【2022年版】インフルエンサー代理店20選!
代理店の特徴と選び方

Webマーケティング とは?業績アップのSEO対策ポイントを分かりやすく解説します

『この商品はSNSでいきなりヒットした』という話がよくあります。
Web上の通販サイトで激売れ商品が生まれることも珍しくありません。テレビCMではない商品なのに、突然に流行するケースが頻繁に見られるようになりました。
それらの流行が、実はWebマーケティングによって生み出されていることをご存じでしたか?
ここではWebマーケティングの重要性や、seo対策などの施策ポイントをわかりやすく説明します。

webマーケティングとは?その目的や具体的な施策方法

大手企業から個人販売に至る宣伝・販売活動においては、いまやWeb広告やインフルエンサー広告といったWebマーケティングが重要な販売実戦ツールとして広く活用されています。

Webマーケティングを効果的に実践すれば、社名と提供商品・サービスの認知度が低コストで高まり、販売実績を効率よく積み上げることができます。
資金が小さい個人事業や中小企業でも、Webマーケティングの実戦で費用対効果に優れた宣伝・販売戦略が展開できます。
もちろん大手企業も積極的に採用していて、どの企業もWebマーケティングに力を注いでいるのが現状です。

webマーケティングの目的とは

Webマーケティングを行う目的とは、日々インターネット上に集合する膨大な数のユーザーを対象に、新しい見込み客を効率よく獲得していくことです。
いまWebマーケティングを実戦すべき理由は、Web広告・販売が実店舗による販売実績を上回る時代だからです。
高齢者層も含め、ひとりに1台の比率でネット端末を利用する社会になりましたから、マーケティングの手段もインターネット中心に変わりつつあるのです。

例えば、休日に渋谷や代官山へショッピングに出かけるとします。
多くの方が移動中の電車の中で、『お目当てのプラダの新作バッグをどこで買えばお得なのか?』とスマートフォンでキーワード検索することでしょう。
ショッピングの合間にオシャレなカフェを探して、人気メニューのチェックと割引クーポンの取得をするのも楽しいものです。

このように、今では消費活動の大部分がスマートフォンなどのモバイル端末を使って、ネット検索を利用しながら行なわれるようになりました。
Webマーケティングを効果的に実践することで、従来の店舗販売では得られないスピーディな集客・効率の高いコンバーション達成が見込めます。

販売戦略に重要なwebマーケティング

Webマーケティングは、全世界に張り巡らされたインターネットワークの特長を有効活用することで、低コストでクイックリーな販売実績を上げることのできる宣伝手段です。
テレビCMを始めとする従来の広告方法は、基本的に不特定多数に向けた一方向の配信方法を行なってきました。
専門雑誌などのカテゴライズされたメディアでさえ、集客ターゲット層の絞り込みが困難でした。

そのため『下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる』といった具合に、無駄撃ち覚悟の大規模宣伝に力を入れてきたのが現状です。
しかし、インターネットを利用したキーワード検索による情報収集が消費行動の中心となる現代では、設定するターゲット層を的確に捉えることが可能です。
企業は提供する商品・サービスを分かりやすく魅力的に伝える内容のWebコンテンツを発信することで、一般消費者が自ら情報収集のために自サイトを訪れてきます。

またSNS上では、多種多様なコミュニティが頻繁に情報交換を行なっていて、その場を利用することで自社商品・サービスの情報拡散が効率的に行えますし、消費者からの反応もその都度集約することも簡単です。

インフルエンサー広告などSNSツールによってピンポイントで見込み客を確保し、効率よく契約・販売までもっていくことができます。
また、Webマーケティングを適切に展開することで企画から宣伝、販売、消費者からの感想・意見のフィードバックまで、販売戦略を一貫したサイクルとして循環させることができます。

インターネット上の情報発信プラットフォームを利用して広告サイトを展開し、一般ユーザーのキーワード検索で商品・サービスの宣伝広告から販売までをワンストップで行うことができるマーケティングです。

webマーケティングの施策について

Webマーケティングの基本は、インターネットユーザーがどのようにネット情報を活用し、それによって消費行動をどのように行なっているかを徹底分析することです。

そこで、自社が展開するWebサイトなどの宣伝媒体の集客力を上げるためにSEO対策を徹底し、インターネットユーザーに何度もサイトを閲覧してもらえるようにサイトの質を高めます。

これまで非常に多くのWeb運営者によって、それぞれが目標とするコンバージョンの達成率アップのための施策がいろいろと築き上げられてきました。

そこで、Webマーケティングを実践する方は、次の4つのポイントを行なってみましょう。

  • インターネット検索で上位表示されるためのseo対策
  • 集客数アップに重要な広告戦略
  • コンバージョン率を高める施策
  • ソーシャルメディアの有効活用

Webマーケティングで重要な4つのポイント

先程紹介したWebマーケティングで重要な以下の4つのポイントをそれぞれ解説します。

  • インターネット検索で上位表示されるためのseo対策
  • 集客数アップに重要な広告戦略
  • コンバージョン率を高める施策
  • ソーシャルメディアの有効活用

インターネット検索で上位表示されるためのseo対策

Webマーケティングの成功ポイントは、まず自社の広告サイトがネットユーザーのキーワード検索で上位表示されることです。

ユーザーは検索結果の上位表示(1~2ページにリストアップ)されたWebサイトから、タイトルやディスクリプションの文章を参考に選択するのが一般的です。検索エンジンに上位表示されることでユーザーのアクセス数が高まります。

この条件は、Webサイト上に質の良いコンテンツを掲載することと同等に、非常に重要なポイントとなります。つまり、検索エンジンにおけるSEO対策を徹底することが、Webマーケティングの成功には欠かせません。

そこで、SEO対策は大きく以下5つです。

①内部要因対策(タグ付けなど)

タイトルタグの最適化 SEO対策を行うキーワードをタイトルタグの先頭に置き、30文字程度のタイトルを作成します。なお、ユーザーの検索クエリに合った内容に整えることも重要です。
メタディスクリプション
の最適化
記事の内容を120文字程度で簡潔に要約します。
見出しタグ(h1〜h4タグ)の構成 キーワードに対する解説を論理ツリー状に見出し展開します。ユーザーと検索エンジンに向けてコンテンツの階層構造を把握しやすい形に構成します。
内部リンク対策 サイトマップやグローバルナビゲーションなど、ユーザーがWebサイト内を情報検索クロールしやすいように整えます。

これら内部要因対策は、比較的に少ない手間で実践できます。

②外部要因対策(被リンクの確保など)

被リンク対策やソーシャルメディア対策など、自サイトの外部にあるWebコンテンツとの関連性を構築し、自サイトの信ぴょう性や情報の質の高さをアピールすることができます。

被リンク:他者サイトが参考資料として自社サイトのリンクを貼ることで、良質な情報であるとの評価証明になります。SEO対策においてもっとも重要なポイントです。

*ただし被リンクは以下の点に要注意です。

  • 自然発生のリンクであり、故意に被リンクを貼らせることはNG
  • コンテンツテーマに関連のある分野のサイトからのリンクが有効
  • 質の高いコンテンからの被リンクが有効
  • 権威のある企業・団体などからの被リンクが有効

③コンテンツSEO

現在の検索エンジンはコンテンツの質を評価します。ユーザーの求める情報を正確位に分かりやすく提供されているかどうかをチェックしていますので、コンテンツの質にこだわることが重要です。

検索クエリに応える 検索キーワードのユーザー意図に対し、課題を解決するコンテンツに仕上げることが重要です。
検索上位10サイトのチェック 検索エンジンが評価するコンテンツの情報内容や表現方法をくまなくチェックし、自サイトに反映させます。
情報の刷新 コンテンツ内を最新情報へ刷新することでコンテンツの鮮度が保たれます。

良質なコンテンツは検索エンジンに高く評価されるとともに、ユーザーにとって利益となる情報提供となります。SEO対策においては自サイトの根本的な利用価値を決める重要ポイントですので、丁寧に作り込んでいきましょう。

このほかにも、④ユーザーエクスペリエンスSEOで、ユーザーの滞在時間を増やしたり、クリック率を上げたりする工夫もできます。また、⑤EATにおけるSEO(専門性・権威性・信頼性の向上)は、2022年の最新Google品質評価ガイドラインでとても重要なポイントとされていて、積極的に対策したい部分です。

集客数アップに重要な広告戦略

SEO対策は自社Webマーケティングにおいて欠かせない施策ですが、コンテンツの上位表示されるまでのタイムラグが長い点に注意が必要です。

そこで宣伝・販売の実績を上げるために、即効性のあるWeb広告を併用するのが常套手段です。

Web広告のツールは主に次の4つです。

リスティング広告 Googleなどの検索結果ページに掲載される広告で、検索1ページ目の先頭部分にリストアップされます。
リターゲティング広告 過去に訪問したユーザーに対して広告を表示させます。自社の商品・サービスに興味のあるユーザーをピンポイントでターゲティングできる点がメリットです。
アフィリエイト広告 こちらは費用対効果の高い成果報酬型広告で、Webサイト運営者が広告主の設定したコンバージョンを目的に広告展開します。YouTubeや広告サイトなどで効果を上げている広告方法です。
SNS広告 FacebookやTwitter、InstagramといったSNSプラットフォームで個人や企業が時アカウントで配信する広告です。配信者のフォロアーが見込み客となり、ターゲットを絞った広告展開が可能で、コンバーション率も極めて高い広告法です。

最近はインフルエンサー広告が注目されていて、今後もニーズ拡大が期待されています

コンバージョン率を高める施策

コンバーション達成率を高めるためには、継続的にWebサイト内のコンテンツを見直し・改善する必要があります。

Webマーケティングは企画から始まり、効率よく集客し、目標となるコンバーションを達成することが重要なテーマです。極言すれば、費用対効果の高いコンバーション達成を目指した販売戦略を構築することが重要となります。

もちろんアクセス数が高いWebサイトの運営はメリットが大きいですが、実際に利益につながるコンバーション達成なくして業績は上がりません。コンバージョン率を高める対策が重要となります。

LPO
(ランディングページ最適化)
アクセスしたユーザーが提供する商品・サービスへ興味を引き付けるための工夫をします。無料見積フォームやサンプル申し込み、簡潔な購入フォーム(WEB完結)などのページを別途設けるなど、分かりやすく使いやすいページに整えるのもポイントです。
セール
モニター募集
特典サービスを提供
ユーザーへお得な情報・サービスを展開し、ランディングページなどに目立つように掲示することでコンバージョン率を高めることができます。

ソーシャルメディアの有効活用

この頃は、趣味趣向に関する情報交換はもっぱらSNSツールを利用する向きが主流化しています。さらにはBtoB企業などビジネスシーンでもSNS媒体でのやり取りが普及する時代ですから、Webマーケティングではソーシャルメディアの有効利用が不可欠だと言えるでしょう。

自社サイトにソーシャルボタンを設置して、アクセスしてきたユーザーにアカウント共有してもらうことで、サイト情報が一気に拡散できます。

主なソーシャルボタンは次の3つです。

Twitterのツイートボタン 閲覧ページについて『つぶやきたい』時にボタンをクリックすると投稿用ポップが表示されます。
Facebookのシェアボタン 閲覧ページの「シェア」ボタンから記事をSNS上にシェアできます。タイムラインに記事URL・タイトルが投稿され、フォロアーや友達と情報共有したい時に役立ちます。
LINEの
「LINEで送る」ボタン
閲覧ページの「LINEで送る」ボタンから、送信したい友達を選んで、記事URL・タイトルを送信します。

最近は、ニュースサイトやオウンドメディア、通販サイトやブログサイトなど、各WebサイトからSNS上に情報を拡散するWebマーケティングが目立つようになりました。

SNSによる広告活動では、提供商品・サービスに興味のあるSNSユーザーへ効率よく情報を広めることができますから、見込み客候補の集客に役立ちます。

また、アフィリエイトなどの形でSNSユーザーに広告投稿してもらうのも効果的です。最近は多数のフォロアーを持つインフルエンサーに広告を依頼する手法が注目されています。

SEO対策を実施するメリット・デメリット

Webマーケティングにおいては、ここまで述べた通り、自然検索による検索順位を上げることが重要です。そのために最新のSEO対策を徹底する必要があります。

例えばGoogleのアルゴリズムやクローラーの評価システムを継続的に確認しつつ、その都度で自社サイトを適切にSEO管理するようにします。

その際に、SEO対策のメリット・デメリットをしっかりと理解しておくこともおすすめします。

SEO対策を実施するメリット・SEO対策でできること

SEO対策を徹底するメリットは、主に次の4つです。

  1. 集客数アップ:購買意欲の高いユーザーの集客が見込める点が大きなメリット
  2. 低コスト化:テレビや新聞・雑誌などの広告と比較して費用対効果が非常に高い
  3. 広告媒体が資産となる:Webマーケティングに掛けた労力は将来的に効果を発揮し、資産としての価値を持つ。中長期的に集客・見込み客の流入が見込める
  4. ブランディング効果:検索エンジンが(自然検索で)上位表示するWEBサイトは、ユーザーにとって好感される傾向があるため、自社や提供商品・サービスがブランド化する可能性が高い

このように、SEO対策を徹底することで得られる販売戦略上のメリットは他の広告手段を凌ぐものがあります。

SEO対策の実施におけるデメリット

SEO対策の利用価値は上記の通りですが、実戦する上で注意すべき点もいくつかあります。

  1. コンバーション達成までのタイムラグ:SEO対策はコツコツと継続的な取り組みによって結果が出ます。何度も更新・改善を加えながらWebサイトを作り上げる必要があり、一般的に成果が上がるまで時間がかかります。
  2. 成果の度合いも不確か:メディア上で展開されるすべての広告活動が同様ですが、WEB広告も成否はやってみなければ分かりません。また、WEB広告の歴史が浅いこともあり、依頼する広告代理業者の選定が難しいことも知っておきましょう。
  3. アクセス数アップだけでは成果が上がらない:SEO対策で上位表示され、集客集が上がっても、必ずしもコンバーションに繋がらないリスクがあります。ユーザーへの行動喚起においては、いろいろと工夫をしなければならないでしょう。

SEO対策のデメリットはインフルエンサーマーケティングでカバーできる

SEO対策のデメリットとして、主に上記の3点が要注意です。この欠点をカバーする手段として、最も効果を上げているのがインフルエンサー広告などSNS広告の採用です。つまり、WEB広告を展開する場合、SNS広告(特にインフルエンサー広告は適宜実施する)にも比重を割いていくことが成功の秘訣となるでしょう。

インフルエンサー広告の特長は、情報配信と同時にフォロワーを中心に情報拡散されることです。つまりコンバーション達成までのタイムラグが極めて短い特徴があります。

また、趣味嗜好が似通ったフォロワー群がインフルエンサーの意見に耳を傾けますから、ターゲットの絞り込みが的確です。基本的にインフルエンサーの持つフォロアー数が見込み客としてカウントできます。

もちろん、販売・契約への影響力も高いので、高いコンバーション達成率が期待できます。アクセス数におけるコンバーション達成率が高いのもインフルエンサー広告の特徴です。

ただし、インフルエンサー広告には専門業者のサポートが重要です。自社に合ったインフルエンサーの選定からプロデュースまでを任せられる広告代理業者を選ばなければ失敗するリスクが高まります。

そこで、広告代理業者選びは実績とノウハウをしっかりチェックしてください。力のある広告代理業者ならば、期待する費用対効果を発揮してくれることでしょう。

▼関連記事

まとめ

Webマーケティングはどの企業においても重要な販売戦略の要になりつつあります。インターネット上のありとあらゆる情報発信ツールを駆使することで、どの企業でも効果的に業績を伸ばしていくことが可能です。

そのためにはSEO対策を徹底して実践すること、またSNS広告の利用も工夫していくことが重要です。なお、実力のある広告代理業者を自社に合わせて厳選し、費用対効果の高いWebマーケティングを実践していきましょう。

コメントは受け付けていません。

おすすめの代理店

ディレクション型

株式会社ナハト

株式会社ナハト 詳しく見る 公式サイト

株式会社ハーマンドット

株式会社ハーマンドットの公式サイトの画像 詳しく見る 公式サイト

株式会社LEO

株式会社LEOの公式サイトの画像 詳しく見る 公式サイト

プラットフォーム型

リデル株式会社

リデル株式会社 詳しく見る 公式サイト

株式会社Lxgic

株式会社Lxgicの公式サイト画像 詳しく見る 公式サイト

株式会社トリドリ

株式会社トリドリの公式サイト画像 詳しく見る 公式サイト
【2022年度最新版】インフルエンサー代理店20選!

関連記事

カップルインフルエンサーとは?魅力や話題のカップルインフルエンサーも紹介

カップルインフルエンサー

『この商品はSNSでいきなりヒットした』という話がよくあります。 Web上の通販サイトで激売れ商品が生まれることも珍しくありません。テレビCMではない商品なのに、突然に流行するケースが頻繁に見られるようになりました。 そ […]

インスタのエンゲージメント率の目安は【1.67%】各SNSの目安も紹介!

SNSで得られるエンゲージ

『この商品はSNSでいきなりヒットした』という話がよくあります。 Web上の通販サイトで激売れ商品が生まれることも珍しくありません。テレビCMではない商品なのに、突然に流行するケースが頻繁に見られるようになりました。 そ […]

化粧品のPRにインフルエンサーマーケティング適している理由を分析

化粧品のPRをしているインフルエンサー

『この商品はSNSでいきなりヒットした』という話がよくあります。 Web上の通販サイトで激売れ商品が生まれることも珍しくありません。テレビCMではない商品なのに、突然に流行するケースが頻繁に見られるようになりました。 そ […]

【美容系からビジネス系まで】ジャンル別おすすめインフルエンサーを紹介!

インフルエンサー

『この商品はSNSでいきなりヒットした』という話がよくあります。 Web上の通販サイトで激売れ商品が生まれることも珍しくありません。テレビCMではない商品なのに、突然に流行するケースが頻繁に見られるようになりました。 そ […]