【2022年版】インフルエンサー代理店20選!
代理店の特徴と選び方

X世代、Y世代、Z世代、ネット世代に有効なインフルエンサーマーケティング!世代別の特徴と活用方法を徹底調査

WEBマーケティングの中でも、低コストで費用対効果に優れたSNS広告・インフルエンサーマーケティングは業績アップに欠かせません。

インフルエンサーを支持するフォロワーは皆コンバーション率の高い見込み客であり、X世代・Y世代・Z世代に応じたターゲティングによって更なる業績アップが期待できます。

ここでは、各世代の特徴に応じたインフルエンサーマーケティング法と各世代に人気のインフルエンサーを紹介します。

インフルエンサーマーケティングには世代別にターゲッティングすることが重要!


インフルエンサーマーケティングとは、フォロワーをはじめとするネットユーザーの購買意欲を効果的に促すことのできるコミュニケーション型マーケティング手法です。

どの商品サービスも、購入・契約の見込みが高いSNSユーザーを絞り込んで広告発信します。
なので、他の広告方法では及ばない高い業績が期待でき、徹底したターゲッティングがなされれば、SNSで大きな影響力を発揮するインフルエンサーが巧みに消費者を魅了して、認知拡大や購買、ロイヤルカスタマー化が効率よく実践されます。

ただし、ネット情報に対する反応や対応は世代間で異なります。

特にネットとの付き合い方が異なる世代間で、インフルエンサー広告の受け止め方が変わってくる点に注意が必要です。

デジタル社会における世代別けがターゲティングの基本

Generation X (X世代) 1965~80年ごろの生まれ
Generation Y (Y世代) 1980~95年ごろの生まれ
Generation Z (Z世代) 1995年以降の生まれ

ネットの普及は1990年代になってからのこと、それ以前の世代(X世代)では個人的にパソコンすらなかった人が多いでしょう。

一方、ネットワークが世界的に拡大する2000年前後で幼少期・成長期を過ごした世代(Y世代)や、生まれた時にモバイル端末が手元にあった世代(Z世代)は、テレビや新聞・雑誌よりもネットから多くの情報を得ています。

つまり、世代によってデジタル社会との付き合い方が違うのです。

SNSとの付き合い方も利用方法も世代間で異なる特徴を見せています。その為、インフルエンサーマーケティングにおいても各世代に応じた方法を講じる必要があります。

ではX世代、Y世代、Z世代、それぞれの世代におけるSNSとの対応や、SNSの利用における特徴について確認しておきましょう。

X世代(デジタル入植者の世代)の特徴

インフルエンサーマーケティングを自社で行うメリット・デメリット
X世代は1965年~1980年に生まれた層を指し、日本では成長期にバブル崩壊や冷戦を経験してきた世代のことを指します。

日本でインターネットが普及し始めたのは、バブル崩壊後の1990年代になってからのことです。
それ以前の世代(X世代)の人たちにとって、成長期にパソコンを利用した経験を持つ人はあまり多くありません。

情報源はもっぱらテレビ、新聞、雑誌から得ていて、情報収集はアナログ的に行なっていました。
X世代のデジタル経験はポケベルや携帯電話の普及以降で、彼らが財力を持つようになる30代の頃となります。

なお、この世代の特徴としては、2022年時点の稼ぎ頭であり、最も購買力のある世代ということです。
マーケティングの実践においては、何かとターゲットにされる世代でもあります。

いわゆる第二次ベビーブーム以降の高度成長期に生まれた世代で、新しいものに好奇心を覚え、柔軟性と積極性をもって対応する特徴があります。

●マーケティングにおけるX世代の特徴
  • コスパや機能性、必要性を重視した消費が多く、比較的にショッピングは慎重派
  • 情報収集はWord検索型が多く、SNSコンテンツも自分のニーズを優先して選ぶ傾向が強い
  • 消費活動は個々のこだわりに準ずる傾向があり、ターゲティングしやすい

Y世代(デジタル開拓者の世代)の特徴


Y世代は1980年~1995年に生まれた層を指し、成長期にWindows95のローンチを経験していて、パソコンとインターネットを日常的に利用してきた世代です。
このころはOSの普及によって、社会全体がデジタル化を促進させてきた時代です。

ネット販売やネットオークションで消費が行われ始めたことで、マーケティングの手法が新たな局面へ乗り出しました。
社会人になるころにはSNSが普及し始めて、公私において情報交換・コミュニケーションがネット中心になった世代です。

一般的に、Y世代は消費行動に活気があります。
現時点で30代・40代のY世代は収入的にも安定していて、家族のニーズに応じて消費活動も盛んです。
そのため、多くの企業がY世代をターゲットとしたマーケティングに注力しているのが現状です。

特に、個々のニーズを的確にとらえることのできるインフルエンサーマーケティングが注目されています。

●マーケティングにおけるY世代の特徴
  • 自分で探し得た情報をシェアや拡散することに魅力を感じる傾向が強い
  • 成長期からネット環境が整っていて、自在にWEBツールを使いこなせる
  • SNSの利用で世界中の人とコミュニケーションがとれる(人の多様性を認める世代)

Z世代(デジタルネイティブの世代)の特徴


Z世代は1995年以降に生まれた層を指し、現在において20歳前後が多い年齢層です。

iPhoneが2008年に国内ローンチされたことで、この世代は10代でスマートフォンを利用するケースが多く、WEBサイトはもちろんSNSを日常の情報伝達ツールとして使いこなしています。
TwitterやInstagramを常用的に利用し、実際には会ったことのない人々と気軽にコミュニケーションがとれる特徴があります。

なお、マーケティング上で把握しておきたいのが、Z世代はSNS上でのバーチャル生活を好む点です。
人間関係が難しい現代では、個人のアイデンティティを守るために、友人・知人もSNS上で交友する頻度が上がっています。

また自分のニーズへ回答を与えてくれる存在として、SNS上のインフルエンサーに関心を抱く傾向もあります。
フォロワーにとってインフルエンサーは『テレビの人気タレント』以上の存在で、インフルエンサーから多大な影響を受ける傾向があります。

●マーケティングにおけるZ世代の特徴
  • 9割以上がモバイル端末を所有し、テレビなどの従来メディアへの依存度は低下傾向
  • Z世代の半分以上が「1日平均10時間」の利用状況とのデータがある
  • オンタイムで仲間と自由にコミュニケーションをとる
  • 個性を重んじ、既存の常識にとらわれない傾向がある

各世代が好むSNS

インフルエンサーマーケティングを実戦する上で把握しておくべきポイントは、どの世代がどのSNSプラットフォームを好んで利用しているかということです。

既に述べた通り、世代ごとにSNSとの付き合い方が異なっています。
LINEにしろ、インスタグラムにしろ、どのSNSプラットフォームにも影響力の高いインフルエンサーが数多く活動していますが、フォロワーやアクセスするユーザー層はそれぞれ違います。

設定したターゲット層に的確に広告配信するためには、どのSNS媒体を選ぶのかが成否のポイントとなるでしょう。
以下の記事を参考に、X世代・Y世代・Z世代のそれぞれが好むSNSプラットフォームを確認しておきましょう。

X世代はLINEとYouTubeのユーザーが多い

X世代は大まかに50代と60代の年齢層を指しますが、それぞれの年齢層が好むSNSは次の通りです。

●50代のSNSユーザーの内訳
LINE 85%
YouTube 81%
Twitter 30%
Instagram 30%
●60代のSNSユーザーの内訳
LINE 76%
YouTube 59%
Twitter 14%
Instagram 14%

50代の8割以上がLINEとYouTubeをメインに利用しているとのデータが出ています。

LINEは個々の交際・連絡メールの手段として、YouTubeは詳細な情報の収集源として利用する傾向が強いです。
60代は主にLINEでコミュニケーションを行い、情報はWEBサイトなどSNS以外から収集する傾向があります。

Y世代はインスタグラムもTwitterも自在に使いこなす

Y世代は30代と40代の年齢層からなりますが、学生時代から情報収集や通信手段はネット利用に依存しています。
個人差はあるものの、ほとんどの人がSNSを自在に使いこなして、生活上でモバイル端末が手放せない世代でもあります。

●30代のSNSユーザーの内訳
LINE 97%
YouTube 92%
Twitter 48%
Instagram 57%
●40代のSNSユーザーの内訳
LINE 97%
YouTube 94%
Twitter 38%
Instagram 39%

Y世代のLINE・YouTubeの利用率は非常に高く、ほぼ全員がLINEを電話代わりに、YouTubeはテレビ・雑誌以上の情報源として利用しています。

なお、この世代は手軽な情報発信ツールとしてInstagram・Twitter・TikTokも積極的に利用しています。

Z世代はオールラウンド、TwitterもTikTokもフル活用

Z世代は生まれた時からすでにSNSが普及していて、幼いころからスマートフォンをいじりながら育った人が非常に多いです。
しかも高速ネットワークにより、膨大なデーターを効率よく配信・収集する社会環境で、グローバル規模でSNSを利用する世代でもあります。

●10代のSNSユーザーの内訳
LINE 97%
YouTube 94%
Twitter 68%
Instagram 69%
●20代のSNSユーザーの内訳
LINE 98%
YouTube 97%
Twitter 68%
Instagram 80%

Z世代はInstagramやTwitter、TikTokといったショートメッセージ的なSNSプラットフォームを好んで使っています。
個人的な趣味趣向をコンパクトなコンテンツにまとめ、リアルタイムで自由に配信・受信して情報交換する傾向が強いです。

基本的にSNS全般を通して、Z世代全体がマスゲーム的に流行・トレンドの文化を構築していると言えます。
今後もネットの世界では中心的な存在となることが予想され、将来的にもインフルエンサーマーケティングの新たな試みがなされていく世代といえるでしょう。

各世代における有効なインフルエンサーマーケティング法とは?


各世代におけるSNSプラットフォームの利用状況を把握したところで、次に世代ごとに有効なインフルエンサーマーケティングの手法についても説明しておきましょう。

X世代は動画コンテンツでしっかり広告

X世代の特徴として、消費活動においては『物より人を尊重する』傾向があると言えます。

テレビCMなどで人気タレントがお勧めする商品・サービスを受け入れやすいのが、このX世代の特徴です。
つまり、自分にとって近しい人、自分が信頼を置いている人の紹介や推薦を受け入れやすい傾向が見られます。

そこで、X世代には『YouTuberタイアップ広告』をはじめとするYouTube広告が効果的です。
企業が配信する広告は『宣伝臭』が強いため敬遠されることがままありますが、自社商品・サービスと同カテゴリーの人気ユーチューバーがコンテンツで紹介するならば、狙ったターゲット層へのリーチ率が高まります。

YouTubeではコンテンツに差し込まれる広告がありますが、それよりもユーチューバーが実際に商品・サービスをレビューするコンテンツの方が、商品・サービスのもつ魅力や利用メリットがしっかりと伝わります。

『物より人を尊重する』X世代の方にとっては、インフルエンサーを通して商品・サービスの詳細を理解することで、自発的な選択をしたとの満足感から契約・購入行動への換気が促されやすいと言えるでしょう。

ちなみにX世代が好むLINEですが、公式LINEアプリとインフルエンサーとのタイアップが効果的です。

●50代女性ユーチューバー:かずぬさん

チャンネル名:かずぬずらいふ
フォロワー数(登録者数):1.16万人
ミニマリストのかずぬさんは、「モノをへらす」動画で多くのフォロワーを集めています。
日常を紹介するブログや動画を通じ、身軽な人生の送り方・暮らしのヒントを紹介するコンテンツを中心に投稿しています。

●60代男性ユーチューバー:RYUさん

チャンネル名:新貧乏ながら気楽な人生TV
フォロワー数(登録者数):8.87万人
シニア世代に向けたコンテンツとして、「60代以降脳を無理なく鍛える方法10選」「シニア仕事探しに役立つ儲けている業界やビジネス」といった動画を投稿しています。

Y世代はオリジナリティ尊重のインフルエンサーマーケティングがポイント

Y世代の特徴として、自分なりの価値観を大事にする傾向があります。

この世代はバブル崩壊後の不景気『失われた20年間』の真っただ中で育ち、就職氷河期や派遣切りなど、経済的に苦しい時代を若年時に経験しています。
ですから消費活動においては慎重派が多く、利用価値にこだわる傾向があります。

なお、提供される広告のオリジナリティを尊重し、ヤラセや既成的な概念を避ける傾向も見られます。
その点で、従来の広告(有名人を採用したものなど)をそのまま受け入れることは少ないかもしれません。

反対に自分が良いと思った物事や興味のある物事については、自発的にシェアや拡散で応対することも特徴的でしょう。
この世代の人は、新しい情報を我先に人に教えたいとの欲求があり、シェアや拡散で素早く情報発信することに大きな魅力を感じる傾向があります。

そこで、インフルエンサーマーケティングの実践ではSNSをフル活用して、オリジナリティあふれるコンテンツを発信することが肝心です。
簡単に拡散できるショートコンテンツ型のインスタグラムやTwitterやTikTokなどは、Y世代向けとして特に有効でしょう。

<h4>●30代に人気のインフルエンサー・久保雄司さん

Instagramアカウント:six_kuboyuji
フォロワー数:9.8万人
久保雄司さんは女性のメイク術で影響力が高く、実際に美容師・スタイリストとして活躍しています。
コスメやサロンとのタイアップコンテンツも多く、フォロワーの人たちからの良い相談役としても親しまれています。

●ママさんインフルエンサー・うえむらあやのさん

Instagramアカウント:uemura_a
フォロワー数:9.3万人
うえむらあやのさんは、出産や子育てに悩む30代前後の女性から絶大な人気を集めるママさんインスタグラマーです。
妊娠中のファッションやや産後のオシャレに関するコンテンツが多く、『ママの良きお手本』として高い支持を得ています。

Z世代は信憑性と現実的ストーリーの高いインフルエンサーマーケティングを

Z世代の特徴としては、オンタイムでコミュニケーションを取る傾向があります。

LINEをはじめとするメッセージアプリを絶えず利用して連絡を取り合う人が多いです。
最近は位置情報共有アプリで、互いの居場所や行動履歴を共有し合うことも頻繁になされています。

Z世代におけるWEBマーケティングでは、「8秒間のショート広告コンテンツ」が有効とされています。
それは、Z世代がSNSコンテンツを頻繁にザッピングする傾向があるからです。

Z世代の集中力が持続する時間はおよそ8秒間、この短時間で効果的な宣伝をするのがZ世代向けのマーケティングのポイントだとされています。
実際に、Z世代は Instagram や SnapchatやTikTok を多く利用する比率が高く、8秒弱で情報内容が把握できる広告コンテンツのコンバーション率が高いとのデータが出ています。

なお、Z世代の8割以上が広告をブロックするソフトウェアをインストールしていることから、飛び込み広告よりは自分からアクセスして情報収集をするタイプのインフルエンサー広告が効果的です。

●TikToker修一朗さん

@tuckinshuichiro 性別の変わる絵見つけた! #ハリウッド ♬ オリジナル楽曲 – 修一朗

TikTokアカウント:@tuckinshuichiro
フォロワー数:190万人
ひょうきんな語り口が人気の「一人暮らしの大学生TikToker修一朗さん」は、何気ない日常生活の動画を配信するインフルエンサーです。
TikTok教室ライブ配信「みんなの『それな!』」に出演中で、コロナ渦でモヤモヤを抱く10代を励ますなど、Z世代から高い信頼を得ているインフルエンサーです。

●マルチタレントとして活躍中のリコリコさん

Twitterアカウント:莉子(@riko_riko1204)
フォロワー数:31.7万人
莉子さんは『Popteen』の元専属モデルをはじめ、ファッション界やバラエティ番組で活動する高校生インフルエンサーです。
ファッション系の『しまむら』などファッションやコスメの企業広告を手掛けることが多く、彼女のもつ透明でピュアなビジュアルがZ世代から注目されています。

インフルエンサーマーケティングを成功させるにはインフルエンサー代理店の厳選もポイント

インフルエンサーマーケティングを成功させるためには、自社ブランドに適したインフルエンサーを選び出し、さらにインフルエンサーの魅力と相乗効果を有無コンテンツ造りがポイントです。

なお、どのSNSプラットフォームをどのように利用するかも工夫が必要なところでしょう。
これについてはインフルエンサーマーケティングの経験値が高い企業でも困難なポイントで、実績のあるインフルエンサー代理店の選び方が成否を左右すると言っても良いでしょう。

自社ブランド、提供商品・サービスを十分に理解し、コンバーション率の高い広告展開をしてくれる代理店を選ぶことがとても重要です。
そこで、インフルエンサー代理店の選定ポイントを知っておいてください。

  • 自社ブランドにあったインフルエンサー選任(過去の実績を確認)
  • 費用が適性か、明朗会計かどうか
  • 目標達成の基準(コンバーション設定)が明確か
  • サポート内容は適切か、具体的に設定されているか
  • 得意なSNSは何か(過去の実績を確認)

失敗しないインフルエンサーマーケティングのために、依頼するインフルエンサー代理店の選定にこだわりましょう。

まとめ

WEBマーケティングを成功させる重要ポイントとして、コンバーション設定に応じたターゲティングの徹底があります。
特に費用対効果の高いインフルエンサーマーケティングでは、世代ごとでマーケティング手法を工夫することが重要です。

X世代・Y世代・Z世代の特徴をしっかりと把握して、設定するコンバーションに適したインフルエンサー選定・コンテンツ作成を行うようにしていきましょう。

コメントは受け付けていません。

おすすめの代理店

ディレクション型

株式会社ナハト

株式会社ナハト 詳しく見る 公式サイト

株式会社ハーマンドット

株式会社ハーマンドットの公式サイトの画像 詳しく見る 公式サイト

株式会社LEO

株式会社LEOの公式サイトの画像 詳しく見る 公式サイト

プラットフォーム型

リデル株式会社

リデル株式会社 詳しく見る 公式サイト

株式会社Lxgic

株式会社Lxgicの公式サイト画像 詳しく見る 公式サイト

株式会社トリドリ

株式会社トリドリの公式サイト画像 詳しく見る 公式サイト
【2022年度最新版】インフルエンサー代理店20選!

関連記事

カップルインフルエンサーとは?魅力や話題のカップルインフルエンサーも紹介

カップルインフルエンサー

WEBマーケティングの中でも、低コストで費用対効果に優れたSNS広告・インフルエンサーマーケティングは業績アップに欠かせません。 インフルエンサーを支持するフォロワーは皆コンバーション率の高い見込み客であり、X世代・Y世 […]

インスタのエンゲージメント率の目安は【1.67%】各SNSの目安も紹介!

SNSで得られるエンゲージ

WEBマーケティングの中でも、低コストで費用対効果に優れたSNS広告・インフルエンサーマーケティングは業績アップに欠かせません。 インフルエンサーを支持するフォロワーは皆コンバーション率の高い見込み客であり、X世代・Y世 […]

化粧品のPRにインフルエンサーマーケティング適している理由を分析

化粧品のPRをしているインフルエンサー

WEBマーケティングの中でも、低コストで費用対効果に優れたSNS広告・インフルエンサーマーケティングは業績アップに欠かせません。 インフルエンサーを支持するフォロワーは皆コンバーション率の高い見込み客であり、X世代・Y世 […]

【美容系からビジネス系まで】ジャンル別おすすめインフルエンサーを紹介!

インフルエンサー

WEBマーケティングの中でも、低コストで費用対効果に優れたSNS広告・インフルエンサーマーケティングは業績アップに欠かせません。 インフルエンサーを支持するフォロワーは皆コンバーション率の高い見込み客であり、X世代・Y世 […]