ブロックチェーンエンジニアのキャリアパス【成長戦略を徹底解説!!】

「ブロックチェーンエンジニア」という言葉を聞いたことがありますか。

ブロックチェーン技術の進化に伴い、このエキサイティングな職業が注目を集めています。

この記事では、ブロックチェーンエンジニアの仕事内容やキャリアパスやおすすめの企業などについてご紹介します。

ブロックチェーン技術は未来を担う重要な分野であり、その中心にいるエンジニアはますます需要が高まっているといえるでしょう。
興味を持った方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ブロックチェーンエンジニアとは

ブロックチェーンエンジニアとは、現代のテクノロジー業界においてますます重要な存在となっています。

ブロックチェーン技術を活用してシステムやアプリケーションを開発する専門家です。
ここでは、ブロックチェーンエンジニアの「仕事内容」と「求められるスキル」について紹介していきます。

ブロックチェーンエンジニアは、ブロックチェーン技術の発展に欠かせない存在であり、今後ますます需要の高まることが予想されます。

ブロックチェーンエンジニアの仕事内容

仮想通貨の取引は世界中で行われており、日本でも取引に関心を持つ人が増加傾向です。

そのため、ブロックチェーンエンジニアは、現代のテクノロジー分野で注目を浴びている職業のひとつとなっています。

ブロックチェーン技術の研究や開発、システムの設計、セキュリティの確保など、多岐にわたる重要な仕事を担当しています。

特に開発や研究においては、以下の4点がメインです。

  • ブロックチェーンを利用したアプリケーションの開発
  • 新たなブロックチェーンの開発
  • ブロックチェーン技術の研究
  • 決済サービスの開発

ブロックチェーン技術の特性は、分散型のデータベースであり、改ざんが困難である点です。
この特性により、ブロックチェーンは信頼性や透明性の高いシステムを構築できます。

しかし、その利用方法や実装には高度な知識と技術が必要です。

ブロックチェーンエンジニアは、この技術を活用することで、セキュリティの高いシステムを構築し、ビジネスプロセスの効率化や信頼性の向上に貢献する役割を果たしています。

彼らはブロックチェーンネットワークの設計や構築を行い、データの暗号化や認証の仕組みを確立します。

ブロックチェーンエンジニアの求められるスキル

ブロックチェーンエンジニアに必要な知識やスキルは以下の4つです。

  • 分散システムや暗号学の知識
  • セキュリティに関する知識
  • 問題解決能力
  • コミュニケーション能力

分散システムや暗号学の知識

ブロックチェーンエンジニアもWEBエンジニアの中のひとつの職種。
そのため、プログラミングの知識は必須といえます。

その上で、ブロックチェーン技術を構築するためには、分散システムや暗号学などの知識が必要とされます。

具体的には、ブロックチェーンの仕組みや暗号学の基礎を理解し、プログラムを記述する能力が求められます。

セキュリティに関する知識

セキュリティに関する知識も重要でしょう。

ブロックチェーンは仮想通貨の取引でも使用されるもの。
個人情報や個人の資産を守ることがシステム運営ではかなり重要です。

ブロックチェーンエンジニアは、セキュリティに関する知識や、それを形にするための暗号化技術の理解が求められます。

問題解決能力

ブロックチェーン技術はまだ新しい分野であり、さまざまな課題が存在します。
これまでにはないような新たな問題が発生し、解決しなくてはいけない場面も出てくるかもしれません。

そのため、ブロックチェーンエンジニアは、新しい課題に対して主体的に粘り強く解決策を考え、実装する能力が必要です。

コミュニケーション能力

ブロックチェーン構築や運営、保守は一人で行うわけではありません。

ブロックチェーンエンジニアは他の開発者やエンジニアと協力しながらプロジェクトを進めることが多いため、円滑なコミュニケーション能力も求められます。

ブロックチェーンエンジニアのキャリアパス

現代のデジタル社会において、データセキュリティやトランザクションの透明性がますます重要となっているため、ブロックチェーンエンジニアの需要は急速に増えています。

ブロックチェーンエンジニアとして成長するためには、スキルの取得が不可欠です。

具体的にブロックチェーンエンジニアとして成長するための戦略を紹介します。

ブロックチェーンエンジニアになるまでのキャリアパス

ブロックチェーンエンジニアは未経験でも転職する事は可能ですが、WEBエンジニアなど、他のエンジニアを経験しているほうが有利にはなるでしょう。

特にプログラミング言語の理解は早いほうが、転職後のキャリア構築がスムーズになります。

ブロックチェーンエンジニアに興味がある方はこちらのプログラミング言語の学習をしてみるのもいいでしょう。

  • JavaScript
  • GO言語
  • C言語
  • Ruby

ブロックチェーンエンジニアを目指すには、基礎知識や専門用語を学ぶ必要があります。

その理由は、ブロックチェーンの原理や分散型台帳の仕組みを理解し、プログラミングスキルを身につけることが重要だからです。

インターネット上には、無料で学べるオンラインコースや動画教材なども多くありますので、自己学習を進めることも一つの方法です。

また、独学だけでなく、プログラミングスクールなどで学ぶとよいでしょう。
実際にブロックチェーンの技術やツールに触れながら、実践的な知識を深められます。

専門の指導を受けながら学ぶことで、より効率的にスキルを磨けるでしょう。

さらに、転職サービスを活用することも重要です。
ブロックチェーンエンジニアの求人は増えてきていますが、その中から自分に合った案件を見つけるのは難しいかもしれません。

ブロックチェーンエンジニアとして成長するために必要な戦略

ブロックチェーンエンジニアとして成長するためには、適切な戦略を立てなければなりません。

以下では、ブロックチェーンエンジニアのキャリアパスを充実させるための成長戦略について紹介します。

1) 基礎知識の習得
ブロックチェーン技術を深く理解するために、関連する書籍やオンラインコースで学習を行いましょう。

2) 積極的なネットワーキング
業界のイベントやコミュニティに参加し、他のブロックチェーンエンジニアとの交流を図ることで、情報共有や新たな機会の発見が可能です。

3) 自己啓発
最新のトレンドや技術動向を常に追いかけ、自分自身を常にアップデートしておくことが必要です。また、持っているスキルや実績を積極的にアピールすることも大切です。

4) チームでの協力やリーダーシップ力の向上
ブロックチェーンプロジェクトは複数のメンバーでの協力が必要となるため、円滑なコミュニケーションやチームワークが求められます。

以上が、ブロックチェーンエンジニアとして成長するために必要な戦略です。
これらの戦略を実践することで、より一層の成長とキャリアの発展を目指すきっかけにしてください。

目指せるキャリアパス

ブロックチェーンエンジニアとしてのキャリアパスは、以下のような職種があります。

  • スペシャリスト
  • 他の分野のエンジニア
  • 開発ディレクター

ブロックチェーンエンジニアとしてのキャリアパスをするためには、常に最新の技術やトレンドに対する理解を深め、自己啓発を続けることが重要です。

また、実務経験を積むためのプロジェクトへの参加や、関連する資格取得などの努力も必要になるでしょう。

自分のスキルセットを磨き、幅広いキャリアパスを目指しましょう。

スペシャリスト

ブロックチェーンエンジニアとして、スペシャリストの道を歩むためには、特定の分野での専門性を高めることが重要です。

例えば、特定のブロックチェーン開発言語のスキルを磨くことで、仕事の幅を広げられます。

ITの世界にはプログラミングスキルや設計スキル・ネットワークスキル・基盤構築スキルなど、さまざまな専門領域が存在します。

ブロックチェーン開発言語が得意な場合、その分野を極めることで、高度なエンジニアへと成長できるでしょう。

他の分野のエンジニア

ブロックチェーンエンジニアとしてのキャリアパスは、他の分野のエンジニアとしての幅広い業務経験や知識を活かせるメリットがあります。

それは、ブロックチェーン技術はさまざまな業界に応用されており、その専門知識を持つことで、幅広いプロジェクトに参加できる点が大きな理由です。

また、ブロックチェーンエンジニアは組織内でのポジションを築きやすいともいわれています。

そのため、プロジェクトを円滑に進める能力や組織内でのまとめ役としての役割が求められるでしょう。


開発ディレクター

開発ディレクターは、ブロックチェーンエンジニアとしての経験や実績を活かせる職種といえます。

別名「PL」や「PM」とも呼ばれ、チームのマネジメントやブロックチェーン開発プロジェクトの運営を担当します。

ブロックチェーンエンジニアから開発ディレクターになるためには、技術的なスキルだけでなく、リーダーシップやプロジェクト管理能力も必要となります。

開発ディレクターになることで、ブロックチェーンエンジニアのキャリアを生かしながら、マネジメント側に進出できるでしょう。

ブロックチェーンエンジニアの魅力

ブロックチェーン技術の急速な普及に伴い、ブロックチェーンエンジニアの需要が高まっています。

ここでは、ブロックチェーンエンジニアの魅力について「今後も各業界で盛んに開発されると予想されている」「未経験からでも十分に活躍できる」といった点を紹介します。

ぜひ、ブロックチェーンエンジニアとしてのキャリアを考えてみてください。

今後も各業界で盛んに開発されると予想されている

ブロックチェーン技術は、今後も各業界で盛んに開発されると予想されています。

その魅力は、その分野でのキャリアパスの広範さにあります。
これは、ブロックチェーンエンジニアにとって、成長戦略を徹底的に考える上で必要です。

ブロックチェーンエンジニアに求められるスキルは多岐にわたりますが、まずはブロックチェーン技術への理解が必要です。

ブロックチェーンの基本的な概念や仕組みを理解すると、実際の開発に取り組めます。

未経験からでも十分に活躍できる

先ほどふれたようにブロックチェーンエンジニアは業界未経験の方でも十分活躍できる職種です。

知識をつけたいと思えば、オンラインコースや書籍を活用してすぐに学習を始められます。

特にオンラインコースでは、基礎から応用まで幅広い知識を習得でき、自分のペースで学べるでしょう。
また、書籍も多く出版されており、専門知識をより深く理解するのに役立つはずです。

次に、プログラミング言語の学習が必要です。
ブロックチェーンエンジニアになるためには、主にSolidityやC++などの言語を習得する必要があります。

これらの言語は、ブロックチェーンのスマートコントラクトやアプリケーションの開発に必要なものです。

未経験歓迎の求人であれば、転職後に学ぶ機会もあるでしょう。

ブロックチェーンエンジニアの成功事例

「ブロックチェーンエンジニアの成功事例」として、大手金融商品取引所での経験を経て、ブロックチェーン企業に参画した堀井さんと、社会貢献に情熱を持つ田中遼さんの成功事例について紹介します。

ブロックチェーンエンジニアに興味がある方は、参考にしてください。

大手金融商品取引所での経験を経て株式会社HashPortに就職した堀井さん

Web3ビジネスの戦略実行を担当するコンサルタント、堀井さん。

彼は学生時代からWeb3に興味を持ち、大手金融商品取引所でインターンなどを経験。
その後、株式会社株式会社HashPortに参画しました。

ブロックチェーン業界の変化に順応するために常に勉強を怠らず、クライアントの課題解決に全力で取り組んでいます。

堀井さんはWeb3の未来の可能性に魅了され、常に最新の情報を追いながら戦略を立案しています。

重要視している点は、自らの立ち位置やオーナーシップを大切にし、チームのカルチャーを通じた成長です。

彼の目標は上長の仕事を全て巻き取り、チームの中でプロフェッショナルとしての活躍です。

社会貢献に情熱を持つチューリンガムの共同代表である田中遼さん

田中遼さんは、ブロックチェーン技術の社会貢献に情熱を持つチューリンガム株式会社の共同代表として活躍しています。

彼のキャリアは、東京都庁やWeb3スタートアップ、そしてLINEを経て、現在はチューリンガムでビジネス開発をリードしています。

田中さんは、ブロックチェーン技術の社会への普及に特に力を注いできました。

官庁での経験を活かし、ブロックチェーンのインフラ作りに関心を持ち、スタートアップで確定申告支援ツールの開発や、LINEでのブロックチェーン・NFT事業立ち上げに携わってきました。

田中さんの仕事に共感し、彼はブロックチェーン技術の社会的な価値を実現するために力を注いでいます。

彼の今後の目標は、人々が安心して暮らせる社会の構築です。

ブロックチェーンエンジニアでおすすめの企業

ここまで、ブロックチェーンエンジニアとはどういった仕事内容なのか、そのキャリアパスなどを紹介しました。

ここでは、ブロックチェーンエンジニアにとっておすすめの企業を3社ご紹介します。

Onplanetz株式会社


「Onplanetz株式会社」は、ブロックチェーンエンジニアにとっておすすめの企業です。

この会社は、ブロックチェーンやAIなどの領域での開発とコンサルティングを得意としています。

特に、ブロックチェーン導入に関して困っている企業に対しては、初期のブレストや要件定義から開発まで総合的にサポートしており、最適なソリューションを提案します。

また、Web3ゲーム会社や大手アート会社との連携も行っており、新たな価値創造にも注力。
さらに、Onplanetz株式会社は、学生向けの基礎講座や書籍出版も行っています。

若手エンジニアの育成にも力を入れており、将来のブロックチェーン業界のリーダーを育てるための活動も積極的に行っているといえるでしょう。

HapInS株式会社


「HapInS株式会社」も、ブロックチェーンエンジニアにとっておすすめの企業です。

同社は、さまざまな企業の課題に対して最適なITソリューションを提供しています。
豊富な実績と技術力を活かし、プロダクト開発においても、仮説立案や設計から対応できます。

大手企業のブロックチェーン開発にも実績を持っており、ブロックチェーンエンジニアとしてのキャリアを積みたい方にとっては、非常に魅力的な選択肢といえるでしょう。

また、ソフトウェアエンジニアリングにおいても力を発揮しています。

ブロックチェーンに特化した技術を持つエンジニアたちが集結しており、最新の技術トレンドにも敏感に対応しています。

株式会社システムアルファ


株式会社システムアルファは、基幹システムの導入や開発を行っており、特にブロックチェーンや仮想通貨ウォレットの開発において得意としています。

同社の強みは、既存のシステムにもブロックチェーンを組み込むことが可能である点です。

従来のシステムにブロックチェーンの利点を取り入れることで、セキュリティや透明性の向上、データの改ざん防止などのメリットも受けられます。

そのため、株式会社システムアルファは幅広い業界で豊富な実績を持っています。

幅広い実績や専門知識を持つ同社での経験は、スキルの向上や将来のキャリアの展望につながること間違いありません。

まとめ

「ブロックチェーンエンジニア」は、ブロックチェーンの仕組みやセキュリティに精通し、プログラミングスキルも備えています。

ブロックチェーンエンジニアのキャリアパスは、一般的に基礎的な知識やスキルを身につけることから始めましょう。

ブロックチェーン技術は未来を担う重要な分野であり、その中心にいるエンジニアはますます需要が高まっています。

興味を持った方は、ぜひ「ブロックチェーンエンジニア」を目指してください。

コメントは受け付けていません。