【2022年版】インフルエンサー代理店20選!
代理店の特徴と選び方

LINE広告とは?14種類の配信面の特徴や費用を解説!

LINEは日本国内では利用している人が非常に多く、SNSコミュケーションツールとして欠かせない通信手段。

最近はLINEを活用したWEB広告に注目が集まっていて、宣伝力の弱い個人事業や中小企業がLINE広告で売り上げを伸ばしている実例が多数みられます。
ここではLINE広告の効果的な利用のために、その特徴や配信面の種類、投稿の仕方や費用などを分かりやすく解説しますので、最後までご覧ください。

LINE広告とは?


LINEのタイムラインやLINEニュースなど、LINE上で表示される広告はユーザーの興味を惹く効果的な宣伝手段としてWEBマーケティングで注目されています。

これらLINE広告は、LINEの公式ツールとして提供されている運用型広告プラットフォームです。

LINEアプリに設定された多様性に富んだ配信面の各所で利用することができ、広告コンテンツには「sponsored」と記載されています。
個人事業主や中小企業のWEBマーケティングに費用対効果が高いとされていますが、その理由はLINEが他のSNSプラットフォームに比べて国内シェアが非常に高いからです。

ちなみにLINEアプリ ⽉間アクティブユーザー(MAU)は9200万人以上(2022年8月時点)。
これは、YouTubeの6500万人以上・Twitterの4500万人以上を大きく上回っています。

このように国内ユーザー数の圧倒的な優位性から、他のSNS広告よりもリーチ率が高いと見込まれます。
※数値はガイアックスソーシャルメディアラボ調べ

画像元:LINE Business Guide(LINE株式会社・マーケティングソリューションカンパニー)

なお、LINEユーザーは男女比に大きな差はなく、各年齢層にまんべんなく分布している点もWEB広告上のメリットです。

広告ごとのコンバーションに応じたターゲティングが工夫できるのもLINE広告の大きな魅力となっています。

LINE広告には14種類の配信面がある

LINE広告には14種類の配信面がある
LINE広告の最大の特徴は、広告発信のための場面が豊富なこと。

LINE広告には14種類もの配信面が設定されていて、他のSNS広告では得られない広告展開が可能です。
配信面が多いために、宣伝対象や設定コンバーションに適した方法で広告配信ができます。

LINE広告の14種類の配信面は次の通りです。

LINE株式会社マーケティングソリューションカンパニーによるLINE for Business(2022年1〜6⽉期版 v2.8)を参考に特徴を説明します。

トークリスト(SMART CHANNEL)

トークリスト
LINEのトークリストには最上部に広告用のスペースが設定されていて、広告クリックで商材のランディングページへジャンプします。

トークリストはLINEアプリ内で最も多くのユーザーの目に触れることから、アクティブ性の高いLINE広告として大規模な広告に有効です。

〇ユーザー属性
日常的にSNSを利用していないユーザーへもリーチが可能です。

LINE VOOM(旧タイムライン)

LINE VOOM
LINE VOOMでは、特にユーザーの興味に合ったコンテンツが表示されます。

なお、ブロック状況に関わらずに全ユーザーへ広告配信できるので、ターゲティングが絞り込みやすく、ターゲットへのリーチ率も高いです。

〇ユーザー属性
ユーザーは女性が多く、10代から60代まで幅広い年齢層で利用されています。

LINE NEWS

LINE NEWS
トークリストに継ぐ露出度の高い配信面で、国内最⼤級のニュース閲覧コンテンツです。
LINEアプリ内の「ニュースタブ」のトップページ、記事一覧ページ、340媒体ものアカウントメディアの記事一覧ページから配信できます。

〇ユーザー属性
LINE NEWSのユーザーは購買率が高く、インフルエンサーとしての影響力も持ち合わせていて、即時性の高い広告に向いています。

LINEマンガ

LINEマンガ
気軽にマンガが楽しめる電子コミックサービスで、スマホでのアプリダウンロード数・週間利用者数もトップクラスのアプリです。

〇ユーザー属性
15~19歳の利用が27%、20~30代の利用が60%と若い世代に人気の配信面です。

ホーム

ホーム
ユーザー用の「ホーム」タブに広告掲載が可能。
「ホーム」タブはLINE上の各コンテンツへの入り口として、多くのユーザーにアクセスされています。

〇ユーザー属性
比較的に女性ユーザーが多く、10代から50代以上と幅広く世代が利用しています。

LINEショッピング

LINE ショッピング
LINEショッピングはあらゆる業種の商品・サービスを網羅し、今や1億点を超える商品ラインナップを揃えるSNSショッピングサービスです。
なお、会員登録数も3000万人を超えるほどの大手市場に成長しています。

〇ユーザー属性
男女比が3:7と、女性ユーザーが非常に多いく、年代層は25~34歳:39%・35~44歳:39%と消費活動の活発なユーザーが利用しています。

LINE BLOG

LINE BLOG
アーティストや芸能タレントの情報発信ツールとして利用されていて、ブログ更新の際に自動でタイムラインへアップされる機能があります。
コメントなどによる双方向コミュニケーションで、リピーター確保に役立ちます。

〇ユーザー属性
男女比が3:7と女性ユーザーが多く、利用者数が多い年齢層は20~40代です。

LINEポイント

LINE ポイント
こちらは、「友だち追加・動画視聴・ミッション」といった条件クリアでポイント付与される配信面です。
なお、広告のリーチ率は国内最大級とも評価されていて、大規模な宣伝プロモーションに向いています。

〇ユーザー属性
男女比が3:7と女性ユーザーに人気があり、年齢層は40代~50代と中高年情勢の利用が目立ちます。

LINE クーポン

LINE クーポン
コンビニ・スーパーをはじめ、レジャーやスポーツ施設などで利用できるクーポン配信アプリで、5万種類以上が扱われています。
ウォレットやLINEクーポンへの導線となるアプリということで、広告拡散に効果的です。

〇ユーザー層
ユーザーは女性が7割で、特に40代~50代のユーザーの利用率が高いです。

LINEマイカード

LINEマイカード
このアプリは、お店のポイントカードや会員証などをまとめて管理することが可能。
ウォレットからの利用者も多く、快適生活やお得情報に関心のあるユーザーへのリーチ力があります。

〇ユーザー属性
やや女性ユーザーの利用が目立ち、10~50代と幅広い年齢層へのリーチが可能です。

ウォレット

ウォレット
LINE PayなどキャッシュレスサービスのベースとなるLINEのおサイフアプリ・ウォレットでは、「ウォレット」タブ上で広告をアップできます。

〇ユーザー属性
やや女性ユーザーが多く、年齢層も10代~50代以上と幅広いです。

LINE広告ネットワーク

LINE広告ネットワーク
LINE広告ネットワークは約8000ものアプリと連携していて、LINEの中だけでなくSNS全体へとつながるアドネットワークです。
カテゴリ別の配信在庫⽐率は、「Game」と「book」にユーザーが多く見られます。

〇ユーザー属性
男女比は女性ユーザーが多く、10代~50代まで年齢層が幅広いです。

LINE MONARY

LINE MONARY
こちらは、節約やお得情報をはじめ、最近ブームの個人投資や保険への理解を深めてくれるサービスです。
経済的な将来不安を抱える30代~40代の女性を中心に、投資に興味がある20代をターゲッティングする広告に効果的です。

〇ユーザー層
女性が60%で、全体の6割を占める20代~40代をボリュームゾーンとしながら幅広い年齢層のユーザーに利用されています。

LINEチラシ

LINEチラシ
LINE広告では比較的に全国展開の広告に有効な配信面の種類が多いですが、LINEチラシは地域の店舗に使いやすいデジタルチラシが配信できます。
国内の月間ユーザー数は5000万人を超え、顧客確保の有力なツールとして注目されています。

〇ユーザー属性
女性ユーザー75%で、特売やセールの情報拡散に優れています。

LINE広告のターゲティング法は3種類


LINE広告では、14種類もの配信面を商材やコンバーションに応じて組み合わせて、費用対効果に優れたマーケティングが実践できます。
しかも国内ユーザーが9000万人を超えること、LINEでしかリーチできないSNSユーザーも多いことから、多角的なターゲティングを徹底することも可能です。

LINE広告には大きく分けて、次の3種類のターゲティング方法が実践されています。

  • LINEデモグラフィックデータ配信
  • オーディエンス配信
  • 類似配信

LINEデモグラフィックデータ配信


画像元:LINE Business Guide(LINE株式会社・マーケティングソリューションカンパニー)
上の図にあるように、LINEユーザーは他のSNSと同様に、各自のアカウントや利用履歴より年齢・性別・地域・趣味趣向などのデータを紐付けながらネット上で交流しています。

このデータを基に、特定エリア指定やユーザーの経済活動・消費行動(家族構成や収入ベース)を絞り込んでのターゲティングが可能です。

ただし、LINEでは実名・プロフィールなしのユーザーもいるため、みなし属性としてデータ化する点に注意してください。

オーディエンス配信


画像元:LINE Business Guide(LINE株式会社・マーケティングソリューションカンパニー)

LINE広告ではオーディエンス配信といって、購入者など一定のオーディエンスを対象に広告配信ができます。

各アカウントの購入履歴を参考にして、関連商品や類似商品の広告を配信して販売を伸ばすことが可能です。

〇主なオーディエンスの種類

  • ウェブトラフィックオーディエンス:サイト訪問・購入履歴など
  • モバイルアプリオーディエンス:指定のアプリへアクセス人や購入したユーザー
  • 動画視聴オーディエンス:指定の動画を視聴したユーザー
  • 画像クリックオーディエンス:指定のキャンペーン内の画像をクリックしたユーザー

類似配信


画像元:LINE Business Guide(LINE株式会社・マーケティングソリューションカンパニー)

上記の既存オーディエンスと類似したユーザーをピックアップして、コンバーション達成率が高いターゲットを設定することができます。

〇具体的な対象の絞り込み:類似度が1~15%の範囲で調整可能
*類似度数が小さいほど、元のオーディエンスに似ているユーザーです。

LINE広告のメリット・デメリット


では、ここまでの説明をまとめる意味で、LINE広告のメリット・デメリットを挙げておきましょう。

LINE広告の3種類のメリット

LINEは国内で最大のユーザー数を誇るSNSプラットフォームであり、広告媒体としての利用メリットは非常に高いと言えます。

またLINE広告の配信面の種類が豊富であるため、個人事業でも大手企業でも目的に応じた宣伝効果をえることができるでしょう。

LINE広告で得るメリットとしては、主に次の3種類があります。

ユーザー数の多さ・LINE独自のユーザー層への配信ができる

国内に9000万人ものユーザーをもつLINEで、かつ老若男女問わず幅広く利用されていますから、どのような商材でも費用対効果の高いWEBマーケティングが期待できます。

また、他のSNSプラットフォームを利用していない、LINE独自のユーザー層へも巧みに広告配信できる点も新規顧客の確保にメリットです。

配信面の種類が多く、競合が少ない

14種類の配信面を並行して活用することで、各々の商材に適した広告展開が可能になります。
どの配信面なら狙った消費者に効果的にリーチできるのか、試行錯誤を重ねることでより良いプロモーションが可能です。

豊富なターゲティング方法

ユーザー数の多さと豊富な配信面によって、LINE広告ならではのキメ細かなターゲティングが可能です。
先に述べた3種類のターゲティング方法を工夫して、費用対効果の高いWEBマーケティングが実践できます。

LINE広告の注意しておきたい3種類のデメリット

LINE広告で成果を上げるためには、LINEのも弱点も把握しておくようにおすすめします。
主な注意点として、次の3種類のデメリットがあります。

拡散力が弱い

LINE広告には、TwitterのリツイートやFacebookの『いいね!』などの拡散力を高める機能がありません。

他のSNS広告のようにフォロワー同士でのシェア機能を持たないために、ブランド認知やエンゲージメントの面では効果が弱いといえるかもしれません。

宣伝色の強いSNSコンテンツは敬遠されがち

国内で幅広い年齢層が利用するLINEでは、あまりネット上での消費活動に慣れていない方も少なくありません。
そのため、ちょっと宣伝色の強いコンテンツはスルーされてしまうリスクがあります。

もちろん全てのSNSユーザーに共通することですが、押し売りのように押しつけがましいコンテンツには警戒心や嫌悪感が先立って、敬遠されがちなので要注意です。

広告配信がNGな業種・商材が多い

LINE Business Guideには、広告配信をNGとする業種・商材のリストが掲載されています。


画像元:LINE Business Guide(LINE株式会社・マーケティングソリューションカンパニー)

なお、LINE広告の審査は厳しく、必ずしも広告が出稿できるとは限りません。

さらに「アカウント開設審査」と「クリエイティブ審査」に時間がかかってしまうこともあります。
配信フォーマットや入稿規定が、他のSNS広告に比べても面倒が多い点にも注意してください。

LINE広告のデメリットを改善する方法

LINE広告で効果を上げるためには、LINEのもつ拡散力の弱さや宣伝色の強いコンテンツへの嫌悪感をカバーすることが必要でしょう。

この点については、インフルエンサーマーケティングの導入が有力です。
インフルエンサーマーケティングでは、各々のフォロアー数がそのまま見込み客となると期待できます。

また、熱心なフォロアーはインフルエンサーの提案を快く受け入れることから、自然と商品・サービスが提供することが可能です。

ただし、インフルエンサーマーケティングを効果的に実践するにはノウハウと豊富な経験がかかせません
やり方が不適切であれば思うような成果も上がりません。

そこで、確かな実績とノウハウをもつ専門の広告代理店に依頼するのがおすすめです。

LINE広告の費用について


LINE広告はアカウント開設が無料で、初期設定のためのシステムも無料なので、基本的に初期費用はかかりません。
どなたでも、それぞれの資金に合わせたSNS広告が始められます。

LINE広告には、広告配信やデータ処理・分析のための専用ツールが備わっていて、特に専用ツールを必要としません。

ただし、費用対効果の高いWEBマーケティングを望む場合は、実績の高い広告代理店へ依頼するのがおすすめです。

代理店の依頼料としては、5万円以上の初期費用をプラスしておくと良いでしょう。

LINE広告の費用相場

LINE広告を始める際には、広告配信のための費用が必要です。
現在の相場としては、月間30万円以上を見込んでおくと良いかもしれません。

LINE広告では最低出稿金額を設定していません(以前は最低100万円からの出稿)が、広告配信はオークション形式(入札制)のために、あまり低い出稿金額だと広告が表示されないリスクがあります。

例えば、1日千円・入札単価5円と低めの予算で始めることは可能です。

しかし、広告掲示は高い出稿金額から上位表示されるルールで、競合が多い場合は露出が少なかったり、表示されなかったりするケースも珍しくありません。

なお、LINE広告で複数の配信面を同時に活用して効果を上げるのがセオリー。
このため、出稿金額のレベルと配信面の数に比例して費用が変わってくるわけです。

LINE広告の3種類の課金法

LINE広告では、次の3種類の広告費用が発生します。

  • クリック課金(CPC課金)
  • インプレッション課金(CPM課金)
  • 友達追加課金(CPF課金)
課金の種類 フォーマット 課金方式 最低入札額
クリック課金 静止画像広告 クリックごと CPC24円〜
インプレッション課金 動画広告 1000回表示ごと CPM200円〜
友達追加課金 静止画像広告 友だち追加ごと CPF50円〜

クリック課金(CPC課金)

広告バナーをクリックすると、ランディングページに遷移します。

このクリックの回数に応じて料金が発生
設定額の相場は24円~200円程度です。

インプレッション課金(CPM課金)

投稿動画が表示されると料金が発生し、動画枠が100%表示されると1インプレッションのカウントです。

コロナ渦にあって動画コンテンツの反応率が上昇していて、LINE広告の動画化も進んでいます。

友達追加課金(CPF課金)

広告を通じてLINE公式アカウントの「友達」追加された際に課金されます。
リピーターの獲得やキャンペーン時に効果的な方法です。

LINE広告の出し方


最後にLINE広告の出し方について説明します。

LINEビジネスIDの発行

LINE for Businessから「オンライン申し込み」をクリックして、LINEビジネスIDを発行してもらいます。

IDは既存のLINEアカウントかメールアドレスの2種類から選択。
*企業で利用する場合は会社のメールアドレスで登録する方がメリットありますが、個人のLINEアカウントでも登録可能です。

広告アカウントを作る

次に広告用のアカウントを作成します。
アカウントは1つの商品・サービスにつき1アカウントが必要です。

なお、複数の広告アカウントを運用する場合、グループで管理することができます。

タグ付け

広告アカウントにLINE Tagを設置します。
LINE Tagには、ベースコード・コンバージョンコード・カスタムイベントコードの3種類があるので選択しましょう。


画像元:LINE Business Guide(LINE株式会社・マーケティングソリューションカンパニー)

広告設定と審査

広告設定として、キャンペーンの作成・広告グループの作成・予算やターゲティングの設定・クリエイティブの入稿などを行い、すべて完了したら審査を受けます。

目安となる審査期間は10営業日ほど。
審査完了でステータスが「利用可能」になります。

審査通過にはLINE広告ガイドラインの遵守が必須ですから、事前にガイドラインの確認をしましょう。
なお、審査をスムーズに通過するには、専門の代理店のサポートがおすすめです。

まとめ

LINE広告は、少ない費用で効果的にWEBマーケティングが実践できる魅力的な宣伝手段です。
14種類もの配信面を工夫して使いこなせば、広告費の小さな業者でも大きな業績が期待できます。

LINE広告を始める方、まだ十分に活用できていない方は、LINE広告の特徴や利用ノウハウをよく確認してみてください。
その際に、WEB広告に実績のある代理店からサポートを受けるのも有効な手段となるでしょう。

コメントは受け付けていません。

おすすめの代理店

ディレクション型

株式会社ナハト

株式会社ナハト 詳しく見る 公式サイト

株式会社ハーマンドット

株式会社ハーマンドットの公式サイトの画像 詳しく見る 公式サイト

株式会社LEO

株式会社LEOの公式サイトの画像 詳しく見る 公式サイト

プラットフォーム型

リデル株式会社

リデル株式会社 詳しく見る 公式サイト

株式会社Lxgic

株式会社Lxgicの公式サイト画像 詳しく見る 公式サイト

株式会社トリドリ

株式会社トリドリの公式サイト画像 詳しく見る 公式サイト
【2022年度最新版】インフルエンサー代理店20選!

関連記事

カップルインフルエンサーとは?魅力や話題のカップルインフルエンサーも紹介

カップルインフルエンサー

LINEは日本国内では利用している人が非常に多く、SNSコミュケーションツールとして欠かせない通信手段。 最近はLINEを活用したWEB広告に注目が集まっていて、宣伝力の弱い個人事業や中小企業がLINE広告で売り上げを伸 […]

インスタのエンゲージメント率の目安は【1.67%】各SNSの目安も紹介!

SNSで得られるエンゲージ

LINEは日本国内では利用している人が非常に多く、SNSコミュケーションツールとして欠かせない通信手段。 最近はLINEを活用したWEB広告に注目が集まっていて、宣伝力の弱い個人事業や中小企業がLINE広告で売り上げを伸 […]

化粧品のPRにインフルエンサーマーケティング適している理由を分析

化粧品のPRをしているインフルエンサー

LINEは日本国内では利用している人が非常に多く、SNSコミュケーションツールとして欠かせない通信手段。 最近はLINEを活用したWEB広告に注目が集まっていて、宣伝力の弱い個人事業や中小企業がLINE広告で売り上げを伸 […]

【美容系からビジネス系まで】ジャンル別おすすめインフルエンサーを紹介!

インフルエンサー

LINEは日本国内では利用している人が非常に多く、SNSコミュケーションツールとして欠かせない通信手段。 最近はLINEを活用したWEB広告に注目が集まっていて、宣伝力の弱い個人事業や中小企業がLINE広告で売り上げを伸 […]