【2021年版】インフルエンサー代理店20選!
代理店の特徴と選び方

Twitterマーケティングに活用できる年齢層や時間帯別利用時間などを解説

リアルタイムで情報を発信することができるtwitterは、上手に活用すればマーケティングにおける強い武器になることが可能です。

マーケティングにtwitterを活用するためにtwitterを徹底的に分析し、どのようにすれば有効活用できるかについてまとめました。

twitterユーザーの分析や他のSNSを使ったマーケティングとの比較など、どのような業種やジャンル、年齢層にtwitterマーケティングが適しているのかなどSNSマーケティングを検討中の方は、参考にしてみてください。

twitterユーザーの年齢層

日本在住者の4割の人がtwitterのアカウントを取得しているというデータがあります。

中でも10代、20代の年齢層の利用率は高く、ユーザー全体の7割を超えるといわれています。

特にその世代は、TVや新聞よりもインターネット動画やネットニュースを閲覧している人が多いです。

情報は新しければ新しいほど価値がある時代、リアルタイムに情報を発信できるtwitterはあらゆる分野において、ビジネスの強みとなるのではないでしょうか。

SNSの利用率

出典:2021年8月総務省発表資料参照

twitterは若者が利用するコンテンツなの?

twitterユーザーに10代、20代が多いですが、30代以降の年齢層の人がtwitterをあまり利用しないかと言えば、そうではありません。

30代、40代のユーザーもかなりの数を占めています。

ちょうどこの年齢層が学生時代、インターネットが身近なものとなりました。

ですから、インターネットを使った情報収集に慣れている世代ともいえます。

140文字の制限があり、短い文字で情報を伝達できるtwitterは、見る側にとってもちょうどよい長さです。

特にtwitterの便利さを痛感したのは、東日本大震災のときではないでしょうか。

現地が混乱する中、電話回線がパンクし連絡がつかないとき、インターネットを使ったtwitterでの安否確認のつぶやきは、全国的に広がりを見せ、いち早く現地の状況を把握するのに役立ちました。

これを機にtwitterユーザーは、どの世代にも拘わらず増えていきました。

注目すべきF2層ユーザー

マーケティング業界において、ターゲット層の略称であるF層。

マーケティングにおいて、注目すべきなのは、女性の35〜49歳のことを指すF2だといわれています。

なぜならば、その年齢層は、買い物をする世代だからです。

買い物と言っても贅沢品ばかりではありません。

日常において必要な買い物もあります。

何を買うか、どのメーカーにするかを事前に調査し決めている人が多い世代ということです。

30代後半から、40代の女性は、情報収集するにあたりtwitterをはじめとするSNSで行うのに慣れています。

積極的に発信はしなくても、閲覧するためにアカウントを持っている人も多いです。

スマートフォンが普及してからは、短時間で情報収集ができるようになり、電車の待ち時間や移動時間にスマホをチェックする姿が多く見られるようになりました。

短い時間だからこそ、少ない文字数で、より新しい情報を手に入れることができるtwitterは重宝されています。

他のSNSとtwitterユーザー

家庭での娯楽がTVやラジオ中心だった時代と比べ、現在は、10代~30代の年齢層の人々がSNSに費やす時間が、圧倒的に多くなってきています。

その中でも、twitterユーザーの割合が多くなっている理由は何なのでしょうか。

SNS毎の年代別利用率

出典:2021年8月総務省発表資料参照

twitterがよい理由

主なSNSと言えば、FacebookやInstagram、line、twitterなどがあります。

この中で、twitterユーザーが多い理由は何なのでしょうか。

SNSユーザーは、1つのSNSしか利用しない人もいれば、いくつものSNSを利用する人もいます。

アカウントをどれか1つしか持てないということはありませんので、Facebookとtwitterを併用して使っているという人も多くいます。

それぞれ、文字、写真などインターネットを通じて発信していくツールですが、FacebookやInstagramに比べてtwitterユーザーが多いのは、理由があります。

その理由として挙げられる点は、

  • 匿名で登録できる
  • 気軽に投稿できる

などが考えられます。

ユーザーの中には、アカウントを持っていても情報を発信せずに、受信だけしたいという人が一定数います。

そういった人には、Facebookは、実名が公開されるので敬遠されがちです。

Instagramもユーザー数を増やしていますが、写真を必ず掲載しなければならないInstagramよりも、写真付きでも文字だけでもどっちでもよいtwitterの方が自由に投稿することができます。

忙しすぎて、他のSNS投稿は手が回らないけれど、twitterだけはたまに投稿、閲覧するという人は、twitterの手軽さを求めています。

SNS使い分け

それぞれのSNSは、その特徴をいかした使い方があります。

例えば、Facebookでは、コミュニケーションや交流に重きをおいて、簡単には会えない遠くに住んでいる友人や知人と近況などを報告しあるコミュニケーションツールとして、また人脈を広げるためのツールとして使われています。

Instagramは、共通する趣味や流行を発信、受信するためのツールとして、twitterは、今現在、何が起こっているのかを知るため、そして、まわりのみんなが何に興味があるのかを知るためのリアルタイムで起こっていることを知るツールとして使われています。

このように、それぞれのSNSの特徴を上手にいかした使い分けは、SNSマーケティングにおいて、重要な意味を持ってくるのです。

マーケティングツールとしてのTwitter

twitterマーケティング成功の秘訣は、ターゲット層に沿った情報発信です。

SNSを使い分けることでそれが可能になります。

10代から40代までの年齢層がターゲットならばtwitterを利用しない方法はありません。

twitterマーケティングが成功するためには、どのような点に注意すべきかを検証していきます。

ターゲット層別SNS広告

SNSではユーザーが無料で利用できる代わりに広告を表示します。

twitterのタイムライン上に、たまに表示される広告がそうです。

他のSNSでも同様に広告があります。

広告の内容が面白ければ、twitterの場合、リツイート機能や引用リツイート機能を使って、拡散されていく可能性があります。

twitterでは、広告配信前にキャンペーンの目標を決め、その達成に応じて課金されるシステムになっています。

時間帯で見る利用頻度

日本国内において、twitterを利用する人が多い時間帯は、20時から0時です。

平日の日中は学校や会社があるので、帰宅して、夕食を済ませたゆっくりできる時間帯にSNSを開くという人は多いです。

リアルタイムにツイートするとはいえ、投稿時にタイムラインの記事をじっくり見られないという人もいると思います。

ですので、この時間帯に投稿することで、より多くの人にツイート内容を見てもらえる可能性が上がります。

男女別で見る利用頻度

twitterユーザーは、男性と女性それほど違いはありません。

ただし、関心の高いジャンルは、男女によって違いがあります。

女性は、生活に関すること、例えばファッションやグルメ、ダイエットなど生活に密着した事柄に関するジャンルを主に閲覧しているのに対し、男性は、時事問題やニュース、資産運用などに関することに興味を示していることがわかります。

ユーザーがTwitterで見ている興味・関心ごと

参照元:Twitter Japan

国別で見る利用頻度

日本国内において、twitterはlineに次いで2位の利用者数があります。

その数およそ4500万人です。

一方世界のユーザーをみると、世界規模では、1位はFacebookで25億人弱、twitterはランク外です。

しかし、アメリカは、大統領選挙にも使われるなどtwitterユーザーは、多く世界第1位です。

日本は2位。

国別のTwitter利用率

出典:STATISTA

日本国内におけるマーケティングを考えるとtwitterは強力なツールであると言えます。

しかし、利用者が殺到する時間帯は、タイムラインの投稿数が多く、ツイートが目立たないこともあります。

朝起きて、twitterをチェックするのが習慣になっている人は多くいると思います。

ツイートのねらい目は、あまり投稿記事がなく朝チェックしたときに目に飛び込んでくる時間帯、深夜帯から早朝ではないでしょうか。

リツイートされやすい時間帯

出典:PRTIMES

twitterの魅力

Twitterの魅力

twitterの魅力は、リアルタイムに情報を発信、受信できることと、爆発的に情報拡散できる可能性があるということです。

この魅力がマーケティングの成功につながる鍵となります。

情報の速さがマーケティングの鍵

情報は古ければ意味がありません。

情報を紙媒体で発信する場合、取材して、校正して、編集して、発行してと、さまざまな工程に時間がかかり人の目に届く頃には、情報自体が変わっているということもありました。

インターネットが普及して、時間が短縮されましたが、実はここには大きな罠があります。

ネット上の情報は、投稿者が削除しない限り掲載されたままだということです。

閲覧者が情報を検索した際、上に出る情報は情報掲載が新しいものとは限らないのです。

より話題になった情報が上に出ることもあります。

twitterでは、タイムラインに沿って情報が掲載されるので、より新しい情報を1番に目にすることが可能です。

また、今、この時点で、人々が興味を持っている情報を手に入れることもできます。

マーケティングにおいて、このことは重要な意味を持ちます。

 twitterをマーケティングに使うメリット

twitterをマーケティングに使うメリットは、よりリアルな反応を得ることができるということです。

ユーザーからの反応や問い合わせに対して、スピーディーに対応することができ、企業にとって、信頼感につながります。

また、twitterには、アンケート機能があります。

このアンケート機能を使って、テスト段階でのモニタリングすることが可能です。

リアルな声を見ることができますし、その情報は、企業とユーザー間だけでなく、ユーザーのフォロワーも知ることができるのです。

フォロワーが、フォロワーのフォロワーに伝達することによって、情報が拡散されてゆくのです。

 デメリットとは

twitterを使ったマーケティングには、デメリットもあります。

twitterの特性上炎上するリスクが0ではないということです。

意図しないところで、炎上してしまうこともあります。

1度炎上すると悪意に晒されることもあります。

企業側にもマイナスイメージがつくこともあります。

1度マイナスイメージがついてしまうとそれを払拭するのは大変です。

twitterマーケティングには、事前調査と計画性が欠かせません。

twitterマーケティング成功の秘訣

Twitterマーケティングを成功させる秘訣

twitter社の調査では、ユーザーのツイートは、人々の衝動、主に購買行動に関するものが多いという結果が出ています。

人の欲求はツイートしやすいですし、購買行動の結果、購入したものを投稿することも多いです。

それに対してリアクションを求めたり、他人のツイートに対してアクションしたり。

その行動原理を利用すれば、twitterマーケティングが成功するのではないでしょうか。

インフルエンサーマーケティングの活用

行動原理を利用したツイートといっても、知名度もない誰かもよくわからない人がツイートしたところで、リアクションは期待できません。

フォロワー数が少なければなおさらです。

twitterマーケティング成功の秘訣には、インフルエンサーが必要です。

インフルエンサーを起用するためには、過去のツイートからインフルエンサーの得意ジャンルを把握し、企業の方向性や商品に適したインフルエンサーを起用する必要があります。

起用や交渉などを簡単にするためには、インフルエンサー代理店を利用するのもよいかもしれません。

インフルエンサー代理店を選ぶ際には、下記の記事でおすすめの代理店を比較していますので参考にしてみてください。

▼関連記事

モーメントカレンダーの活用

twitterを上手にマーケティング活用するためには、モーメントカレンダーを活用する方法があります。

モーメントカレンダーとは、年間のイベントや話題になりそうな事柄をカレンダーにまとめたものです。

例えば、お正月、バレンタイン、夏休み、花火大会、ハロウィン、クリスマスなど年間行事や2月22日の「猫の日」8月7日「バナナの日」など毎年話題になっているシャレのきいた日などです。

そこにマーケティングを絡めてツイートするのです。

モーメントカレンダーを利用して実際に大成功を収めた記念日はいくつもあります。

実際に成功したtwitterでのキャンペーン

生活用品などを主に生産しているライオン株式会社のtwitterは、商品ごとにアカウントを発行しており、商品に因んだ逸話や効果的な使用方法など毎日更新されています。

フォロワー数も8.7万人と多いです。

新商品などが当たるフォロワー限定のキャンペーンをtwitter内で行うなどtwitterを上手に活用したマーケティングを行っています。

他にも、スマートフォンアプリゲームのアカウントでは、キャラクターの人気投票を行ったり、ゲーム内のイベント告知を行ったりして、短期間で17.9万人のフォロワーを集めています。

フォロワーからのコメントを実際のゲームに反映させていることが人気の高い理由の1つでもあります。

まとめ

情報収集のためにtwitterを利用しているユーザー数は多いということが分かりました。

ターゲットを年齢層ごとに設定し、ターゲット層が興味をひきやすいtwitterアカウントを発行するとよいでしょう。

その際、企業や商品戦略に沿ったツイートを更新することが重要です。

そして、twitter上でコミュニケーションをとることが、twitterマーケティングを成功させる鍵ではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

関連記事

カップルインフルエンサーとは?魅力や話題のカップルインフルエンサーも紹介

カップルインフルエンサー

リアルタイムで情報を発信することができるtwitterは、上手に活用すればマーケティングにおける強い武器になることが可能です。 マーケティングにtwitterを活用するためにtwitterを徹底的に分析し、どのようにすれ […]

インフルエンサーのエンゲージメント率の平均はどれくらいなの?計算方法も紹介

SNSで得られるエンゲージ

リアルタイムで情報を発信することができるtwitterは、上手に活用すればマーケティングにおける強い武器になることが可能です。 マーケティングにtwitterを活用するためにtwitterを徹底的に分析し、どのようにすれ […]

化粧品のPRにインフルエンサーマーケティング適している理由を分析

化粧品のPRをしているインフルエンサー

リアルタイムで情報を発信することができるtwitterは、上手に活用すればマーケティングにおける強い武器になることが可能です。 マーケティングにtwitterを活用するためにtwitterを徹底的に分析し、どのようにすれ […]

インフルエンサーへ依頼をする方法とは?依頼文のひな形も紹介

撮影中のインフルエンサー

リアルタイムで情報を発信することができるtwitterは、上手に活用すればマーケティングにおける強い武器になることが可能です。 マーケティングにtwitterを活用するためにtwitterを徹底的に分析し、どのようにすれ […]

【ジャンル別】人気のインフルエンサーを一挙紹介!

インフルエンサー

リアルタイムで情報を発信することができるtwitterは、上手に活用すればマーケティングにおける強い武器になることが可能です。 マーケティングにtwitterを活用するためにtwitterを徹底的に分析し、どのようにすれ […]