未経験者でも取得できるWEB業界資格13選-取得する重要性も解説

WEB業界は、デジタル技術の発展により急速に成長しており、求人市場も需要が高まっています。

また、自由な働き方ができるベンチャー企業も多く、若い世代に注目される業界。

しかし、未経験者がWEB業界に転職するには、実務経験がないためにハードルが高く感じるかもしれません。

そこで、本コラムではWEB業界に興味がある未経験者の方に向けて、WEB業界でのキャリアパスと資格取得について解説します。

WEB業界資格取得の重要性とメリット

 

WEB業界では、資格を取得することが大変重要になります。
ここでは、WEB業界で資格取得をする重要性やメリットを紹介します。

キャリアパスと成長の機会

WEB業界は、急速に変化する業界であり、最新技術を習得することが成長に必要不可欠。
WEB業界には、デザイナー・プログラマー・ディレクター・マーケター・営業など多様な職種があります。

資格を取得することで、自分の希望する職種への転職や昇進につなげられることが可能です。
未経験者でも取得できる注目のWEB業界資格があります。

また、自己成長の機会を増やし、求人市場における価値を高められます。
自己成長を目指しながら、キャリアパスと成長の機会を増やし、スキルアップを図りましょう。

求人市場における資格の価値と需要

WEB業界での仕事は自由な働き方ができるベンチャー企業も多く、若い世代に注目されています。
しかも、WEB業界は急速に発展しており、求人市場も拡大していく傾向です。

求人を出す企業の中には、人物像重視の企業も多いとはいえ、資格があるほうが有利なのは言うまでもありません。

そのため、WEB業界に転職する未経験者にとって、資格を取得することはアピールポイントとなります。

WEB業界で働いてみたいと思っている方は、まずはWEB業界資格を取得して、自分のスキルアップを図りましょう。

また、資格取得者は、より高度なスキルを身につけているため、より高い報酬を得られる可能性があります。

未経験者でも取得できる注目のWEB業界資格がありますので、積極的に取り組んでいきましょう。

スキルアップのための活用方法

WEB業界において、資格取得は重要なステップとなります。

なぜなら、資格取得者は、より高度なスキルを持っているため、より高度な業務を任せられる可能性が高いためです。

資格取得は、スキルアップのための必要条件ですが、取得するだけでは足りません。

業界の実情に基づいた情報収集や、実務経験を積むことによって、資格取得を活用したスキルアップが重要となります。

とくに、未経験の方にとっては資格取得だけではなく、業界の現状を把握し、自分に合った業務を見つけることが大切です。

具体的には、WEBマーケティング・広告の知識・経験がない人は、アフィリエイトやSNS広告運用を実際に経験し、知識・経験を積むことが重要といえます。

スキルアップの方法に関してはこちらもご覧ください。

未経験者におすすめのWEB業界資格一覧


WEB業界の職種別におすすめの資格をご紹介します。

  • デザイナー向け
  • プログラマー向け
  • ディレクター向け
  • マーケター向け
  • 営業向け

デザイナー向け

未経験者でも取得できる、WEB業界資格のデザイナー向けとして注目されている資格は以下の資格になります。

  • アドビ認定プロフェッショナル
  • ウェブデザイン技能士
  • WEBクリエイター能力認定試験

アドビ認定プロフェッショナル

Adobe社が認定する、PhotoshopやIllustratorなどのAdobe製品の技術を証明する資格、アドビ認定プロフェッショナルが注目されています。

未経験者でも取得できるため、WEBデザイナーを目指す20代の方にはとくにおすすめです。

アフィリエイトやSNS広告運用の経験がない人でも、WEB業界で働くために必要なデザインスキルを身につけられます。

ウェブデザイン技能士

ウェブデザイン技能士は、厚生労働省が制定しているWEBデザインに関する唯一の国家資格。

3級から1級まで難易度に分かれ、3級は未経験者でも取得可能でるため、WEB業界で働きたい20代の方におすすめです。

WEBデザインやWEBサイト構築までの幅広い技能を身につけられ、WEB業界で働くために必要なデザインスキルとしてアピールできます。

WEBクリエイター能力認定試験

デジタルクリエイター能力認定試験は、サーティファイが認定しているWEBデザイン関係の資格の中で最も受講者が多い資格。

未経験者でも取得できるため、WEB業界に興味がある20代の方におすすめです。

世界標準にはじめて対応した資格で、取得後は国際的にも認められるため、ベンチャー企業などでグローバルな活躍も期待できます。

プログラマー向け

プログラマー向けの注目のWEB業界資格として、以下の3つがあります。

  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • オラクル認定技術者

基本情報技術者

「基本情報技術者試験」は、未経験者でも取得可能な情報処理技術に関する基礎的な知識を証明する国家試験です。

ITエンジニアとして活躍したいすべての人におすすめ。

WEB業界で働くために必要な知識を身につけ、自分の希望するキャリアパスにつなげましょう。

応用情報技術者

応用情報技術者試験は、情報処理技術者協会が実施する、情報技術に関する応用的な知識を証明する国家試験です。

情報処理における技術だけでなく、管理・経営に関する知識も身につけられます。

未経験からでも取得できるため、WEB業界に興味がある20代中途の方におすすめです。

オラクル認定技術者

WEB業界に興味がある未経験者でも取得可能な、プログラマー向けの注目のWEB業界資格に「オラクル認定技術者」があります。

この資格は、日本オラクル社が世界で高い評価を受けているOracle製品に関する技術や知識を認定する制度です。
取得すると、国際的にも通じる保証にもなり、チームで活動する場合も大きな信頼を得られます。

未経験からでも取得可能なため、WEB業界に興味がある20代の新卒や再就職したい方におすすめといえます。

ディレクター向け

 
ディレクター向けのWEB業界資格は以下の通りです。

  • WEBディレクター
  • WEBリテラシー

WEBディレクター

ディレクターを目指す方には、WEBディレクター(資格名)がおすすめです。
WEBディレクション試験を受験し、合格すると資格を取得できます。

WEBサイトの企画・設計・運営に必要な知識を証明するための資格であり、未経験者でも取得可能です。

WEBリテラシー

WEBリテラシー資格は、WEB業界における基礎的な知識を身につけるための資格です。

WEBリテラシー資格では、インターネットビジネスの概要をはじめ、プロジェクトマネジメント・WEBサイトの企画・制作・WEBデザインなどの基礎知識が身につきます。

マーケター向け

未経験者におすすめの注目のWEB業界資格として、マーケター向けに以下の3つがあります。

  • Google広告認定資格
  • Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)
  • Meta認定試験

Google広告認定資格

Google広告認定資格は、Googleが認定する広告運用スキルを証明する資格です。

Google AdWordsのプラットフォームを使った検索広告・ディスプレイ広告・動画広告などの広告運用技術を身につけられます。

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)

Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)は、Googleが提供するアクセス解析ツールGoogle Analyticsのスキルを証明する資格です。

WEBサイトのアクセス解析や改善のための分析技術を身につけられます。

Meta認定試験

Meta認定試験は、WEB業界でのマーケティングスキルを証明する資格です。

WEB広告・SEO・SNSマーケティング・メールマーケティングなど、幅広い分野のマーケティングスキルを身につけられます。

営業向け

未経験者におすすめのWEB業界営業向けの資格には、以下の2つがあります。

  • ITパスポート
  • ITコーディネータ

ITパスポート

国家試験である「ITパスポート試験」に合格すると取得できる資格で、WEB業界における基礎的な知識を証明できます。

IT業界の基礎知識だけでなく、WEBシステムの仕組みやWEBツール、WEBマーケティングに関する知識を身につけられ、他の資格取得にむけての足掛かりにもなるのです。

ITコーディネータ

ITコーディネータは、未経験者でも取得可能な、WEB業界における基本的な知識を証明する資格です。
国家試験のITコーディネータ試験は、他の資格試験と比較しても勉強期間が短くても合格しやすいので、未経験の方におすすめといえます。

システム開発の知識だけでなく、プロジェクトマネジメントやコミュニケーションスキルに関する知識も身につけることが可能。

また、経営とITの両面に精通したプロフェッショナルとして証明できる資格でもあります。

WEB業界資格取得に向けた具体的な取り組み方法


WEB業界に未経験でも資格を取得し、活躍するには以下のような具体的な取り組み方法があります。

学習計画の立て方と学習リソースの活用

WEB業界資格取得に向けた学習計画を立てることが重要です。

まずは、WEB業界資格の種類を把握し、自分が取得したい資格を選びましょう。
次に、試験の範囲や出題傾向を調べ、学習の優先度を決定します。

学習リソースとしては、資格によって異なりますが、関連書籍・オンライン講座・模擬試験の問題集などがあります。

また、WEB業界には、無料で学べるオンライン講座も豊富にある場合がありますので、一度チェックしてください。

実践的な課題の取り組み

WEB業界は、実務経験が非常に重要です。それは、学習だけではなく、実践的な課題に取り組むことで、実務経験を積むことができるからです。

たとえば、自分でサイトを作ってみたり、アフィリエイトやSNS広告運用を実際に行ってみたりすることが実績づくりにつながります。

資格試験の対策と模擬試験の活用

WEB業界資格取得に向けた試験対策は、模擬試験の活用が効果的です。
模擬試験を受験して、自分がどの程度理解しているかを確認し、弱点を洗い出し、現状把握をしましょう。

また、模擬試験を受けることで、試験の難易度や出題傾向を把握し、本番に臨む準備ができます。

まとめ

本コラムでは、WEB業界に興味がある未経験者の方に向けて、WEB業界でのキャリアパスと資格取得について解説しました。

未経験者でも取得できる注目のWEB業界資格は数多くあるので、自分が希望する職種にはどういう資格があるのかを確認し、取得するように心がけましょう。

WEB業界へ就職・転職したい方やキャリアアップを目指す方は、資格の取得を検討してください。

コメントは受け付けていません。