【2022年版】インフルエンサー代理店20選!
代理店の特徴と選び方

YouTubeでのインフルエンサーマーケティングを成功させるためにできることとは?

youtubeでインフルエンサーマーケティングを成功させる方法

インフルエンサーマーケティングは、SNSなどで活躍するインフルエンサーを起用してPRを行うマーケティング戦略の1つで、消費者の生活や環境に合わせて積極的に導入する企業が増えています。

このページでは、特に訴求効果が高いYouTubeでのインフルエンサーマーケティングについて、特徴やメリットをご紹介していきます。

実際の施策を成功させるためのポイントもまとめていますので、導入を検討中の方はぜひ参考にしてください。

YouTubeでインフルエンサーマーケティングを行うメリット

YouTubeでインフルエンサーマーケティングを行うメリット

インフルエンサーマーケティングと一口に言っても、インフルエンサーが活躍するプラットフォームは様々です。

以前から存在するテレビや新聞、雑誌だけでなく、インターネット社会の広がりによってSNSが一般化し、それに伴い利用する消費者が増えたことから、今では様々なSNSを通してインフルエンサーが活躍しています。

SNSの種類には、Twitter、Instagram、YouTube、TikTokなど数多くありますが、ここではYouTubeでインフルエンサーマーケティングを行うメリットをご紹介していきます。

ユーザー数が多い

YouTubeは世界中に多くのユーザーを持つSNSで、今やテレビを超える勢いで市場規模が広がっています。

国内における月間アクティブユーザーは6500万人を超えており、世界のデータでは月間利用者数は20億人以上と、老若男女問わず様々な年齢層のユーザーが利用しています。

ユーザー数が多いということはそれだけ多くの人に情報を届けられる確率が高くなり、インフルエンサーマーケティングでの効果も期待できると言えます。

動画による広告効果が高い

SNSには文章での投稿をメインとするTwitter、写真の投稿をメインとするInstagramなどそれぞれに特徴がありますが、YouTubeのメインコンテンツは動画になります。

動画コンテンツはユーザーの目を引きやすく、静止画では伝わりづらいものでも動画であれば簡単に表現できたり、テロップや翻訳字幕を追加することで一度に多くの情報を届けることができるため、高い訴求効果を得られるのがメリットです。

YouTubeと同じく動画をメインとするSNSとしてTikTokなどもありますが、TikTokはショートムービーの投稿に向いていることや、メインユーザーの年齢層が比較的低いこともあり、より多くのターゲットに向けたマーケティングを行う場合にはYouTubeが適していると言えるでしょう。

▼関連記事

細かいターゲティングが可能

YouTubeでのインフルエンサーマーケティングでは、細かいターゲティングが行えるのもメリットです。

ターゲティング設定には「オーディエンスターゲンティグ」と「コンテンツターゲティング」の2種類があります。

オーディエンスターゲティングはユーザーの登録情報や閲覧履歴などのデータを元に広告を表示したいユーザーを指定することができるもので、コンテンツターゲティングは広告の表示する場所、例えばウェブサイトやアプリ、デバイスなどを指定することができるものです。

PRしたい商品やサービスのターゲットを事前に絞り込み、その上でこのターゲティング設定を活用することで、適切なユーザーに向けて発信することが可能となり、費用対効果を高めることができます。

YouTubeでのインフルエンサーマーケティングが適している業界

YouTubeでのインフルエンサーマーケティングが適している業界

幅広いユーザーを持つYouTubeでのインフルエンサーマーケティングは、活用の仕方によってどのような業界でも効果を期待することができますが、特に相性が良い業界も存在します。

ここでは、YouTubeでのインフルエンサーマーケティングが適している業界をピックアップしてご紹介してきます。

小売業界

ガジェット

ガジェットとは一般的に道具や小物のことを意味しますが、家電製品やゲームなどの電子機器などを指して使われることが多い用語です。

商品の見た目や使い方などを動画でわかりやすく伝えられることから、YouTubeでのPRが向いている分野です。

ガジェットの紹介に特化して活躍する「ガジェット系YouTuber」も多く、商品の特徴を楽しく伝えてくれる有名YouTuberは企業とのタイアップで得られる効果も高くなります。

アパレル・雑貨

アパレル・雑貨もアイテムの魅力をわかりやすく伝えることができるYouTubeが適していると言えます。

アパレルの場合は、アイテムそのものの見た目はもちろん、素材感や着心地、おすすめのコーディネートなどを合わせて紹介することでユーザーの興味を集めることができます。

また、雑貨の場合はインテリアに取り入れる際の具体的なアイディアなどを紹介することで、ユーザーは私生活での使用イメージを膨らませることができ、商品以上の価値を伝えることができます。

美容業界

コスメ

美容業界におけるコスメのPRでは、美容系インフルエンサーが実際に商品を使ったメイクテクニックを紹介することで、ユーザーの興味を惹くことができます。

使い方だけでなく、インフルエンサー自身の感想やアドバイスなども交えて紹介されることで、もともとインフルエンサーのファンであるユーザーには安心感が生まれ、商品の魅力が伝わりやすくなるというメリットもあります。

エステ・マッサージ

エステサロンやマッサージ店は、看板や公式サイトなどでメニューを紹介することができますが、実際の施術を伝えるのは難しいこともあります。

YouTubeの動画によって、インフルエンサーが実際に訪れた際の雰囲気や、施術中の様子などを紹介することで、ユーザーがお店の雰囲気をイメージできることが安心感につながり、マーケティング効果が高くなります。

多くの情報を伝えられる動画の特徴を利用して、サービスを受けたインフルエンサーは自身の感想やその後の体の変化なども盛り込むことで、説得力を持ってユーザーに届けることができるのもメリットです。

不動産業界

不動産売買

不動産の売買では、基本的に内覧を経て契約に至ることがほとんどです。

ただし、興味のある物件が遠方にあってすぐに行くことができない場合や、そこまで強い興味に至っていないというユーザーに対しても、YouTubeでのインフルエンサーマーケティングは効果的です。

インフルエンサーが紹介物件の内覧に行く様子をYouTubeで配信することで、企業は内装も含めて物件を細かく紹介できる上に、ユーザーは内覧を疑似体験しているような感覚を得られるのも動画ならではの特徴です。

また、企業からダイレクトに伝えられる情報よりも、インフルエンサーが間に入る形で紹介することで、親近感が湧きやすいという効果もあります。

更に興味を持ったユーザーは概要欄から公式ホームページなどにアクセスできるため、集客にも繋がりやすいと言えます。

YouTubeでインフルエンサーマーケティングを行う際の費用相場

インフルエンサーマーケティングの費用相場

YouTubeでインフルエンサーマーケティングを行う場合の費用は、1回の投稿で、インフルエンサーのフォロワー数に対して決められた単価をかけて算出されます。

単価はYouTuberやインフルエンサー代理店によって異なりますが、およそ2から4円が相場と言われています。

例えば、インフルエンサーのフォロワー数が10万人で単価が3円の場合、「10万人×3円=30万円」が費用となります。

有名インフルエンサーになればなるほどフォロワー数が多く、単価も高くなるため、トータルでかかる費用は高額になりますが、それだけ発信力も高まります。

ただし、有名インフルエンサーでないと効果が期待できないということはなく、フォロワー数は少ないものの、ユーザーとの親密な関係性を持つインフルエンサーは、興味のあるユーザーに対してダイレクトに情報を届けることができるため、費用対効果が高いとも言えます。

このように、YouTubeでのインフルエンサーマーケティングの費用は活用方法によって大きく変わります。目的や予算など企業の状況に応じて戦略を立てるようにしましょう。

▼関連記事

YouTubeでのインフルエンサーマーケティングを成功させるコツ

インフルエンサーマーケティングを成功させるコツ

目的とターゲットを絞る

まず、目的とターゲットを絞ることが大切です。

誰に向けて、どのような目的でPRを行うのかは、どのようなマーケティング手法を行うにおいても必要なステップですが、ユーザー数が多いYouTubeでのインフルエンサーマーケティングでは、この部分をおろそかにしてしまうと期待する効果も薄れてしまいます。

逆に、ターゲットを明確にすることでその後の戦略も立てやすく、広告効果も高められるので、初めの段階でしっかり行うようにしましょう。

適したインフルエンサーを選ぶ

はじめに設定した目的とターゲットに沿って、適切なインフルエンサーを選ぶのも重要なポイントです。

有名インフルエンサーを起用することが必ずしもその企業にとって良いとは限らず、PRしたい商品やサービスのターゲットに適したインフルエンサーかどうかの見極めが大切です。

依頼したいと考えるインフルエンサーのフォロワーの属性や、本人のイメージ、日頃の情報発信の様子などを確認した上で検討しましょう。

▼関連記事

効果的なプロモーション方法の構築する

インフルエンサーマーケティングを成功させるためには、動画タイトルの工夫やサムネイル画像など、YouTubeというプラットフォームに特化したマーケティングのノウハウが必要不可欠

インフルエンサーマーケティングを専門とするディレクション型の代理店を活用する方法もおすすめです。

また、プロモーションをより効果的におこなうためには、ユーザーのトレンドに対して常にアンテナを張っておくことも大切なこと。

現在、若年層を強化ターゲットとして急速に普及している「YouTube Shorts」のように、ユーザーが敏感になっているトレンド傾向を逃さずにマーケティングに活かしていきましょう。

YouTube以外のSNSも上手に活用する

インフルエンサーマーケティングでは、YouTube・Instagram・Twitterなどのプラットフォームによって、ターゲット層、ユーザーが求める情報量や種類、情報の拡散スタイルなどが異なってきます。

そのため、PRする商品やサービスなどに合わせて、それぞれのプラットフォームを上手に使いわけていくのがおすすめ。

また、複数のSNSを活用する場合は、同じプロモーションを別のSNSでも同様に展開するのではなく、プラットフォームの特性に合わせたプロモーションの展開やインフルエンサーの起用を意識しておくと安心です

企業チャンネル運営や長期的なプロジェクトの検討する

新商品の一時的な認知度アップなどを目的としていたインフルエンサーマーケティングは単発でもそれなりの効果が期待できるかもしれませんが、企業としてビジネスを成長させていくためには、中長期的な取り組みが有効です

ブランディングを視野に入れた自社チャンネルの運営や人気インフルエンサーとの長期的なタイアップ企画など、数年後の未来を視野に、インフルエンサーマーケティングに取り組んでいきましょう。

また、ユーザーにステルスマーケティングと混同されるなどのトラブルの種をつくらないように、プロジェクトごとに、明確なタイアップ企画の表記をするなど、堅実に取り組んでいきましょう。

ライブストリームショッピング(ライブコマース)も利用する

欧米でも注目されているのが、ライブ配信とオンライン販売の融合体であるライフストリームショッピング。

日本では、ライブコマースと呼ばれ、新しいオンラインショッピングのかたちとして、続々とサービスが提供されはじめています。

ライブコマースは、インフルエンサーや企業側とのやり取りにより、まるでその場で商品を手に取っているかのようなショッピングのバーチャル体験ができるところが魅力

Instagramでも「Shops」機能によるサービス提供が開始されていますし、YouTubeは、実際に商品購入につながるナンバーワンのプラットフォームとして注目されています。

目標設定と効果測定を行う

インフルエンサーマーケティングを行う際には、必ずその施策の目標を具体的に設定してから進めることが大切です。

いつまでに、どのような効果を得たいのかといった、数値目標を決めましょう。

また、施策を行なっている間もそのままにするのではなく、定期的に経過をチェックし、気になることがある場合はすぐに修正をすることが大切です。

多くのユーザーが自由に閲覧できるYouTubeは魅力も多い一方で、ターゲットとしているユーザー層に届いていない、イメージがずれているというケースも起こり得ます。

この場合、マーケティング効果が薄れるだけでなく、意とする方向性がずれてしまった場合には企業やブランドのイメージダウンにつながってしまうリスクもあるため注意しなければなりません。

▼関連記事

YouTubeインフルエンサーマーケティングの成功事例

インフルエンサーマーケティングの成功事例

株式会社ファーストリテイリング「UNIQLO」

まずは「UNIQLO」でお馴染みの株式会社ファーストリテイリングによる、なぐもふうかさんを起用したインフルエンサーマーケティングの事例をご紹介します。

なぐもふうかさんは、ご自身のYouTubeチャンネルの登録者数は40万人を超える有名YouTuberで、Instagramのフォロワー数も21万人以上と大きな影響力を持つインフルエンサーです。

YouTubeチャンネルでは、着こなしコーディネートを紹介する動画やダイエットや美容に関する動画などが多数投稿され、多くの女性から興味を集めています。

その中でも頻繁に紹介されている「UNIQLO」の企業案件は、シチュエーション別のファッションなどをわかりやすく伝えています。

コーディネートの参考になるだけでなく可愛い演出は多くのファンから高評価を得ており、ユーザーの訴求に繋がっています。

なぐもふうかさんのYouTubeチャンネル

じぶんde株式会社「じぶんdeエステ」

次にご紹介するのは、じぶんde株式会社の「じぶんdeエステ」の成功事例です。

「じぶんdeエステ」は、業務用マシンを自分で使ってボディケアができるエステサロンです。

低価格で本格的な施術ができることが特徴で、主に若い女性をメインターゲットとしています。

ブランディング動画として、読者モデルとして活躍するインフルエンサーの古川優香さんを起用したを動画を公開しており、20万近くの再生回数を記録しています。

古川優香さんはInstagramのフォロワーが85万人を超えるインフルエンサーで、コスメやカラコンのプロデュースも行っており、「じぶんdeエステ」のターゲット層である若い女性と一致していることが成功のポイントとなっています。


Fischer’s-フィッシャーズ-とゼブラ株式会社から販売されているシャープペンシル「デルガード」のタイアップです。

Fischer’s-フィッシャーズ-は6人のメンバーで構成されているYouTuberで、エンターテイメント性に富んだ面白い動画が多く、特に中高生に人気のグループです。

「デルガード」は芯が折れないことが売りとなっており、このタイアップ企画ではFischer’s-フィッシャーズ-が100本の「デルガード」を使用してハエの絵を描くという面白い内容の動画が製作されました。

この動画の再生回数は400万回を超え、コメント欄にも「商品が欲しくなった」などといったユーザーの声が多く書き込まれています。

まとめ

YouTubeは、インフルエンサーが活躍するSNSの中でも特にユーザー数が多く、幅広い層の中からターゲットを絞ることができるプラットフォームです。

また、商品やサービスの特徴を動画でわかりやすく伝えることができるため、インフルエンサーマーケティングを行うには効果的です。

人気YouTuberを起用するだけでなく、ターゲットとする客層に近いフォロワーを持ち、日頃から関連する発信を行っているインフルエンサーを起用することで、より高い効果を期待することができます。

今回ご紹介したポイントを参考に、YouTubeでのインフルエンサーマーケティングを企画してみてください。

1からインフルエンサーマーケティングを企画するのが難しい場合は、インフルエンサー代理店に依頼するのも効率的です。

インフルエンサー代理店選びに役立つ情報は以下のページでも発信していますのでぜひ参考にご覧ください。

▼関連記事

コメントは受け付けていません。

おすすめの代理店

ディレクション型

株式会社ナハト

株式会社ナハト 詳しく見る 公式サイト

株式会社ハーマンドット

株式会社ハーマンドットの公式サイトの画像 詳しく見る 公式サイト

株式会社LEO

株式会社LEOの公式サイトの画像 詳しく見る 公式サイト

プラットフォーム型

リデル株式会社

リデル株式会社 詳しく見る 公式サイト

株式会社Lxgic

株式会社Lxgicの公式サイト画像 詳しく見る 公式サイト

株式会社トリドリ

株式会社トリドリの公式サイト画像 詳しく見る 公式サイト
【2022年度最新版】インフルエンサー代理店20選!

関連記事

カップルインフルエンサーとは?魅力や話題のカップルインフルエンサーも紹介

カップルインフルエンサー

インフルエンサーマーケティングは、SNSなどで活躍するインフルエンサーを起用してPRを行うマーケティング戦略の1つで、消費者の生活や環境に合わせて積極的に導入する企業が増えています。 このページでは、特に訴求効果が高いY […]

インスタのエンゲージメント率の目安は【1.67%】各SNSの目安も紹介!

SNSで得られるエンゲージ

インフルエンサーマーケティングは、SNSなどで活躍するインフルエンサーを起用してPRを行うマーケティング戦略の1つで、消費者の生活や環境に合わせて積極的に導入する企業が増えています。 このページでは、特に訴求効果が高いY […]

化粧品のPRにインフルエンサーマーケティング適している理由を分析

化粧品のPRをしているインフルエンサー

インフルエンサーマーケティングは、SNSなどで活躍するインフルエンサーを起用してPRを行うマーケティング戦略の1つで、消費者の生活や環境に合わせて積極的に導入する企業が増えています。 このページでは、特に訴求効果が高いY […]

【美容系からビジネス系まで】ジャンル別おすすめインフルエンサーを紹介!

インフルエンサー

インフルエンサーマーケティングは、SNSなどで活躍するインフルエンサーを起用してPRを行うマーケティング戦略の1つで、消費者の生活や環境に合わせて積極的に導入する企業が増えています。 このページでは、特に訴求効果が高いY […]