20代のWEB業界未経験者でもキャリアチャンスはあるのか

WEB業界未経験者にキャリアチャンスはあるのでしょうか。

キャリアチャンスとは、職業生涯の中で、成長や進展の可能性がある好機や潜在的な機会を指します。

WEB業界は、キャリアの早い段階で転職を考えている方には、新たな挑戦をしたり成果を生み出したりできるのが特徴です。

この記事では、20代のWEB業界未経験者のキャリアチャンスについて解説します。

WEB業界に転職したい方は、ぜひ最後までご覧ください。

20代のWEB業界未経験者でもキャリアチャンスはある?

WEB業界未経験者でも、キャリアチャンスはあります。

WEB業界はまだ歴史の浅い業界ですが、技術の進歩により年々市場が拡大している業界です。

努力次第では20代の若いうちから高い年収を得たり、有責ポジションに就いたりするのも可能なので、経験の有無を問わずキャリアチャンスのある業界であるといえます。

WEB業界未経験者のキャリアチャンスの概要

WEB業界未経験者の方には、具体的にどんなキャリアチャンスがあるのでしょうか。

WEB業界未経験者でも挑戦できる求人が多い

WEB業界未経験者でも挑戦できる求人が多いのが、WEB業界の特徴です。

WEB業界は今も急速に成長を続けており、それに比例して求人数も増えているのが現状です。

そのため、WEB業界自体が人手不足なので、WEB業界未経験者にも間口を広げています。

しかし、企業によっては経験者しか採用していない場合もあるので、注意が必要です。

年齢よりスキルが重視されやすい

WEB業界は、年齢よりスキルが重視される傾向にあります。

そのため、WEB業界未経験者でも努力次第で若いうちから高収入や責任のあるポジションに就くことも可能です。

20代からの転職であればスキル面で大きく成長できる可能性やそれにより高収入を目指せます。

自分の経験に合った職種が見つかる

さまざまな職種があるため、WEB業界未経験者でも自分に合った職種を見つけて活躍できる可能性が高いです。

自分の今までの経験を生かせるのはもちろん、絵を描くのが好きな方ならWEBデザイナー、文章を書くのが得意な方はWEBライターなど、自分の好きや得意を仕事に直結させられます。

キャリアチャンスから見るWEB業界の職種一覧

WEB業界の職種の一部とそれぞれのキャリアチャンスについてみてみましょう。

WEB営業職

WEB業界の営業職は、WEBサイトの制作やWEBサービスの開発を通じてクライアントの課題を解決するのが主な業務内容です。

たとえば、自社のWEBサイトを持っておらず集客に悩んでいるクライアントに対してWEBサイトを構築して新規顧客を増やすよう提案したり、業務を便利にするためのWEBサービスの開発を促したりします。

営業経験があれば挑戦できる企業が多くあるので、WEB業界未経験者でもキャリアチャンスのある職種です。

WEBマーケター

WEBマーケターは、自社サイトやオウンドメディア・SNS・メール・チャットなど、WEBのツールを活用したマーケティング全般に関わる職業です。

WEB上の顧客の行動に沿ってさまざまな戦略を実行し、効率的に多くの製品やサービスが売れるように、広告宣伝や市場調査などの活動を担当します。

企業によってはクライアント企業のサイトの課題発見と対策や戦略の構築なども行います。

どちらにしてもWEBサービスが拡大し、WEB上のマーケティング対策が必須となっている現在、多くの企業が必要としている職種です。

そのため、経験がなくてもキャリアチャンスがあるのです。

WEBデザイナー

WEBデザイナーは、クライアントに依頼されたWEBサイトの制作を行うのが主な仕事内容です。

クライアントの希望を汲み取り全体の構成を考え魅力が伝わるようなWEBサイトを制作します。

デザイン性の有無だけでなく、操作のしやすい、そしてコンテンツが見やすいサイトにすることもWEBデザイナーの仕事。

転職の際にはコーディングの知識もある方は有利でしょう。

このようなWEBデザイナーの需要は高いですが、実務経験の有無や知識の有無を重視する傾向です。

企業によってはWEBデザインスクールでの経験があれば採用至るケースもあり、WEB業界未経験者でもキャリアチャンスを掴める可能性があります。

WEBエンジニア

WEBエンジニアは、WEBサイトやECサイトなどで使われるシステムの設計・開発・運用・保守を行います。

WEBエンジニアの求人は新卒での採用を除いて、未経験者を対象とした募集は極めて少ない印象です。

仮に未経験者可能な求人でも、他に経験者の候補者がいると不利になってしまうかもしれません。

WEBエンジニアもプログラミングスクールの経験があれば採用に至るケースもあるため、WEB業界未経験者でもキャリアチャンスを掴める可能性があります。

WEBディレクター

WEBディレクターはWEBサイトの企画制作や運用の責任者となり、デザイナーやライター、SEO担当者をまとめるのが主な仕事内容です。

クライアントとのやり取りや、サイト作成のスケジュール管理も行います。

WEBディレクターは、WEB業界の深い知識とマネジメントスキルが求められるため、WEBデザイナーやWEBエンジニアがキャリアパスのひとつとして選択するケースが一般的です。

ただし、WEBデザイナーやWEBエンジニアのような技術は求められることはないので、こちらも未経験でも転職しやすい職種といえます。

WEBライター

WEBライターは企業のWEBサイトやブログ、ニュースの記事を制作するのが仕事内容です。

文章の読み書きが得意ならWEB業界未経験者でも挑戦しやすい職種といえます。

ただし、新聞などのライターとは違い、SEOを考えた記事作成が必要となるので、WEBマーケティングの知識もある程度必要でしょう。

また、フリーランスのWEBライターも多く、外注する企業も多いので、中途採用の求人は少ないです。

WEB業界未経験者がキャリアチャンスを掴むには?

業界未経験者がWEB業界に転職するにはどんな準備をすればいいのでしょうか。
WEB業界でのキャリアチャンスをゲットするための方法について解説します。

なお、20代中途の方向けにWEB業界への転職ポイントをまとめたコラムもありますので、こちらも是非参考にご覧ください。

自分の経験を生かすことができる職種を選ぶ

自分の今までの経験を生かせる職種を選ぶのも、WEB業界未経験者がキャリアチャンスを掴むための1つの手段です。

たとえば、WEB業界未経験者でも営業経験があれば営業職として挑戦できる企業もあります。

今までの仕事の経験と紐づけられそうな職種を選ぶと、採用される可能性が上がるかもしれません。

こちらでは未経験でもチャレンジしやすいWEB業界の職種について紹介しています。

知識を身に付けるためにスクールに通う

知識を身に付けるためにスクールに通うのも、WEB業界未経験者がキャリアチャンスを掴むための有効な手段です。

WEB業界へ転職するためのカリキュラムが組まれたスクールが多数あります。

企業によっては、未経験でもスクールで学んだ経験があれば採用に至るケースもあるため、通ってみる価値はあるといえます。

ポートフォリオを準備する

WEB業界への転職を目指すなら、ポートフォリオを作りましょう。

ポートフォリオとは、企業の採用担当者の方に提示するWEBサイトやデザインなどの制作実績です。

特に、WEBデザイナー・WEBエンジニアの職種では、実務経験の有無に関わらず、自身の作品をまとめたポートフォリオは必須です。

気をつけたいのは、ポートフォリオはただの過去の作品集ではないということ。

自身の得意な部分を反映できるように、ポートフォリオを作り込めば、WEB業界未経験者でも採用に至るケースもあります。

まとめ

WEB業界未経験者でも応募できる求人が多い、年齢よりスキルが重視されやすい、自分に合った職種が見つかるなど、WEB業界にはキャリアチャンスが多いです。

自分の経験を生かせる職種を選ぶ・WEBについて学ぶスクールに通う・ポートフォリオを準備するなどの対策をして、20代からのWEB業界への転職をぜひ成功させてください。

また、WEB業界の会社選びに関してはこちらも参考にご覧ください。


コメントは受け付けていません。