【2022年版】インフルエンサー代理店20選!
代理店の特徴と選び方

インフルエンサー採用とは?メリットや選考の際のポイントなど解説

インフルエンサーの採用

インフルエンサーマーケティングの鍵となるインフルエンサー採用は、シンプルと思いきや実は奥が深いもの。

ビジネスへの高い効果を出すためには、インフルエンサー採用におけるメリット・デメリットはもちろん、採用時に注意したいポイントやインフルエンサーを最大限に活かすポイントをおさえておくと安心です。

インフルエンサーを的確に採用し活用していくためのいくつかのポイントをまとめて見ていきましょう。

インフルエンサー採用について

インフルエンサーの採用試験

インフルエンサーマーケティングにおいて重要な鍵となるインフルエンサー採用。

SNSなどのソーシャルメディアでのビジネスの可能性を広げるためにも、まずは、インフルエンサー採用の必要性や期待できるプラスアルファの価値について見ていきたいと思います。

なぜ今、インフルエンサー採用が必要なのか?

私たちのライフスタイルの一部となってきているSNSなどのソーシャルメディアでは、日々さまざまな情報が飛び交っています。

実際、SNSが主な情報源となっている世代やコミュニティも多く、SNSなどで大きな影響力を持つインフルエンサーをビジネスに取り込むことで、ブランディングの確立・ワンランク上のPR戦略・知名度の向上など、いろいろなプラス面を享受することができるようになってきています。

インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングは、社会的に影響力のあるインフルエンサーを起用して企業のビジネス活動に役立てるというマーケティング方法のひとつの形。

近年は、SNSを含むソーシャルメディアで発信される情報により影響力がついてきているため、インフルエンサーマーケティングを重視する企業が世界中で増えています。

▼関連記事

インフルエンサーに期待できること

インフルエンサーは、企業にとって即戦力となる人材。

すでにソーシャルメディア上である程度の影響力を持っている人材を獲得する場合は、広告塔となる人物を育成する時間や費用を省くことができます。

また、企業が直接的に消費者に商品やサービスを訴求する手法とは異なり、インフルエンサーを挟むことで、商品やサービスが消費者に受け入れやすい環境をつくっていくことが叶います。

結果的に、消費者のひとりひとりが自然な形で消費行動に踏み切る流れができること、さらに、隠れた消費者層のスムーズな開拓ができることなどが期待されています。

インフルエンサー採用のメリット・デメリット

インフルエンサー採用のメリットとデメリット

世界中の企業がスピード感を持って取り組んでいるインフルエンサー採用。

その具体的なメリット・デメリットとしてはどのようなものがあるのかを、くわしく見ていきましょう。

インフルエンサーを採用するメリット

インフルエンサーを採用し効果的に活用していくことでさまざまなメリットを得ることができますが、大きなメリットとなるのは、広報にかける費用が削減できることやマーケティングの効率が飛躍的に向上することです。

また、インフルエンサーの情報収集力・表現力・個性などがきっかけとなり、新しい商品やサービスの開発が活発化することもありますし、消費者がリアルタイムで求めているものが明確になる点やソーシャルメディアを活用するノウハウを学べる点もメリットと言えます。

言わば、インフルエンサーは、積極的な購買活動を生み出すエネルギー源。企業のブランディングや差別化においても大きなメリットがあると言えます。

インフルエンサーを採用するデメリット

一方で、インフルエンサー採用でデメリットとなってしまうのは、商品やサービスがターゲットとする消費者がインフルエンサーの支持層と噛み合わない場合や、PRが裏目に出て消費者の反感を勝ってしまう場合など。

また、時には、インフルエンサーの採用基準に達しているインフルエンサーや人気インフルエンサーを採用しても、思うようなマーケティング効果が得られないこともあります。

トラブルがあった場合などは、ソーシャルメディアを通して商品価値が下がってしまうことや企業にマイナスなイメージを植え付けられてしまう可能性もあります。

インフルエンサー採用の注意点

インフルエンサー採用における注意点

良くも悪くも影響力のあるインフルエンサー採用。

人材の発掘にあたっては、いくつかの注意点があります。

採用の前にしっかりと把握しておきたい点やインフルエンサーとコミュニティの関連性が重要視される理由などについて見ていきましょう。

インフルエンサー採用のポイント

インフルエンサー採用でポイントとなるのは、インフルエンサーの発信力や表現力と企業の商品やイメージのマッチング度。

SNS上のフォロワー数や視覚的に感じるセンスのよさもインフルエンサー採用においては大切なポイントですが、「マーケティングというフィールドで即戦力になるかどうか」、「目標に向かって一緒に歩んでいけるビジネスパートナーかどうか」という点を考慮しておくと失敗がありません。

インフルエンサーとコミュニティ

インフルエンサーは、フォロワーという種類のコミュニティに対して影響力のある人物です。

インフルエンサーからインフルエンサーを囲むコミュニティに商品の価値やイメージなどの情報が伝わり、そして、そのコミュニティからさらに多方面に情報が自然に広がっていくというのが、インフルエンサー採用を最大限に活かす理想の形です。

インフルエンサーの持つ影響力がビジネスに求められているのは、ライフスタイルや価値観が多様化している現在だからこそ。

インフルエンサーマーケティングとコミュニティマーケティングの2つをバランスよく取り組むことで、より大きな効果を出すことができるはずです。

インフルエンサーの本当の価値

インフルエンサーの価値を測る時は、どうしてもフォロワーの絶対数に重点を置いてしまいがちですよね。

しかし、インフルエンサーの本当の価値は数字だけでは測ることが難しく、戦略や環境次第で十分に変わっていく余地があるものと言えます。

そのため、インフルエンサー採用にあたっては、すでに人気のあるインフルエンサーを採用することに躍起にならずに、時には、企業と一緒に歩み始めることのできるインフルエンサーに視野を広げてみるのもひとつの方法。

また、現代の消費者は情報に飽きやすいと言われていますので、常に、戦略の見極めや改善などを含め、市場を冷静に判断し工夫を重ねることにも重点を置いていきましょう。

インフルエンサーを選考する際のポイント

インフルエンサー採用の採用ポイント

ソーシャルメディア上で影響力のある人材を求めるインフルエンサー選考では、数字によるデータに頼りがちです。

しっかりと見極めたい選考のポイントを知ることで、「今後の未来につながっていく」インフルエンサーの獲得と運用を目指しましょう。

インフルエンサーは適材適所を意識

インフルエンサーの選考と採用は、もっとも慎重に踏み出したい第一歩。

インフルエンサーの価値につながる「フォロワー数」や「いいね」の数は、適切なインフルエンサーを選ぶ基準のひとつとなります。

しかし、インフルエンサーは、どんな職業よりもポジティブなイメージと人材の適材適所が求められるポジション。

インフルエンサーが持つ魅力や影響力に頼るのではなく、企業・戦略・商品などにマッチする人材を選ぶことを重視しましょう。

インフルエンサー選考の前には、インフルエンサーに求めるタスクだけではなく、得意な分野や情報発信の仕方、コミュニケーション能力などをしっかりとまとめておくと安心です。

プラットフォームの見極め

インフルエンサーの活躍の場となるSNSなどのソーシャルメディアは、プラットフォームごとにそれぞれの特徴があります。

企業や商品のイメージに合った投稿方法、インフルエンサーの影響力が及ぶコミュニティとコミュニティの規模、ターゲットとなる年齢層などと相性のよいプラットフォームを選別することが大切です。

いくら発信力の強いインフルエンサーを採用できても、プラットフォームや運用の手法が食い違っていると効果が薄れてしまうことも。

インフルエンサーの選考と同じく、プラットフォームの見極めが大切になることを意識しておきましょう。

▼関連記事

採用条件や候補者の見極め

価値観が多様化している現在だからこそ、インフルエンサーの採用条件は、性別・年齢・経歴などを不問にして広く門を開けておくのが理想的と言えます。

しかし、現実問題として、インフルエンサーは、多くの消費者の共感を得ることがメインタスクのひとつ。

そのため、インフルエンサー採用にあたっては、ソーシャルメディア上だけでは見えにくい一般常識や倫理観などのレベルも、しっかりと見定めておきたいポイントとなります。

同時に、採用後のトラブル回避のためにも、採用条件や採用後の運用方法などについて、選考の前に具体的に練っておくことが大切になります。

また、選考段階は、今の時点ではインフルエンサーとしての影響力はそこまでないけれど、長い目で可能性が感じられる候補者、企業イメージ・商品イメージとぴったり合う候補者を把握しておくよい機会です。

▼関連記事

インフルエンサー採用を最大限に活かすためには

インフルエンサー採用を最大限活かす方法

せっかくインフルエンサーを採用するのなら、やはりその存在を最大限に活かすべきですよね。

まずは、成功に結びつく効果的な活用方法をおさえておきましょう。

視覚的なアプローチだけに囚われすぎない

インフルエンサーの効果的な運用には、静止画や動画などの視覚情報が必要不可欠。

写真などの視覚情報に、そのインフルエンサーならではのセンスのよさなどが感じられることももちろん重要ですが、「やりすぎ感」や「がんばってる感」が感じられる視覚情報は、消費者の意識下にネガティブなイメージを植え付けてしまうことも。

視覚情報に加え、ターゲット層の心を掴むことのできる適切な言語表現、共感を生む記号や絵文字の使い方、コメントや質問への返信マナーなどについても、インフルエンサー運用の上では、きちんと配慮をしていきましょう。

現在だけではなく未来のビジョンまで視野に

「商品やサービスのイメージ向上につながる」と目先の利益を意識してしまうインフルエンサー採用。

確かに、インフルエンサーを効果的に起用していくことで、企業側にはさまざまな短期の利益が生まれますが、中期〜長期的なビジョンを持ってインフルエンサー運用に取り組むことが大切です。

とくに、インフルエンサーマーケティングのためにインフルエンサーを採用する場合は、消費者の間でマイナスイメージの強いステルスマーケティングとの混同を避けるように、はっきりとインフルエンサー採用をアピールするのも大切なポイント。

企業イメージを損ねてしまうリスクを払拭するためにも、インフルエンサーと二人三脚になって活動をしていくことを意識しましょう。

また、ソーシャルメディアの重要性が高いインフルエンサー運用では、世間の雰囲気や動向を敏感に感じ取りつつ、スピード感のある運用をしていくことがビジネス成功につながります。

まとめ

ここ数年、インフルエンサー採用枠を設け始めた企業も増えています。

インフルエンサー採用は、ビジネスと人材が一緒に成長していくためのひとつのチャンスでもあります。

企業側がインフルエンサーは使い捨てではなく、大切なビジネスパートナーとして捉えることでいろいろな方向に可能性が広がっていきますので、ぜひ、インフルエンサー採用を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

おすすめの代理店

ディレクション型

株式会社ナハト

株式会社ナハト 詳しく見る 公式サイト

株式会社ハーマンドット

株式会社ハーマンドットの公式サイトの画像 詳しく見る 公式サイト

株式会社LEO

株式会社LEOの公式サイトの画像 詳しく見る 公式サイト

プラットフォーム型

リデル株式会社

リデル株式会社 詳しく見る 公式サイト

株式会社Lxgic

株式会社Lxgicの公式サイト画像 詳しく見る 公式サイト

株式会社トリドリ

株式会社トリドリの公式サイト画像 詳しく見る 公式サイト
【2022年度最新版】インフルエンサー代理店20選!

関連記事

カップルインフルエンサーとは?魅力や話題のカップルインフルエンサーも紹介

カップルインフルエンサー

インフルエンサーマーケティングの鍵となるインフルエンサー採用は、シンプルと思いきや実は奥が深いもの。 ビジネスへの高い効果を出すためには、インフルエンサー採用におけるメリット・デメリットはもちろん、採用時に注意したいポイ […]

インスタのエンゲージメント率の目安は【1.67%】各SNSの目安も紹介!

SNSで得られるエンゲージ

インフルエンサーマーケティングの鍵となるインフルエンサー採用は、シンプルと思いきや実は奥が深いもの。 ビジネスへの高い効果を出すためには、インフルエンサー採用におけるメリット・デメリットはもちろん、採用時に注意したいポイ […]

化粧品のPRにインフルエンサーマーケティング適している理由を分析

化粧品のPRをしているインフルエンサー

インフルエンサーマーケティングの鍵となるインフルエンサー採用は、シンプルと思いきや実は奥が深いもの。 ビジネスへの高い効果を出すためには、インフルエンサー採用におけるメリット・デメリットはもちろん、採用時に注意したいポイ […]

【美容系からビジネス系まで】ジャンル別おすすめインフルエンサーを紹介!

インフルエンサー

インフルエンサーマーケティングの鍵となるインフルエンサー採用は、シンプルと思いきや実は奥が深いもの。 ビジネスへの高い効果を出すためには、インフルエンサー採用におけるメリット・デメリットはもちろん、採用時に注意したいポイ […]