「WEBエンジニアってどんな仕事?」キャリアパスのポイントも紹介

「WEBエンジニアの仕事ってどんなものなのか、気になっていませんか?」
毎日数多くのサイトが作られる中で、その裏側で活躍するWEBエンジニアたち。

この記事では、WEBエンジニアとは何か、彼らのキャリアパスについて、そして、WEBエンジニアとして成功するために必要なポイントや魅力的な企業もご紹介します。

WEBエンジニアの仕事に興味がある方、キャリアを築きたい方は、ぜひこの記事をご覧ください。

WEBエンジニアとは

WEBエンジニアとは、WEBサイトやECサイトなどで使用する機能を開発したり、ITシステムやアプリケーションの設計・開発を行ったりする専門家です。

また、安定した運用や保守も担当します。

WEBエンジニアは、未経験からの転職も可能ですが、個人のスキルが重視される傾向です。

ここでは、WEBエンジニアに関して以下のような内容を紹介します。

  • WEBエンジニアの役割
  • 必要なスキル

WEBエンジニアの役割

WEBエンジニアは、プログラミングやコーディングなどの主な仕事です。

ディレクターが提示した指示書や、デザイナーが作り上げたデザインに基づいてコードを書くことが求められます。

さらに、デザイナーやディレクターなど、様々な役割を持つスタッフと連携しながら、より良いサイトやサービスを構築する役割も果たします。

必要なスキル

WEBエンジニアには、様々なスキルが求められます。
その中でも特に重要なスキルは以下の通りです。

スキル 特徴
HTMLやCSSの知識 WEBサイトやアプリケーションの構築に必要なマークアップ言語やスタイルシートの知識が必要
分析力 ユーザーの行動や傾向を分析し、改善点を把握する能力
レスポンシブデザインの知識 様々なデバイスに最適化されたWEBページの作成が求められる
JavaScriptの知識 クライアントとのコミュニケーションやチーム内での協力が必要なため、良好な人間関係を築く能力が求められる
テストやデバッグのスキル 作成したコードに問題がないかを確認し、バグを修正する能力が求められる
バックエンドの基礎知識 サーバ側のプログラミング言語やデータベースの知識が必要
検索エンジン最適化の知識 検索順位を上げるためのテクニックやノウハウを持っていることが求められる

WEBエンジニアのキャリアパス

WEBエンジニアは未経験中途での募集も多々ある職種。
プログラミングのスキルやIT業界での経験があれば、役立てられますが、必須とは考えなくてもよいでしょう。

WEB業界には多種多様なエンジニア系の職種があります。
また、WEBエンジニアのキャリアパスは多岐にわたり、それぞれの役割や分野で活躍できるでしょう。

以下に、キャリアの種類を紹介します。

  • ITアーキテクト
  • ITコンサルタント
  • ITスペシャリスト
  • テックリード
  • フロントエンドエンジニア
  • サーバサイドエンジニア
  • フルスタックエンジニア
  • バックエンドエンジニア
  • プロジェクトマネージャー

自分の興味や得意分野に基づいて、将来のキャリアを考えてみましょう。

ITアーキテクト

ITアーキテクトは、経営戦略を考慮したシステムの運用基盤を設計する専門家です。

ITコンサルタントとITエンジニアの仕事を両方担当し、経営戦略立案とシステム設計の両方に関わります。

そのため、アーキテクチャ設計やコンサルティングスキル・コミュニケーション能力、そして新しい知識を学ぶ意欲などのスキルが求められるといえるでしょう。

特に最近では、ビッグデータ・AI・クラウドなどの知識や経験を持つITアーキテクトが重宝されています。

これらの技術は、企業の競争力を高めるために不可欠な要素となっており、ITアーキテクトがその導入や活用方法のサポートを果たしているでしょう。

ITコンサルタント

ITコンサルタントとは、企業の問題をITの力によって解決する専門家です。

特にWEBエンジニアがITコンサルタントを目指す際には、専門分野のスキルを磨くために経験を積むことが重要です。

IT業界は日々進化しており、新しい技術やトレンドが次々と現れます。

そのため、ITコンサルタントは常に業界や経営の知識をキャッチすることが必要です。

これにより、企業のニーズに合わせた最適なIT戦略を提案できるでしょう。

また、WEBエンジニアとしての経験を持っている場合、システムの提案もしやすくなります。
自分自身が実際に開発に携わった経験を持つことで、より具体的なアドバイスも可能です。

しかし、ITコンサルタントには技術だけではなく、ヒアリングスキルや提案力・課題解決力も求められるでしょう。

ITスペシャリスト

ITスペシャリストは、プロジェクトにおいて技術面で支える重要な役割を果たします。

具体的には、経済産業省が定めているITスキル標準(ITSS)でレベル3以上のスキルがあるエンジニアを指します。

IT分野の特定の領域に特化しており、その分野で高い知識とスキルを持っているといっても言い過ぎではありません。

スペシャリストとして特定の分野の高い知識とスキルを持ちながらも、幅広い開発に対応できる人材として求められ、プロジェクトにおいて多岐に渡る開発ニーズへの対応が求められるでしょう。

特に、ITスペシャリスト兼SEは、その高い専門知識と幅広い開発能力により、非常に重要な役割を果たしています。

テックリード

テックリードとは、システムの設計から実装までを行えるレベルの高いエンジニアをいいます。

経験豊富なITエンジニアがキャリアアップする中で、テックリードの役割に就くことが多いです。

テックリードは、リーダーとなりエンジニアチームをまとめるのに加え、プロジェクトマネージャーや上司とやり取りをする際はチームの窓口としての役割もある職種。

チームメンバーを代表して、意見や進捗状況の報告や要件の調整、問題解決などを行います。

また、テックリードは他のチームや部署との連携も大切な役割です。

他チームとの協力や情報共有、技術的な相談などを通じて、組織内のプロジェクトの円滑な進行を図ります。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアとは、WEBサイトのブラウザ上で動作する機能の制作を担当する職種です。

フロントエンドとは、ICTシステムにおいてユーザーが直接見る部分のこと。
そのため、ユーザーにとって見やすく、操作がしやすいように調整できるかがポイントとなります。

コーディングスキル(HTML・CSS・JavaScript・PHPなど)を身につけ、マークアップエンジニアとしての実務経験を積みましょう。

また、実務を通じてWEB制作全体の知識やスキル、コミュニケーション能力などを身につけられるため、その後のキャリアパスが展開しやすい職種といえます。

例えば、VPoE(技術部門のマネジメント責任者)やCTO、フルスタックエンジニアなどのポジションを目指すことも可能です。

サーバサイドエンジニア

サーバサイドエンジニアは、WEBサーバの設計・構築、保守・運用を担っています。

この職種は現在、需要が非常に高く、多くの企業がサーバサイドエンジニアを積極的に探し求めています。

WEBエンジニアがサーバサイドエンジニアを目指すには、数々のスキルを身につけることが必要です。

まずは、WEB系や業務系のプログラミング言語やフレームワークのスキルを習得することが重要といえるでしょう。

さらに、ミドルウェアやサーバOSに関する知識も不可欠です。

サーバサイドエンジニアとしての経験を積んでいくと、様々なキャリアパスを選択できます。

例えば、ネットワークエンジニアやITアーキテクト・プロジェクトマネージャーなど、様々な職種に進められます。

フルスタックエンジニア

フルスタックエンジニアは、設計から開発・運用まで幅広いスキルを持つエンジニアです。

WEBエンジニアがフルスタックエンジニアを目指すためには、バックエンド・フロントエンド・インフラなどの経験が必要です。

フルスタックエンジニアは、1つの分野だけでなく複数の分野に精通しているため、非常に重宝される存在となります。

バックエンドの知識を持ちながらもフロントエンドのデザインにもこだわれるので、全体のシステムの設計から実装まで一貫して行うことが可能です。

また、フルスタックエンジニアは、フリーランスやコンサルタント業、マネジメント業などのキャリアパスが広がっています。

幅広いスキルを持つことで、様々なプロジェクトに参加きるため、自身の能力を十分に発揮できるといえるでしょう。

ただし、フルスタックエンジニアを目指すには、学習の意欲と長期的な取り組みが必要です。

バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアとは、ユーザーには見えないシステムの開発を担当するプロフェッショナル。

サーバやデータベースの開発やインフラ構築といった重要な業務を担当することが求められます。

バックエンドエンジニアは、フロントエンドエンジニアとは異なるスキルを持っています。
ユーザーに直接影響を与えることは少ないですが、システムの基盤を支える役割があるといえるでしょう。

そのため、プログラミング言語とデータベースの知識が重要です。
バックエンドエンジニアを目指す場合、プログラミングの基礎を学ぶようにしてください。

特に、サーバサイドの開発やデータベースの設計に関する知識を身につけることが重要です。

プロジェクトマネージャー

WEBエンジニアのキャリアパスで、プロジェクトマネージャーというポジションは非常に重要です。

プロジェクトマネージャーは、現場の責任者としてプロジェクトを指揮し、成功へと導く役割を果たします。

プロジェクトマネージャーには、幅広いポジションの理解が必要。
技術的な知識に加えて、経営戦略やビジネスプロセスに関する理解も不可欠です。

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの目標を達成するために、多くのステークホルダーとコミュニケーションを取りながらプロジェクトを進めていく必要があります。

特に、WEBエンジニアがプロジェクトマネージャーを目指す場合、開発経験を積むことが重要です。

開発の現場での経験から、上流工程やマネジメントの知識を身につけられます。

さらに、プロジェクトリーダーとしての経験を積むことも重要です。

プロジェクトリーダーとして指導力やプロジェクトの全体的な把握力を養い、チームをまとめながらプロジェクトを成功に導く力が求められます。

WEBエンジニアのキャリアパスのポイント

WEBエンジニアのキャリアパスを考える際、いくつかのポイントを押さえておくことが重要です。

WEBエンジニアのキャリアパスのポイントを紹介します。

  • プログラミング言語の習得が重要
  • フレームワークやツールの習得も必要
  • 実務経験を積むことの重要性
  • 自己分析をして目標を明確にする
  • 転職市場の相場を把握する

これらを意識してキャリアを築いていくことが、成功への近道となるでしょう。

プログラミング言語の習得が重要

WEBエンジニアのキャリアパスにおいて、重要なポイントはプログラミング言語の習得です。

なぜなら、WEBエンジニアとしての基礎となるスキルであり、1つの言語だけでなく、複数の言語を習得することが望ましいからです。

プログラミング言語の習得は、WEBエンジニアとしての基本的なスキルといえます。

プログラミング言語を理解し、使いこなすことは、WEB開発の中心的な役割であるコーディングやアルゴリズムの実装に欠かせません。

言語を習得することで、より高度なプログラミング技術を身につけられ、開発能力の向上につながります。

フレームワークやツールの習得も必要

フレームワークやツールの習得は非常に重要なポイント。
これは、開発の効率化や品質向上に欠かせないものです。

現代のWEB開発においては、新しい技術やツールが次々と登場しています。

そのため、常に最新のトレンドや需要の高いものに目を向け、積極的に学んでいくことが求められます。

例えば、フロントエンドの開発においては、ReactやAngularなどが人気フレームワークです。

これらは、コーディングやUIデザインの効率化に大いに貢献しています。

実務経験を積むことの重要性

WEBエンジニアとしてのキャリアを築く上で、実務経験を積むことが非常に重要です。

実際のプロジェクトに携わり、問題解決やチームでのコミュニケーションなど、実務で必要なスキルや経験を身につけることが求められます。

実務経験を積むことは、理論だけでは得られない現場での知見やスキルを身につける絶好の機会です。

実務では、実際のプロジェクトにおいて発生する問題や課題に対して、自ら考えて解決策を見つける必要があります。

これにより、自己解決能力や問題解決能力が養われるとともに、プロジェクト全体の成功に貢献できます。

自己分析をして目標を明確にする

WEBエンジニアのキャリアパスを歩む上で重要なポイントとして、自己分析を行い、目標を明確にすることが挙げられます。

自分自身の強みや興味、関心を把握し、それに合ったキャリアパスを選ぶと、自身の成長を促進できます。

自己分析を行う際には、自身の強みを見つけることが大切です。

自分が得意なプログラミング言語や開発技術・デザイン力など、自身が他の人と比べて優れているポイントを把握しましょう。

転職市場の相場を把握する

自身のスキルや経験に見合った報酬を得るためには、市場の需要と供給を把握しておくことも重要でしょう。

転職市場の相場を把握することで、市場価値を正確に把握し、自身の評価を適切に行えます。

転職市場の相場を把握するためには、求人情報を活用することが重要です。

IT業界は日々進化しており、新しい技術や言語が生まれることも少なくありません。
求人情報をチェックすると、最新の技術や言語の需要がどの程度あるのかを把握できます。

WEBエンジニアの魅力

将来を見据えた選択肢のひとつとして、WEBエンジニアの道を選ぶことは非常に魅力的です。

ここでは、以下のようなWEBエンジニアの魅力を紹介します

  • 自由度が比較的高い
  • 自社開発を行える
  • 転職に有利

自由度が比較的高い

WEBエンジニアの魅力は、その働き方の自由度の高さにあります。
私服で出勤するのが当たり前ですし、副業も認められている環境がほとんどです。

さらに、リモートワークが可能な場合も多く、自由で働きやすい環境が整っています。

一方で、他社から業務を請け負うSIer系の企業では、スーツでの勤務が義務付けられたり、効率の悪い業務を続けたりと一昔前の大企業気質が根付いている場合もあります。

そのため、WEBエンジニアとしてのどのような働き方をしたいかについて考えておくといいでしょう。

また、自分のアイデアを形にする自由や、自分の成果に直結する報酬を得られる点も、魅力の一つです。

自社開発を行える

自社開発を行えることは、WEBエンジニアにとって大きな魅力です。

受託開発とは異なり、自社サービスの開発では市場のニーズを把握し、企画を立案してシステム開発を進める業務に携われます。

自社開発では、より自由にアイデアを出したり、新しいサービスを考えたりできます。
企画の初期段階から関与するため、自分の意見やアイデアを活かせるのも魅力の一つです。

また、ユーザーの満足度を追求できます。

自社開発では、ユーザーに対してどのような価値を提供し、どうすればより面白いサービスを作れるかを常に考える必要があります。

転職に有利

WEBエンジニアの仕事で欠かせないプログラミング言語。
PHPやRubyなどのプログラミング言語は、現在も頻繁に使用されているため、その需要も衰えることはありません。

例えば、Rubyを用いて作られたサービスで有名なものとしてX(旧Twitter)が挙げられます。
これは、Rubyの特徴であるシンプルさや可読性の高さが活かされて作られたものです。

プログラミング言語には流行り廃りがありますが、現在のところPHPやRubyの需要は衰えていないといえます。

これは、これらの言語が使いやすさや効率性に優れているためです。

WEBエンジニアの業務を通じてPHPやRubyのスキルを身につけておくことは、転職においても有利に働きます。

求人市場では、これらの言語を扱える人材が求められており、それに応じた報酬や職種の選択肢も広がるでしょう。

WEBエンジニアの成功事例

ここまで、WEBエンジニアのキャリアパスや魅力についてお伝えしましたが、WEBエンジニアの成功事例も紹介します。

チャレンジできる環境が醍醐味だと感じているファインで活躍するMMさん

ファインで活躍しているWEBエンジニアのMMさんは、SESからファインに転職し、社内開発に携わるようになりました。

新しいことにチャレンジできる環境があるため、やりがいをもって仕事に打ち込めているようです。

そのようなMMさんも、入社後タスク管理や他部署とのコミュニケーションにおいてギャップを感じたそうです。

各WEBエンジニアがもつ裁量は会社によっても違うものですが、裁量が大きいほど大変さはあるものの、1つひとつのタスクと向き合うことでスキルアップを実現。

現在の一日のスケジュールは、案件対応を中心に行っており、大手ハウスメーカーのシステム制作やWEB3Dのプロジェクトがメインの担当です。

将来的には自社サービス開発にも取り組んでいきたいとのこと。

WEBエンジニアというと、プライベートの時間がとりにくいイメージもありますが、プライベートではゲームやジムに通うことが趣味で、バランスの取れた生活を送っているそうです。

フルスタックエンジニアになることを目指している今井さん

現在は服飾業界の開発PJに参画している北海道在住のエンジニアの成功事例も紹介します。

以前は郵便局で働いていた今井さんは、子育てが落ち着いたタイミングでエンジニアになることを決意しました。

テスターからスキルを磨いて現在のポジションになった今井さん。

Marvelに入社した理由は、様々なことに挑戦したいという思いと、家族との時間を大切にしたかったからとのこと。
エンジニアとしてのスキルを高めつつも、家族との時間を大切にしています。

家族との時間を大切にしつつも、エンジニアとしてのスキルアップには積極的に取り組み、業務後や休日の時間の一部を自己研鑽に使っているようです。

将来、フルスタックエンジニアになることを目指しており、日々努力していることからも、夢をかなえる日は遠くはないでしょう。

WEBエンジニアでおすすめの企業

最新の技術を扱いながら、自身の成長を追求できる環境が整っており、将来性のある企業は非常に魅力的です。

ここでは、WEBエンジニアでおすすめの企業を紹介します。

ぜひ、WEBエンジニアとしてのキャリアを築きたい方には、一度チャンスを掴んでみる価値がある企業です。

株式会社ナハト


WEBエンジニアを目指す方にとって、株式会社ナハトは魅力的な選択肢といえるでしょう。

なぜなら、ナハトは日本の経済を好転させる人財が生まれる場所とすることをミッションに掲げています。

それはマーケティング手法が、消費者の心を動かし、世の中の購買活動を大きく左右する力を持っているからです。

ナハトは幅広いSNSに対応できる50人以上の組織体制を持ち、圧倒的な広告制作スピードと入念な検証体制を実現しています。

GoogleやFacebook・LINE・Tik Tokなど、多種多様なSNSに対応できるため、広告の届ける力は非常に高いです。

また、ナハトでは広告制作において迅速さだけでなく、入念な検証体制も重視しています。

広告の効果検証や改善策の検討など、綿密なデータ分析を通じて、常に最適な広告戦略を探求しています。

将来的に高い技術力をつけたいWEBエンジニアにとっては、ナハトの環境は魅力といえるでしょう。

株式会社ジャストシステム


株式会社ジャストシステムは、日本語入力システム「ATOK」やタブレット通信教育「スマイルゼミ」などのソフトウェアやサービスを提供している企業です。

幅広いクライアント層を持ち、民間企業や官公庁・自治体・学校・病院など、様々な分野で活躍しています。

この企業は、「次の『あたりまえ』をつくる」という理念のもと、常に新しいものづくりに取り組んでいます。

そのため、エンジニアとしては、常に最新のテクノロジーやトレンドにアンテナを張り、新しいアイデアやソリューションを提案できているといえるでしょう。

ジャストシステムでは、仕事に集中し効率的にタスクをこなすことが重要視されています。

そのため、企業体制はかなり蔵格であり、業務時間内の私語や暇な時間はほとんどありません。

一方で、仕事に集中できる環境が整っており、エンジニアとしてはやりがいのある職場です。

LINEヤフー株式会社


Zホールディングス株式会社から社名を変更したLINEヤフー株式会社。
傘下であったLINEやヤフーなどと合併する形となりました。

グループ会社の経営管理に加え、インターネット上の広告事業、イーコマース事業、会員サービス事業も手掛けています。

ソフトバンクグループ傘下の日本最大級のテクノロジー企業であり、持ち株会社でもあります。

LINEヤフー株式会社では、フロントエンド開発やバックエンドの最適化、独自の回答配信システムの開発など、様々な領域に携わることが可能です。

WEBエンジニアとして、幅広いスキルを活かしながら成長できます。

まとめ

WEBエンジニアとは、WEBサイトやアプリケーションの開発に携わるプロフェッショナルです。

彼らは、コンピュータの言語やツールを使って、使いやすく魅力的なWEBサイトを作り上げる役割があります。
そのためには、プログラミング言語やフレームワークの習得が不可欠。

また、ITアーキテクトやテックリードなど、様々なキャリアパスが可能です。

WEBエンジニアの魅力は、なんといっても自由度の高さや自社開発や転職に有利な点にあります。

彼らは自由に働くことが比較的でき、自社の開発プロジェクトに携われます。

WEBエンジニアのスキルを活かせる環境が整っているので、ぜひWEBエンジニアのキャリアを考える際には、検討してみてください。

コメントは受け付けていません。