってきます。

YouTube動画でのタイアップはもちろんのこと、商品の公式ウェブサイトやテーマソングなどでもタイアップしています。

YouTuberを起用したPR動画としてはシンプルな方法ですが、キッズYouTuberなので、自然な反応が見せられ、PR感が強くないのもマーケティングとしては良い効果が得られるでしょう。

プリンセス姫スイートTV × ヤフー株式会社 全国統一防災模試

390万回再生(2023年1月現在)

「プリンセス姫スイートTV Princess Hime Suite TV 」がコラボしたのは「ヤフー株式会社」が提供し、期間限定で開催された「全国統一防災模試」です。

「Yahoo!JAPAN」アプリで気軽に受けることができ、もし地震などの災害が起きたら、どうすればいいのかを学ぶことができます。

動画では、そんなためになるテストに「ひめちゃん」「おうくん」「パパ」「ママ」がチャレンジ。

幅広い世代に防災の必要性を訴えられる動画となっている上、楽しみながら、防災知識を身につけられるので、社会貢献にも繋がっています。

スマートフォンで参加できるテストなので、YouTubeを見た視聴者がそのままアプリをダウンロードして、チャレンジすることが可能です。

YouTubeとの親和性が高く、マーケティングとして最適な方法といえます。

がっちゃんねる★ × ホットウィール ツイストクラッシュ/クリエイトクラッシュ・トラックビルダー スターターボックス

210万回再生(2023年1月現在)

車や電車などが大好きな「がっちゃん」がコラボしたのは、アメリカのマテル社が販売している人気ミニカーブランド「ホットウィール」の商品。

「ツイストクラッシュ・トラックビルダー クリエイトクラッシュ・トラックビルダースターターボックス」というミニカーとそのコースがセットになったおもちゃです。

「ホットウィール」は50年以上の歴史がある世界中の人に愛されている商品ですが、日本ではミニカーといえば「株式会社タカラトミー」の「トミカ」というイメージがあるかもしれません。

そこで、ミニカー好きに「ホットウィール」というブランドとその商品を紹介し、魅力を伝えるのに「がっちゃん」とコラボしました。

動画では、「ツイストクラッシュ・トラックビルダー クリエイトクラッシュ・トラックビルダースターターボックス」でミニカーをコースで走らせ、ダイナミックに遊んでおり、臨場感があります。

「がっちゃん」は普段から、様々な乗り物、鉄道系のおもちゃで遊んでいるキッズYouTuberなので、非常に親和性が高く、効果的なタイアップです。

キッズYouTuberが得意とするジャンルとマッチさせた成功例と言えるでしょう。

まとめ

キッズYouTuberには多くのファンがいます。
コラボすることで、子どもとそのファミリー、幅広い世代に訴求することが可能です。

キッズYouTuberだからこそ、同世代の子どもたちに商品やサービスの魅力を伝えることができます。

動画が気に入った子どもたちは何度も繰り返し視聴し、再生回数が伸びることで、さらに情報が拡散されるきっかけとなります。

子どもにアピールするのはもちろん、その親にも商品の魅力や安全性、必要性などをしっかりと伝えられるようにしなければなりません。

そのため、キッズYouTuberの選定や動画の内容をしっかりと検討した上で、マーケティングに活用させていきましょう。

コメントは受け付けていません。

おすすめの代理店

ディレクション型

株式会社ナハト

株式会社ナハト 詳しく見る 公式サイト

株式会社ハーマンドット

株式会社ハーマンドットの公式サイトの画像 詳しく見る 公式サイト

株式会社LEO

株式会社LEOの公式サイトの画像 詳しく見る 公式サイト

プラットフォーム型

リデル株式会社

リデル株式会社 詳しく見る 公式サイト

株式会社Lxgic

株式会社Lxgicの公式サイト画像 詳しく見る 公式サイト

株式会社トリドリ

株式会社トリドリの公式サイト画像 詳しく見る 公式サイト
【2022年度最新版】インフルエンサー代理店20選!

関連記事

カップルインフルエンサーとは?魅力や話題のカップルインフルエンサーも紹介

カップルインフルエンサー

近年、キッズYouTuberと呼ばれるインフルエンサーが台頭し、大人顔負けで活躍しています。 視聴するのは、子どもを持つ親世代とキッズYouTuberと同世代の子どもたちです。 マーケティングにおいては、キッズYouTu […]

インスタのエンゲージメント率の目安は【1.67%】各SNSの目安も紹介!

SNSで得られるエンゲージ

近年、キッズYouTuberと呼ばれるインフルエンサーが台頭し、大人顔負けで活躍しています。 視聴するのは、子どもを持つ親世代とキッズYouTuberと同世代の子どもたちです。 マーケティングにおいては、キッズYouTu […]

化粧品のPRにインフルエンサーマーケティング適している理由を分析

化粧品のPRをしているインフルエンサー

近年、キッズYouTuberと呼ばれるインフルエンサーが台頭し、大人顔負けで活躍しています。 視聴するのは、子どもを持つ親世代とキッズYouTuberと同世代の子どもたちです。 マーケティングにおいては、キッズYouTu […]

【美容系からビジネス系まで】ジャンル別おすすめインフルエンサーを紹介!

インフルエンサー

近年、キッズYouTuberと呼ばれるインフルエンサーが台頭し、大人顔負けで活躍しています。 視聴するのは、子どもを持つ親世代とキッズYouTuberと同世代の子どもたちです。 マーケティングにおいては、キッズYouTu […]