WEB業界を目指す20代中途向け!成功するための転職ポイント

WEB業界とはインターネットを活用したサービスを提供する業界のことです。

オンラインショッピング、ソーシャルメディア、デジタルマーケティングなど、活躍の場が多く、転職を希望されている方も多いのではないでしょうか。

転職先が同じでも、年齢によって転職するためのポイントが違ってきます。

今回は、20代中途でWEB業界へ転職されたい方のために、20代中途で転職を成功するためのコツや就職準備の仕方を詳しく解説していきます。

20代中途がWEB業界へ転職する意義


20代中途がWEB業界で新しい仕事を見つけることの意義について説明いたします。
「WEB業界に転職はできたものの、転職は失敗だった」ということにならないように、改めて確認しましょう。

今後さらに成長する可能性が高い業界

WEB業界でも、一部の人たちの間ではいずれAIによって自動化されるだろうとはいわれていますが、それでもデザインを制作したり顧客のニーズを理解したりすることを、すべて機械に任せることは難しいです。

インターネットが今後さらに発展すれば、それに伴いWEB業界も成長する可能性のほうが高いでしょう。

20代であっても能力に合った収入が得られる

WEB業界といっても、WEBディレクター、WEBプロデューサー、WEBプランナー、WEBデザイナー、WEBエンジニア、WEBライター、WEBマーケターなどの職種があります。

収入は職種によって違ってきますが、大手転職情報sサイトによると、WEBディレクター、WEBプランナー、WEBデザイナーが上位の職種で、平均年収は一番高い職種で約440万円です。

20代と30代で比較すると、30代の方が年収は高い傾向ではありますが、勤続年数によるものというより、スキルや管理する側の仕事をするかといった要素が強いようです。

WEB業界は、昇給スピードが早く、能力に合った収入を得られるのが特徴です。

20代なら未経験でも採用されやすい

転職する時期は、成功するための重要ポイントのひとつ。

一般的に20代中途は、入社して数年で退職するわけですから、即戦力にならなく、忍耐力に欠け離職しやすい人という印象を与えやすいです。

しかし、その一方で年齢が若いことが大きな武器にもあります。
WEB業界未経験であることが不利な要素にならず、その他の条件が合えば採用されやすいです。

特に、成長過程にあるWEB業界は人材不足ですから、20代中途を採用する際は、スキルよりもチャレンジ意欲やパーソナリティ、ポテンシャルを重視して選ぶ傾向が強いです。

以下ではWEB業界以外の仕事をしていた方の、WEB業界への転職について解説しています。

スキルを身につけ30代になったときの選択の幅を広げられる

WEB業界は職種が豊富なため、キャリアパスの可能性も幅広いです。
20代中途で転職し経験を積み、スキルを身につければ、30代になったとき選択肢をさらに増やせます。

WEB業界は、30代未経験者でも転職できる可能性はありますが、30代以降のキャリアパスを考慮するのであれば、20代中途で転職するほうが良いでしょう。

WEB業界で求められる人物像とは?


WEB業界は人材不足に悩まされる業界ではありますが、だれでもが採用されるというわけではありません。

そこで、WEB業界ではどのような人物像が求められるのかをご紹介します。
WEB業界への転職を成功させられるよう、面接などで必要となる自己アピールを考える際に参考にしてください。

  • 向上心がある人
  • 最後まであきらめない忍耐強さがある人
  • コミュニケーション能力がある人

向上心がある人

WEB業界では常に新しい情報が入ってきます。
トレンドは日々変わっていくので、入社時の知識・スキルだけでは対応できないことも出てきくるでしょう。

そのため、WEB業界で仕事をするのであれば、現状に満足せずに、新しい情報には敏感察知し、スキル取得のための勉強を日頃から行う向上心が必要不可欠です。

最後まであきらめない忍耐強さがある人

WEB業界に限らず、仕事をしていると何かしらのトラブルはつきもの。
中には解決方法がすぐに見つからないトラブルもあるでしょう。
それがクライアントから依頼されている案件の場合、早急に原因解明と解決が必要になるかもしれません。

その際に必要になるのが、忍耐力です。
自身が持っている知識と技術を駆使しながら、解決できるまであきらめずに取り組める人がWEB業界では求められています。

コミュニケーション能力がある人

特にWEBデザイナーやWEBエンジニアはパソコンに向かって黙々と作業をするイメージがありますが、実は重要なのがコミュニケーション能力。

クライアントとの打ち合わせなどにおいて、何を求めているのかなどの要望をきくにはコミュニケーション能力が必要になります。

社内でも同様です。
大きなプロジェクトになるほどプロジェクトに関わる人は多くなりますので、円滑なコミュニケーションができないと、プロジェクトの進み具合に影響を及ぼしてしまいます。

人物像についてはこちらでも解説しています。

20代中途での転職を成功させるポイント1:自己分析と適職の探求


20代中途での転職ポイントとWEB業界への転職を成功するための秘訣の1つ目は、自己分析と適職の探求です。

自己分析と適職探求は、自分の合った業種や職種を選ぶため、そして満足度の高い職場を選ぶために重要です。

具体的な方法としては、次のようなものがあります。

自己分析ツールを活用して自分を知る

20代中途は経験の少ない分、年齢を重ねた人と比較すると、自分のことを客観的に見られていないことも少なくありません。

客観的に自分を見つめて、自己分析をするのに便利なのが、自己分析ツールです。

自己分析は、過去を振り返り自分史を作ってみたり、自己分析用のワークシートを活用したりするのが一般的ですが、自己分析ツールを活用すれば質問に回答するだけなので、とても簡単です。

自己分析は無料で気軽に使えるものが多いですが、使用する際は個人情報の取り扱いにご注意ください。

企業との適合性を確認する

同じ業種の企業でも、企業によって社風が異なり、期待されることや働き方も違ってきます。
企業との適合性を確認する際の主なチェックポイントは、次の5つです。

1.社員との関わり(競争もしくは協調)

競争の激しい企業は、努力が給与に反映されやすくモチベーションを維持しやすいですが、プレッシャーが苦手な人は、協調を目指す企業が働きやすいでしょう。

2.企業の方向性(革新もしくは伝統)

革命的な企業は新しいアイデアが採用されやすく、伝統的な企業は日々の努力が評価されやすいです。

3.判断の基準(感情もしくは理性)

最終的に決断をする基準が、感情か理性かということです。

4.評価のポイント(行動もしくは思考)

上司が部下を指摘するポイントが、行動なのか、理性なのかということです。

5.仕事への姿勢(速さもしくは正確さ)

仕事ではどちらも重要ですが、一刻を争う状態では、速さと正確さのどちらを優先するかということです。

20代中途での転職を成功させるポイント2:自己ブランディングと求人市場の探索


20代中途での転職ポイントとWEB業界への転職を成功するための秘訣の2つ目は、自己ブランディングと求人市場の探索です。
主な方法は、次の3つです。

  • ポートフォリオを作成する
  • WEBサイトやSNSを活用する
  • 業界コミュニティに参加する

ポートフォリオを作成する

ポートフォリオは「作品集」のような意味合いで、WEB業界で必要となるスキルや能力、技術力をまとめたものです。

デザイン力や言語の理解などだけでなく、ポートフォリオの企画力や魅力的にみせられているかどうかといった所もポイントになります。

未経験者の20代中途でも、ポートフォリオを作成しておけば、今ある自分のスキルを十分にアピールでき、自己ブランディングにも効果的です。

例え、ポートフォリオが必須でなくても、作成しないと意欲がないような印象を与えてしまいますから、可能な範囲で作成したほうが良いです。

ポートフォリオには、自己紹介、経歴、保有スキル、自主制作物も忘れずに掲載しておきましょう。

WEBサイトやSNSを活用する

インターネットの普及により、WEBサイトやSNSを使って採用活動をしている企業も増えています。

採用方法は、企業がWEBサイトやSNSを使って求人情報を発信し、仕事もWEBサイトやSNSを経由してオファーします。

未経験者で20代中途だとなかなか良い就職先が見つからないという方は、WEBサイトやSNSを使って就職活動をするのもひとつの方法です。

業界コミュニティに参加する

知人の紹介により、WEB業界への転職に成功するケースもあります。

未経験者20代中途の人は、同じ専門分野や目的を持った人が集まる業種コミュニティやネットワーキングに参加して、人脈を広げると良いでしょう。

WEB業界は、テクノロジーの発展が目まぐるしいですが、業界コミュニティやネットワーキングに参加することは、最新の技術や情報を得ることにも役立ちます。

その他、転職の際に役立つ業界研究や企業研究に関してはこちらをご覧ください。

20代中途での転職を成功させるポイント3:キャリアパスの選択


20代中途での転職ポイントとWEB業界への転職を成功するための秘訣の3つ目は、キャリアパスの選択です。
キャリアパスを選択する方法としては、次のような方法があります。

  • 目標を設定する
  • 専門家のアドバイスを受ける

目標を設定する

キャリアパスとは、キャリアの道筋のことです。
企業によってはキャリアパス制度を導入していて、昇進に必要な具体的な条件も提示しているところもあります。

キャリアパスを選択する際は、将来の目標に合致していることが大切ですから、まずは具体的な目標を設定しましょう。

目標を設定することで、それを実現するためには必要なスキルと取り組むべきことが何かが明白になり、入社後も仕事のモチベーションも維持しやすくなります。

キャリアパスについては下記をご覧ください。

専門家のアドバイスを受ける

キャリアパスを選択には、WEB業界と職種に関する情報収集と研究も必要です。

未経験者20代中途の場合、自分の力だけでは情報収集が難しいですから、転職エージェントなどのキャリア相談を受けることをおすすめします。

キャリア相談では、WEB業界に関する情報を提供してくれるだけでなく、就職活動の相談も可能です。

第三者の立場から適切なアドバイスを受けられるため、自分の適職や希望のキャリアパスも明確にできるでしょう。

転職エージェントに関してはこちらをご覧ください。

20代中途での転職を成功させるポイント4:面接対策


20代中途での転職ポイントとWEB業界への転職を成功するための秘訣の4つ目は、面接対策です。

スキル面でアピールポイントが少ない未経験者20代中途は、できるだけ時間をかけて面接対策を行い、万全な体制で面接に望みましょう。

面接対策および就職準備として行っておきたいことは、次の3つです。

  • WEB業界に適した服装の準備する
  • WEB業界の面接でよく聞かれる質問を確認し回答を考えておく
  • 継続的に情報収集しトレンドを追求する

WEB業界に適した服装の準備する

面接の服装は、リクルートスーツというのが一般常識となっていますが、業種によっては必ずしもそうではありません。

面接する企業がリクルートスーツを指定した場合はリクルートスーツを着用する必要がありますが、WEB業界で特に服装の指定がない場合は、「オフィスカジュアル」で大丈夫です。

企業によっては、個性を知るために「私服」や「服装自由」としている場合があります。

真面目な印象を与えるためにリクルートスーツを選ぶことが逆効果になることもありますから、ご注意ください。

WEB業界の面接でよく聞かれる質問を確認し回答を考えておく

業界によって面接でよく聞かれる質問は異なります。
WEB業界の面接でも必ず聞かれる質問がありますから、事前に確認し回答を考えておくことで、面接時によりスムーズに答えられます。

回答内容を考える時は、質問の意図を理解することが重要。
質問を通して採用担当者は何を見ているのかについても把握して、回答を考えましょう。

未経験者20代中途を対象とした面接で、最も重要視されるのは「人柄」と「社風の相性」です。

回答を考えるときは、自分の長所、入社意欲など、アピールしたいポイントを強調できるように、どのような質問がきたとしても、回答に一貫性を持たせるのがポイントです。

WEB業界の面接でよく聞かれる質問には、自己紹介、これまでの経歴、転職理由、志望動機、将来のビジョンなどがあります。

転職理由では、その会社への志望動機だけでなく、WEB業界への志望動機についても考えておきましょう。

継続的に情報収集しトレンドを追求する

WEB業界は、トレンド、最新の技術、ニーズが目まぐるしく変化します。
面接ですべての質問に正確な回答ができるように、面接直前まで継続的に情報収集することが必要不可欠です。
情報収集には、大手のIT系ニュースサイトが役立ちます。

WEB業界の最新トレンドについてはこちらをご覧ください。

また、面接対策についてはこちらで詳しく解説しています。

まとめ

今回は、未経験からの転職で注意すべきポイントと成功の秘訣をご紹介いたしました。

WEB業界は、将来性があり、頑張っただけ収入アップも見込める業種です。
未経験者でWEB業界へ転職するなら、30代よりも20代中途でしたほうが今後の選択肢も増やせます。

WEB業界への転職をご希望の方は、ここでご紹介いたしました情報を参考にしていただき、就職準備と面接対策を万全にして、転職を実現させましょう。

転職先の会社についてはこちらも参考にしてみてください。


コメントは受け付けていません。