【2022年版】インフルエンサー代理店20選!
代理店の特徴と選び方

インフルエンサーマーケティングとは?気になる成功の秘訣を紹介!

インフルエンサーマーケティングの成功の秘訣

様々なSNSが日常的に利用されている中で、企業がサービスや商品を消費者にアピールするための効果的な手段とされているのがインフルエンサーマーケティングです。

他のマーケティング方法との違いはどのようなところにあり、どう利用すればより高い効果を得られるのでしょうか?

利用方法や特徴、詳しい事例など実際にインフルエンサーマーケティングを利用する際に役立つ情報をまとめていますのでぜひ参考にしてみてください。

インフルエンサーマーケティングとは?

マーケティング

インフルエンサーマーケティングとは、SNSなどのメディアを活用し、大きな影響力をもつインフルエンサーに商品などをPRしてもらい、商品の購買や認知を促すマーケティング手法です。

インフルエンサーの多くは、フォロワーとの距離が近く、商品のPRも口コミに近い様な形(消費者目線)で行われる事が多いため、フォロワーなどの消費者が宣伝と分かっていても嫌悪感を抱かれにくい特徴があります。

また、今までの、テレビなどのメディアを活用したPRでは大多数の消費者に商品をPRすることは可能でしたが、ターゲットの特定が難しく、思う様な効果が出ないケースも少なくありませんでした。

ですが、インフルエンサーマーケティングでは、商品のジャンルや特性とインフルエンサーのフォロワー属性がマッチしていれば、費用対効果の高い宣伝効果を得ることが可能です。

例えば、化粧品をPRしたい場合、美容系のインフルエンサーにPRしてもらうことが出来れば、美容に興味のある大勢のフォロワーにダイレクトに商品をPRすることができます。

この様に、しっかりとインフルエンサーの属性やフォロワーの属性を理解する事で、絶大な効果を発揮することができるマーケティングがインフルエンサーマーケティングなのです。

インフルエンサーマーケティングのメリットとデメリット

インフルエンサーマーケティングのメリットとデメリット

インフルエンサーマーケティングを利用し成果をきちんと得るためには、まずそもそもどのようなものであるのかをきちんと理解しておく必要があります。

特徴を理解するためにもはじめにインフルエンサーマーケティングをすることによるメリットとデメリットについて、まとめていきます。

インフルエンサーマーケティングのメリット

まずはメリットとなるポイントからご紹介していきます。

ターゲティングがしやすい

インフルエンサーにはそれぞれ彼らの投稿や活動に共感し、興味を持っているフォロワーつまりファンが存在しています。

そのためアピールしたい商品やサービスに関連性のあるインフルエンサーをマーケティングに活用する事によって、もともとそれらに関心のあるターゲット層に簡単にアプローチをかけることが出来るのです。

費用対効果が高い

上でもご説明した通り、インフルエンサーマーケティングでは潜在的に顧客になりやすいターゲットを絞って、アプローチをかけていくことが簡単にしやすいです。

そのため求める効果を得やすいマーケティング方法と言えます。

その一方でインフルエンサーマーケティングでは、1フォロワーあたりの単価が非常に安く設定されています。

これまで主流であったテレビや新聞、雑誌などの広告にかかる費用と比較すると非常に安価で利用することが出来るのです。

費用は安く済むにも関わらず、的確にターゲットにアプローチをかけて効果を得ることが出来るという点で非常に費用対効果の高いマーケティング方法といえるでしょう。

広告への拒否感を感じられにくい

あからさまな広告というのは、近年嫌悪感を感じやすい傾向があり、受け入れられにくくなっています。

しかしインフルエンサーマーケティングを利用することによって、それが広告であるということをフォロワーに意識させることなく、自然に訴求していくことが出来ます。

効果の分析がしやすい

マーケティングにおいて大切なことは、実施した後に効果をきちんと分析するということです。

それによって次回のプロモーションやマーケティングの際に活用して、より高い成果を上げることが出来ます。

インフルエンサーマーケティングではどのようにプロモーションが視聴され、拡散され、商品へのアクセスがあり、どのような結果になったかということが数値として把握しやすいです。

データをきちんと収集し、効果の分析をしっかりと行うことが出来ます。

インフルエンサーマーケティングのデメリット

沢山のメリットがある一方で、デメリットとなってしまう点もきちんと知っておきましょう。

炎上してしまうリスクがある

インフルエンサーマーケティングではSNSを利用して行いますので、インターネットを利用する上でのリスクと同様のリスクが懸念されます。

その1つが、炎上つまり何かのきっかけで非難や批判が集中して収集がつかなくなってしまうことです。

SNSでの情報の拡散スピードは凄まじく早いので、思いもよらないところから火種がついて手が付けられなくなってしまうこともあります。

1度炎上してしまうと、依頼した側はもちろんですがインフルエンサー自身にも被害が及んでしまうので注意が必要です。

イメージダウンしてしまうことがある

上記の炎上におけるイメージダウンの危険性ももちろんありますが、インフルエンサーマーケティングで気を付けなければならないのはステルスマーケティングであるとユーザーに認識されてしまうことです。

ステルスマーケティングとはそれがプロモーションであるということを明示することなくPRを行うことです。

これがユーザーにばれてしまうことによって、強い嫌悪感を与えてしまうことになります。

ステルスマーケティングを行っている企業であるという認識をされてしまうことによって、大きなイメージダウンにつながってしまうリスクがあります。

依頼するインフルエンサーによって成果が大きく左右される

インフルエンサーと一口にいっても、非常に多くの方がいらっしゃいます。

それぞれフォロワーの数も違いますし、ファン層も違います。

また得意とする投稿も違いますし、どれだけ案件に対して真剣に取り組んでもらうことが出来るかということも違っています。

そのためどのインフルエンサーに依頼するかによって、得ることが出来る効果も大きく変わってきてしまいます。

依頼する前にはプロモーションにマッチしているインフルエンサーであり、きちんと取り組んでくれるかどうかということをきちんと見極める必要があります。

高い成果を上げるために必要なこと

インフルエンサーマーケティングで得られる成果

ではインフルエンサーマーケティングを行うにあたって、より高い成果を上げるためにはどのようなことが必要になってくるのでしょうか?

行うべきこと、確認するべきことについてご説明いたします。

プランニングをしっかりと行う

まず重要となるのが、プランニングをしっかりと行うことです。

ただやみくもにマーケティングを開始しても、結果はついてきません。

プランニングをしっかりと行うことによってより具体的にそしてスムーズに進めていくことが出来るようになりますし、それが高い成果にも結び付くことになります。

目的を明確にする

中でもとても大切なのが、そのマーケティングを行う目的をはっきりとさせるということです。

なぜそもそもインフルエンサーを活用したマーケティングを行うのか、どのような結果を求めているのかをはっきりさせておかないとプロジェクトを進めていくにあたっての軸がぶれたまま行われてしまうことになります。

また目的が明確になっていると依頼するインフルエンサーを選択しやすくなって効果を得やすくなりますし、施策を行った後の効果分析もきちんと出来て今後どのようにしていけば良いのかということも見えてきやすくなります。

評価指標を設定する

マーケティングにおいて重要なのは、プロモーションを行うということだけではなくそれが実際にどのような効果をうみ、どのような結果になったかということをきちんと分析することです。

設定した目的をきちんと達成することが出来たのかをKPIと呼ばれる重要業績評価指標を利用して、分析していく必要があります。

そのため事前にこのKPIを目標に合わせて設定しておくようにしましょう。

きちんと設定しておくことによって分析をよりしっかりと行うことが出来るようになり、状況確認や軌道修正、次回のプロモーション時への活用が出来るようになります。

リスク回避の施策をとる

インフルエンサーマーケティングで思っていたような効果を得ていくためには、事前に考えることが出来るリスクに対してしっかりとマネジメントを行うということもとても重要になります。

ステマを防止する

上でもご紹介したとおり、インフルエンサーマーケティングにおいてそのプロモーションがステルスマーケティングであると認識されてしまうということは、非常に大きなリスクとなります。

そのような認識を持たれてしまうとプロモーションは全く意味を持たなくなってしまいます。企業や商品、サービスのイメージを悪化させてしまうこともありますし、インフルエンサー自体に大きな被害が及んでしまう事もあります。

広告やプロモーションであるということを明確化することによってこのリスクは回避することが出来ますので、インフルエンサーに依頼をする際には必ず#広告や#PRといったハッシュタグをつけてもらうなど分かりやすく明示しておくことが大切です。

▼関連記事

炎上する要素を無くす

インフルエンサーマーケティングではステルスマーケティングという認識をされることによって炎上してしまうことが最も多いですが、その他にも考えてもいなかったようなことが要素となって炎上して手が付けられなくなってしまうこともよくあります。

その要因となっているのがユーザーに対する偽装や、他社商品やサービスを批判するような内容が投稿されることにあります。

消費者から発信された情報を改ざんしたり、視聴回数やアクセス回数を人為的に操作したり、口コミサイトなどで嘘の評価を作り上げたりするということはユーザーに対する悪質な偽装でありユーザーから強い嫌悪感を抱かれてしまうことになります。

また自社をアピールするために他社のサービスや商品を批判し評価を下げるような投稿を行うことも同様です。

こういったことは炎上の火種となる可能性が非常に高くなりますので、絶対に行うことが無いようにしましょう。

インフルエンサーに裁量権を持たせる

プロモーション効果を最大化するために重要なもう1つのポイントは、ある程度インフルエンサー自身に裁量権を持たせて取り組んでもらうということです。

インフルエンサーの特性を活かす

インフルエンサーにはそれぞれ得意とする投稿というものがあります。

プロモーション効果をしっかりと出したいからといってこちら側の要望ばかりを押し付けてルールを沢山設定するなどぎちぎちに縛り付けてしまうと、インフルエンサーは自分らしい投稿というものが全くできなくなってしまいます。

インフルエンサーを支持しているフォロワーというのは、どのインフルエンサーの投稿内容や人柄、生き方などに共感をしているファンです。

そのためいくらその人がおすすめしていたとしても、普段の投稿と様子が違いその人らしさが全くない投稿になってしまっていると興味を持たなくなってしまいます。

プロモーションの大枠や絶対に守って欲しいことなどはきちんと伝えるべきであり、それを行わないと効果をきちんと得ることが出来なくなってしまったりトラブルになってしまったりすることもあります。

ですが、ある程度はインフルエンサー自身に自由に行ってもらう有余を持たせて、その人らしさのある魅力的な投稿をしてもらうようにします。

インフルエンサーと良い関係を築く

良い成果を生むためには、依頼したインフルエンサーと良い関係を築いていくということもとても大切なことです。

1つのプロモーションを成功させるための1つのチームとなり同じ目標を持って進んでいくことによって、より良い結果に繋がっていきます。

依頼したらしっぱなしにしておくのではなくこまめに連絡を取ることや、相談に乗ること、サポートをしっかりしていくことなどをして、より良い関係を築いていくように努力していきましょう。

インフルエンサーマーケティングに適したSNSとその特徴

インフルエンサーマーケティングに適したSNS

インフルエンサーマーケティングを行うにあたっては、必ずSNSを利用していくことになります。

現在日本にはいくつものSNSが存在しており、そのそれぞれに特徴があります。

どのSNSを利用するかによってプロモーション効果も大きく変わってきますので、事前にどのような特徴や違いがあるのかについて理解しておきましょう。

twitter

Twitterは文章をメインで投稿するSNSであり、1投稿の文字数が140字までと比較的少ないことから、より気軽にそしてスピーディーに投稿することが出来ることが大きな魅力となっています。

ユーザーは若年層が多く、20代から40代がメインです。

Twitterの大きな特徴はつぶやいたことがフォロワーに届くとリツイートという形で拡散する機能があること、そしてその拡散スピードが非常に早いということにあります。

これによって1つの情報がより早くより多くの人に伝わることになります。

この特徴というのはインフルエンサーマーケティングにおいても非常に効果的であり、情報が瞬間的そして爆発的に広い範囲に拡散されて高い成果を上げることが出来ます。

▼関連記事

Instagram

Instagramは画像や動画の投稿とその閲覧をすることに特化しているSNSで、写真や動画がいかに見栄えするか人の目を引くかということが非常に重要となってきます。

特徴としては、あまり拡散力は高くないというところにあります。投稿をシェアする機能はなく基本的にはフォロワーのタイムラインのみに投稿が表示されます。

ただしインスタグラマーとフォロワーの結びつきはより強いものとなっていますので、よりコアな層にターゲットを絞って訴求したいという場合には非常に有効です。

またハッシュタグで投稿を検索する人も非常に多いので、ハッシュタグを上手く使用することによってインフルエンサーマーケティングにおいて不特定多数のユーザーにプロモーションをかけることも可能です。

▼関連記事

Youtube

Youtubeは世界最大の動画投稿サイトであり、年齢や性別を問わず幅広い層が利用しているものです。

他のSNSと比較すると長い動画を投稿することが出来ますので、プロモーションしたい内容をしっかりと伝えることが出来るという魅力があります。

企業とタイアップした投稿も非常に多くされていますので、ユーザーも慣れていて嫌悪感を抱かれる可能性も低いです。

自由度が非常に高いので、実際に商品やサービスを利用している様子を動画の中で実際に見せていくことが出来ますので訴求効果が非常に高いというのも大きな魅力です。

▼関連記事

依頼するインフルエンサーの選び方

インフルエンサーの選び方

インフルエンサーマーケティングを成功させるためには、どんなインフルエンサーに依頼するかということが非常に重要なポイントになってきます。

こちらではどのようにインフルエンサーを選んでいけば良いのかについてまとめています。

インフルエンサーとは

ではそもそもインフルエンサーとはどのような人のことなのでしょうか?

言葉の意味としては、周囲に対して影響力のある人を指しています。

近年SNSでの情報発信が非常に盛んになってきている中では、そういったSNSにおいての発言や投稿が消費者の購買意欲や行動に大きな影響を与える人のことを指すようになりました。

インフルエンサーの種類

インフルエンサーと一口に言ってもその中には様々な種類があり、もちろん著名人もいますし一般人の方もいます。

インフルエンサーはフォロワーの数で4つの区分をすることが出来ます。

まずはフォロワー数が主に100万人以上の方で、SNS上で非常に大きな影響力を持っているインフルエンサーです。

これらの方は主にメディアにも出ている有名人や著名人です。

次がフォロワー数10万人から100万人の、トップインフルエンサーです。

全ての人ではありませんが中にはテレビや書籍などSNSだけではなく、メディアに出ている人も多くいます。

そしてフォロワー数が1万人から10万人の方をマイクロインフルエンサーと呼びます。

これらの方々は特定の分野に特化して投稿を行っていることが多く、フォロワーとの結びつきも強いため投稿に対しての反応も得やすいです。

最後にフォロワー数が1000人から1万人の、ナノインフルエンサーです。

ナノインフルエンサーはフォロワーが少ない分より特化した内容の層からの支持が厚く、フォロワーとの関係性も深いです。

ニッチな分野でターゲットを絞ってアプローチをかけていきやすいです。

▼関連記事

選ぶ際のチェックポイント

では実際に依頼するインフルエンサーを選ぶ際には、どのようなポイントをチェックしていけば良いのでしょうか?

重要な点についてご紹介していきます。

拡散力をチェックする

まず重要となってくるのがそのインフルエンサーにはどれくらいの情報拡散力があるのか、ということです。

上でもご紹介したようにインフルエンサーにはフォロワーの数によって、いくつかの種類があります。

もちろんフォロワーの数だけで拡散力を計ることはできず、フォロワーの質も非常に重要ですが1つの指標とはなりますので参考にすると良いです。

プロモーション内容や目的によって、どのような層にどういったアプローチをかけていきたいかというのは大きく変わってきます。

その目的を実現するために必要となる拡散力をしっかり持っているインフルエンサーを選ぶということがとても大切です。

商品やブランドとマッチしているか

そしてそのインフルエンサーは実際にプロモーションをかけていきたい商品やサービス、ブランドとしっかりマッチしているかを確認するということです。

インフルエンサーにはそれぞれ得意な分野や特徴がありますし、支持しているフォロワーの性別や年齢なども様々です。

プロモーション内容とそれらがしっかりとマッチしていないと、いくら一生懸命アピールをしても効果を得ることは当然出来ません。

そのためターゲット層をしっかりと明確にした上で、プロモーション対象との相性をきちんと考えてインフルエンサーを選定していく必要があります。

インフルエンサーを選定するためには、代理店に依頼をする方法もおすすめです。

下記の記事ではおすすめのインフルエンサー代理店を紹介しておりますので、気になる方は是非ご覧ください。

効果のあった実例

インフルエンサーの成功事例

実際にインフルエンサーマーケティングを行って成功した事例にはどのようなものがあるのでしょうか?利用したSNS毎に事例をご紹介いたします。

Youtubeを利用した実例

まずは動画投稿をメインとしている、Youtubeを利用した実例です。

現在はユーチューバーと呼ばれており、動画配信を行うことで広告料をもらうことを仕事としている人が多くいます。

そのため大きな規模のものから小さな規模のものまで企業から依頼を受けて商品やサービスに関する投稿を行っている人が非常に多くなっています。

その中でも高い効果を得たものとしてはチャンネル登録者数が163万人以上いるレビュー系のYoutuberであるカズさんがエレクトロラックス・ジャパンとタイアップして行ったものです。

この時にはコスパが非常に良い掃除機として魅力の高いエルゴラピードZB3004を実際に使用してその様子や商品の特徴、感想を動画で配信しました。

再生回数は約16万回にも及び、動画を閲覧していないユーザーと比較すると認知度や興味、購入意向が大幅に促進されました。

twitterを利用した実例

Twitterを利用したインフルエンサーマーケティングで高い成果を上げたものとしては、森永製菓がバレンタインのキャンペーンで行ったプロモーションです。

このプロモーションにおいては中高生に人気のあるYoutuberであるりかりこを起用して、動画配信サイトとtwitterを上手に組み合わせて行われました。

このプロモーションではバレンタインにむけて手作りチョコレートの材料となる商品の販売促進を目的として行われ、友チョコ文化が盛んである小学生から高校生までの女の子をターゲットとしていました。

友チョコ方程式ダンスという短い歌とダンスを作成してその動画を若年層の支持が厚いミックスチャンネルに投稿し、その曲を使って自分達が踊っている動画を投稿してもらうというキャンペーンを実施しました。

その後りかりこが実際に対象商品を使って友チョコを作る動画を制作してYoutubeに公開し、さらに訴求効果を高めていきました。

結果的にはTwitter上では約4300ツイート、約530万インプレッションを得ることができ、動画の再生回数も10万回を突破するといった非常に高い関心を集めることに成功しました。

これによって商品の認知度や購買意欲の促進に繋げて、売り上げの向上にもつなげることが出来た事例です。

まとめ

インフルエンサーマーケティングは数あるマーケティングの手法の中でも、現代社会に非常にマッチしたものであると言えます。

SNSでの情報発信や情報共有が主流となっており、その情報拡散スピードも非常に早いものとなっています。

インフルエンサーマーケティングではその特性を上手く活用することが出来ますので、費用対効果が高くよりスピーディーに狙ったターゲット層にプロモーションをかけていくことが出来るのです。

しかし、ただ行えば良いというものではなく、目的や評価指標をきちんと明確にすることやリスクマネジメントをしっかりとすること、そして依頼するインフルエンサーをきちんと選んで良い関係を築きながら一緒にプロジェクトを進行していくことなどを行う必要があります。

それによって求めている効果や場合によってはそれ以上のものを得ることが出来ます。

今やインフルエンサーマーケティングに取り組んでいる企業や団体は非常に多く、少し検索すれば成功事例も数多く見つけることが出来ます。

そういった事例も参考にしながら取り組んでいくと、より良い結果に結びつけることが出来るでしょう。

コメントは受け付けていません。

おすすめの代理店

ディレクション型

株式会社ナハト

株式会社ナハト 詳しく見る 公式サイト

株式会社ハーマンドット

株式会社ハーマンドットの公式サイトの画像 詳しく見る 公式サイト

株式会社LEO

株式会社LEOの公式サイトの画像 詳しく見る 公式サイト

プラットフォーム型

リデル株式会社

リデル株式会社 詳しく見る 公式サイト

株式会社Lxgic

株式会社Lxgicの公式サイト画像 詳しく見る 公式サイト

株式会社トリドリ

株式会社トリドリの公式サイト画像 詳しく見る 公式サイト
【2022年度最新版】インフルエンサー代理店20選!

関連記事

カップルインフルエンサーとは?魅力や話題のカップルインフルエンサーも紹介

カップルインフルエンサー

様々なSNSが日常的に利用されている中で、企業がサービスや商品を消費者にアピールするための効果的な手段とされているのがインフルエンサーマーケティングです。 他のマーケティング方法との違いはどのようなところにあり、どう利用 […]

インスタのエンゲージメント率の目安は【1.67%】各SNSの目安も紹介!

SNSで得られるエンゲージ

様々なSNSが日常的に利用されている中で、企業がサービスや商品を消費者にアピールするための効果的な手段とされているのがインフルエンサーマーケティングです。 他のマーケティング方法との違いはどのようなところにあり、どう利用 […]

化粧品のPRにインフルエンサーマーケティング適している理由を分析

化粧品のPRをしているインフルエンサー

様々なSNSが日常的に利用されている中で、企業がサービスや商品を消費者にアピールするための効果的な手段とされているのがインフルエンサーマーケティングです。 他のマーケティング方法との違いはどのようなところにあり、どう利用 […]

【美容系からビジネス系まで】ジャンル別おすすめインフルエンサーを紹介!

インフルエンサー

様々なSNSが日常的に利用されている中で、企業がサービスや商品を消費者にアピールするための効果的な手段とされているのがインフルエンサーマーケティングです。 他のマーケティング方法との違いはどのようなところにあり、どう利用 […]