ゼロからでもWEB業界に挑戦!職種ごとにスキルアップできる方法を解説!

「WEB業界に興味はあるけど、ゼロからどうやってスキルを身につければいいのか分からない…」とお悩みを持つ方もいるのではないでしょうか。

このコラムでは、WEB業界における適切なスキルを身につけるためのヒントを紹介します。

また、第三者からの評価を得るためには、資格取得も重要です。
自信を持って挑戦するためには、早期のスキルアップと情報収集が欠かせません。

これから、WEB業界に挑戦したい方はぜひ参考にしてください。

早期にスキルアップするメリットとキャリアへの影響


WEB業界におけるスキルアップは、早期に行うことでさまざまなメリットを得られます。

例えば、業界内でのキャリアの成長や給与のアップにつなげられます。

また、自分の能力を開花させるきっかけにもなるため、業界内での評価をより高めやすくなるでしょう。

プロジェクトにおいても、重要な役割を果たせるようになり、なくてはならない存在感としてアピールできます。

プロジェクトリーダーやマネージャーなど、より上位のポジションに昇進できれば、確実に給与のアップにもつなげられます。

【職種別】WEB業界のスキルアップ方法


WEB業界と一口にいっても、職種によって、必要になるスキルに違いがあります。
ここでは、それぞれの職種に必要になるスキルとその取得方法を紹介します。

なお、各職種で必要となるスキルに関しては下記で紹介してますので、是非ご覧ください。

WEBデザイナー

WEBデザイナーとは、依頼されたWEBサイトのデザインを担当する役割です。クライアントの要望を把握し、使いやすく美しいデザインを作り上げることが求められます。

WEBデザイナーとしてスキルアップするためには、以下のような方法があります。

  • 良いデザインを模写する
  • コーディング技術を学ぶ
  • 引き出しを増やすアーカイブの作成

良いデザインを模写する

WEBデザイナーのスキルアップ方法として、幅広い画面サイズに対応するスキルと最適なデザインを実現するスキルが求められます。

具体的には、Photoshopの操作や、広告バナーやWEBデザインなどの優れたデザインの模写がおすすめです。

また、最適なデザインを実現するためには、ユーザーの視点やニーズを理解する必要があります。

雑誌の広告や目に入った良いデザインの広告バナー・WEBデザインを模写すると、優れたデザインの要素やテクニックを学べるでしょう。

コーディング技術を学ぶ

HTML・CSS・jQueryなどのコーディング技術は、WEBデザイナーにとって重要な基本スキルです。

習得するためには、2つの学習方法があります。

独学で学ぶ 学習サイトや専門の書籍を利用して、自分自身で学ぶ。
自分のペースで学習を進められることがメリット。
スクールで学ぶ 経験豊富な講師による指導を受けると、より効果的にスキルを習得で可能。
定期的に行われる講座や短期集中型の講座など形態は様々。
スキルレベルや学習スタイルに合わせて、最適なスクールを選ぶことが重要。

引き出しを増やすアーカイブの作成

WEBサイトをチェックする際には、ふだんから参考になりそうなサイトのデザインをアーカイブすることをおすすめします。

どこが良かったのか、参考になった表現方法、自分ならどうデザインするかなど、一緒にメモしておくと活用しやすくなります。

アーカイブを作成する際には、デザインのポイントを明確化が大切です。

例えば、「ユーザビリティが高いサイトのデザイン」や「モバイルフレンドリーなデザイン」など、テーマごとに分類して整理しておくと、実際に活用するときに役立ちます。

WEBエンジニア

WEBエンジニアとは、パソコンやスマートフォン・タブレットなどのデバイスからアクセスするサイトやアプリケーションの開発を担当する役割です。

具体的には、デザインやレイアウトを実装・開発するフロントエンドエンジニアと、サーバーやデータベースなどの裏方の開発をするバックエンドエンジニアが存在します。

スキルアップするためには、以下の方法があります。

  • 初心者はHTMLとCSSから学ぼう
  • フロントエンドエンジニアを目指す場合:JavaScriptやフレームワークの学習
  • バックエンドエンジニアを目指す場合:プログラミング言語の学習

初心者はHTMLとCSSから学ぼう

エンジニアとしての基礎となるHTMLとCSSの学習は必須です。

特に、まったく経験がない場合、これらのプログラミング言語は、フロントエンド開発で必須となるため、最初に学ぶことをおすすめします。

HTMLとは、WEBページの構造やコンテンツを記述するためのマークアップ言語。
また、CSSとは、ウェブページのスタイルやレイアウトを指定するための言語です。

学習方法としては、オンラインでの動画講座やチュートリアルが豊富にあります。

フロントエンドエンジニアを目指す場合:

フロントエンドエンジニアとして活躍するためには、JavaScriptやフレームワークの学習が必要不可欠です。

特に注目されているJavaScriptフレームワークとして、Facebookが開発したReactがあります。

Reactは、多くの有名企業が採用しており、その需要はますます高まっています。

そして、フロントエンドエンジニアを目指す際には、研修や専門学校での学習も有効です。

ITCE Academyでは、研修終了後に紹介手数料が支払われるという仕組みがあり、実質的に受講料が無料になるので、リスクが低いといえます。

バックエンドエンジニアを目指す場合:プログラミング言語の学習

バックエンドエンジニアとは、WEBアプリケーションのサーバーサイドの開発を担当するエンジニアをいいます。

必要なスキルを身につけるためには、PHPやPythonなどのプログラミング言語の学習が必要です。

GEEK JOBというオンライン学習プラットフォームでは、WEBエンジニアになるための学習コンテンツを提供しています。

このプラットフォームでは、審査を通過すると無料で受講できます。

WEBライター

WEB業界は急速に変化し続ける分野なので、常に最新の知識や技術の習得が求められます。

特に、WEBライターにとっては、文章力や情報収集能力が書かせません。
独自の視点や表現方法を持つことが、WEBライターとしてのスキルアップにつながります。

以下の点に、注意するとWEBライターとしてのスキルが向上できます。

  • インプットを行う
  • アウトプットを行う
  • 収入アップのためにライティングスキル以外にも磨きをかける

インプットを行う

いきなり仕事を受注したり、ブログを開設したりして、ライティングを始めることは簡単ではありません。
まずは、基礎となる知識をしっかりとインプットが大切です。

具体的には、ライティングに関する書籍を読んでみてください。

ライティングの基礎やテクニック、文章構成の方法など、様々な知識を得られます。
これによって、自分の知識として吸収でき、実践の際に役立てられるでしょう。

アウトプットを行う

インプットがある程度できるようになったら、クラウドソーシングサービスを活用して、WEBライターとしてのスキルアップを図りましょう。

クラウドソーシングサービスには、多数のライティング案件がありますので、自分の興味があるジャンルの記事を受注してください。

また、アウトプットすると、自分の考えや知識の情報の整理ができますし、自然とインプットが上手くなります。

収入アップのためにライティングスキル以外にも磨きをかける

ライターの収入アップにはコツがあります。

ただ業務をこなすだけではなく、自身のスキルや能力を磨くことが重要です。

特に、ミスのない文章を書くためには、丁寧な見直し作業が必要になります。
文章を作成した後は、時間をかけて細部まで確認しましょう。

SEO対策やマーケティングの知識を身につけると、より効果的なコンテンツを作成でき、結果的にクライアントにいなければ困る存在になれるのです。

WEBマーケター

WEBマーケターの仕事は、サイト上の集客を目的とした分析や対策などで、活躍するためには様々なスキルが求められます。

WEBマーケターとして成功するために、スキルを向上するには以下の方法が有効です。

  • WEBマーケティングに関する書籍を読む
  • テレビCMやWEBなどからマーケティングの考え方を培う
  • WEBマーケティングの専門家にアドバイスを求める

WEBマーケティングに関する書籍を読む

WEBマーケティングにおいてスキルアップするための方法はさまざまですが、その中でも書籍を活用は非常に有効です。

書籍を通じて学べることは多岐にわたります。

例えば、信用が求められる時代における顧客インサイトのつかみ方や、現場のプロから学ぶSEO技術など、専門知識やスキルの習得に役立つ内容が盛り沢山です。

著者の実体験やインタビューが掲載されている書籍であれば、WEBマーケターを目指す人でも実践のイメージが湧きやすくなります。

テレビCMやWEBなどからマーケティングの考え方を培う

WEBマーケターは、より多くの購入や利用の見込みのある人を集客し、サイト上での購買や利用促進を図る役割を担っています。

そのうえで、テレビCMや雑誌広告などの従来のマーケティング手法が費用に参考になるでしょう。

昔、マーケターの役割は単純に「より多くの商品やサービスを売るための活動」とされていました。

しかし、時代の変化に伴い、マーケターの役割も変化しています。
今の時代、マーケターは消費者に対して、まずは認知してもらわなければなりません。

そういう意味で、テレビCMやWEBの考え方を学ぶと、スキルアップにつながります。

WEBマーケティングの専門家にアドバイスを求める

WEBマーケティングの専門家にアドバイスを求めることで、あなたの悩みを解決する手助けができるかもしれません。

今、WEBマーケティングに悩んでいるサイト運営者は多くいます。
特に、「WEBマーケティングの悩みを相談したいけれど、相手がいない」と感じている方は少なくありません。

実際に相談者の対応している専門家に相談することで、その悩みを解決するヒントを得られるかもしれません。

スキル向上するためには、資格の取得がおすすめ


WEB業界の各職種で活躍できるようスキル向上するためには、資格の取得がおすすめ。
特定の資格を持っていると、WEB業界で評価されるからです。

例えば、Google AnalyticsやHTML5などの認定資格を取得することで、自分のスキルを証明できます。

関連コラムでは、WEB業界に関連する資格を紹介しているので、気になった人はぜひ参考にしてください。

まとめ

本コラムでは、ゼロからでもWEB業界に挑戦するためのスキルアップ方法を紹介しました。
早期のスキルアップはキャリアアップの鍵です。

デザインに興味がある場合は、グラフィックデザインやUI/UXデザインなどに特化することで、専門性を高められます。

また、プログラミングやWEB開発に興味がある場合は、HTMLやCSS、JavaScript、PHPなどの言語の学習が必要です。

興味や能力を考慮し、適切なスキルを身につけましょう。
未経験の求人はたくさんありますが、他の応募者との差をつけ、第三者に評価してもらうためには、資格取得を考えてください。

ゼロからでもWEB業界に挑戦するためには、早期のスキルアップと情報収集が不可欠です。
本コラムで紹介した方法を活用し、自分のキャリアを築いてください。

コメントは受け付けていません。