20代中途WEB業界への転職成功に向けて!選考ステップごとにみる就職活動術

どの世代にもインターネットの使用が広がりIT人材の需要は増すばかりです。

そのため、20代中途・未経験の人でも、事前にしっかりと準備することでWEB業界へ転職が可能になります。

この記事では、20代中途・未経験でWEB業界に転職するための就職活動術について詳しくお伝えします。

ぜひこの記事を参考に、WEB業界での就職内定を勝ち取ってください。

目次

WEB業界への就職活動前に知っておきたいこと


20代中途で他職種から転職を希望する際に、WEB業界で転職成功させるために「何から始めるべきか」悩まれている人もいるのではないでしょうか。

そういった場合は、WEB業界でどのようなスキルや技術があると20代中途でも転職成功できるか知ることから始めてみましょう。

WEB業界で必要とされるスキル・知識が分かると、ポイントを押さえた書類の記載ができ、面接の準備もしやすくなります。

まずは、成功する就職活動術を説明する前に、就職活動から見たWEB業界の基礎知識からお伝えしましょう。

会社規模別にみるWEB業界の求人(20代)に関するトレンド

20代中途・未経験の人でも、WEB業界への転職成功は可能です。
その理由は、インターネットの普及により、新しいビジネスモデルやサービスを提供する企業が増えているからです。

大手企業の他に、中小企業やベンチャー企業もビジネスを展開しています。

大手企業の場合、毎年計画的に新卒者を採用するため、中途採用には即戦力になれる人材が選ばれる傾向があります。

そのため、大企業への就職は、20代中途でWEB業界未経験の人には少し難しいかもしれません。

一方、中小企業やベンチャー企業では、すぐに即戦力が集まりにくので、20代中途でWEB業界未経験の人でも、そのポテンシャルに期待して積極的に採用する企業があります。

中小企業やベンチャー企業では、社員数が少ない分、幅広い業務に関われる可能性が高く、早くスキルを身に着け、着実にレベルアップしたい人にとっては良い環境となるでしょう。

WEB業界の基礎知識については下記コラムもご覧ください。

WEB業界でのキャリアパスと成長の可能性

WEB業界には、WEBエンジニア、WEBディレックター、WEBマーケター、WEBマーケターなどさまざまな職種があります。

各職種により求められるスキルは変わりますが、実際のプロジェクトに関わる中で多くの経験を積み、しっかりとスキルを身に着けることで、20代中途でもWEB業界で必要とされる人材へ成長できるでしょう。

WEB業界では、スキルアップすることでキャリアパスも広がりを見せます。

キャリアパスについては下記のコラムをご覧ください。

WEB業界のスキルセットと要求される技術とは

20代中途にWEB業界で求められるスキルセット(業務をおこなう上で必要となる技術・知識・経験の組み合わせ)は、職種によって変わりますが、どの職種についても実務で役立つのは、WEB製作やマーケティングの知識です。

IT業界は技術の進歩が速いため、転職成功した後も常にトレンドを意識して、スキルアップを図ることが必要。

現時点でWEB業界のスキルや知識がない人は、その職種でどのような知識や技術が必要とされるのか、事前に知っておくと、企業側が求めている人材が分かるので、転職成功に導くポイントを押さえた就職活動がしやすくなるでしょう。

スキルセットについては下記のコラムで解説しています。

エントリーから選考プロセスまでのステップ


ここからは、一般的な選考の流れについて説明します。
選考の流れは以下の通りです。

  1. エントリーシート(ES)による書類選考
  2. グループディスカッション、面接などによるグループ選考
  3. 個人選考
  4. 内々定
  5. 内定

一般的に選考の段階が進むほど、企業側のチェックは厳しくなります。

事前に企業理念を理解すると共に、自己理解も深めておくと、面接での予想外の質問にも落ち着いて対応できるようになるでしょう。

エントリーシート(ES)による書類選考

就職したい企業が見つかったら、必要事項を記入したエントリーシートを企業に送付します。

エントリーシートの選考で重要なポイントは、応募者の人間性です。
企業のコンセプトやミッションに共感し、協力して業務をやり遂げられるか、学ぶ意欲や採用ポジションに求めるスキルがあるか審査されます。

20代中途に人を採用する場合、今後の活躍に期待したポテンシャル採用に力を入れる企業があります。

そういった企業では、WEB業界で求められる十分なスキルや知識が応募時になくても、学ぶ姿勢があり、周囲の人と協力して仕事ができるイメージを持つ人が有利です。

そのため、PR欄があれば20代中途で「その企業のどのような点に魅力を感じたのか」、スキルや知識が不足している場合は「その企業でどのような学びを深め、将来的にどのように企業に貢献できるのか」具体的に記載してみると良いでしょう。

グループディスカッション、面接などによるグループ選考

エントリーシートの選考が通過したら、次はグループ選考に移ります。
企業によっては、グループ選考がないケースもあります。

グループ選考で審査されるポイントは「仕事に対する適応性」「他職種とも業務を遂行できる協調性」「リーダーシップ」「積極性」「モチベーション」の有無です。

グループ選考には、3つの形式があります。

  • グループディスカッション形式
  • プレゼンテーション形式
  • 集団面接形式

転職成功に導けるよう、それぞれの形式別の就職活動術も説明します。

グループディスカッション形式

グループディスカッションは、企業側が提案したテーマについて他の応募者とディスカッションする形式です。

この形式では、20代中途の応募者の協調性・リーダーシップ・論理性などが審査されています。

グループディスカッションにも、課題解決型・売上アップ型・新規事業立案型・自由討論型・選択型と5つのパターンがあります。

どのパターンでテーマ―が出題されるかは、当日までわからないことがほとんどです。

グループディスカッションのパターンごとの進行方法の学習の他に、イベントにも参加し20代中途でWEB業界について知識を深めるのも、転職成功につながる就職活動術になります。

プレゼンテーション形式

プレゼンテーションは、企業側が伝えるテーマについて面接官の前でプレゼンテーションしてもらい、その情報を基に応募者を選考する形式です。

プレゼンテーションのテーマが事前に知らされた場合は、資料を事前に作成し、グループ選考に参加します。

20代中途のプレゼンテーション選考で審査されるのは、プレゼン能力だけではありません。
論理的な思考力や自己表現力、人柄や話し方、立ち振る舞いなども含まれます。

グループ選考では、完璧なプレゼンテーションは求められていませんが、与えられた時間内で十分なプレゼンテーションができるよう努力しましょう。

就職活動術では、説得力も高評価を得るための重要な要素ですので、プレゼンテーションした内容の根拠を提示するようにしてください。

集団面接形式

集団面接は、数人の応募者が一緒に面接を受ける形式です。
質問する面接官の人数は、1人~複数人の場合があります。

面接官は、複数の応募者を比較し評価します。
短い時間の中で、自己アピールする必要があるため、自信がないと緊張し、スムーズに言葉が出てこないことがあるかもしれません。

事前に質問を予測して練習を繰り返し、自信を持って面接を受けられるよう準備すると、本番で緊張しにくくなります。

20代中途で転職成功する就職活動術では、どの形式のグループ選考も、1人で時間を独占しないよう周囲への配慮は必須です。

質問に答える際は、自分の考え・価値観が伝わるよう、エピソードを交えて回答すると良いでしょう。

個人選考

グループ選考をクリアできたら、次に個人選考があります。
個人選考では、一般的に20代中途の応募者1人に対し、1人~数人の面接官が質問します。

個人面接で評価されるのは、返答のスムーズさ・基本的なマナー・コミュニケーション能力・仕事に対する熱意などです。

グループ面接と違い、1人当たりの面接時間が長くなるので、話す内容や質問がより深くなる場合があります。

返答内容を事前に予想し、スムーズに答えられるように練習しておきましょう。

面接対策についてはこちらでも紹介しています。

内々定

内々定は、企業側が正式に採用の意思を伝える前の意思表示です。
企業によっては、内々定の連絡がなく内定の連絡が来る場合もあります。

内々定は内定とほぼ同じ意味ですが、大きな違いは企業と応募者の間に労働契約が成立していない点です。

内々定の連絡を受けたら、まず企業へお礼を伝えましょう。

その後、企業が定める期間内に就職するか意思表示して、正式な内定が決まります。

内々定の連絡を受けた後、期限内に意思表示がないと、内々定が取り消しになる場合があります。内々定の連絡を受けたら、返信を忘れないよう注意してください。

内定

選考を通過し、内定が決定したら連絡がきます。

内定通知が届いたら、条件を再度確認し、相違がなければ企業に連絡して入社日を決め、雇用契約を結びます。

一般的に、返信の期限は1週間以内ですが、念のため返信の期限も確認してください。

20代中途で内定が確定したら、入社に向け準備を始めます。

まだ働いている場合は退職手続きと、入社後に必要となるスキル・技術の勉強も進めましょう。

求人情報の収集方法


20代中途で希望にあう求人に出会うために、就職活動術で求人情報を収集する方法についてお伝えします。
求人情報を集める方法は、大きく分けて3つあります。

  • 転職エージェントの活用と求人情報サイトを利用する
  • 社会人向けインターンシップや合同企業説明会へ参加する
  • ネットワークとWEB業界イベントに参加する

それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

転職エージェントの活用と求人情報サイトを利用する

転職エージェントと求人情報サイトには、それぞれの特徴があります。
自分のスタイルに合う求人の種類を選んで転職成功に近づきましょう。

転職エージェントや求人サイトにも、得意とする業種があります。

20代中途の採用で条件に合う企業が見つからない場合は、複数の転職エージェントや求人サイトを利用する方法もあります。

求人エージェントと求人サイトの違いは以下の通りです。

転職エージェント 転職情報サイト
費用 無料 無料
求人の探し方 アドバイザーが条件に合う企業を紹介 掲示されている企業の中から自分で探す
応募条件 応募数はある程度限定されるが、非公開求人にも応募できる 制限なく応募できる
専任のアドバイザー 専任のアドバイザーがつく アドバイザーなし
企業情報の提供 企業の職場環境など詳しい情報を提供 企業の情報は掲示されている内容のみ
履歴書・職務経歴書のアドバイス 専任のアドバイザーからアドバイスが受けられる アドバイスなし
スケジュール管理 アドバイザーが応募から面接日まで日程調整してくれる 自分で応募し、日程を調整する

求人探しや履歴書・職務経歴書の記入方法に自信のない人は、専任のアドバイザーがつく転職エージェントの利用が向いているかもしれません。

ある程度、就職活動になれた人なら、求人情報サイトも活用して企業を比較・検討しながらリサーチしてみましょう。

なお、転職エージェントに関してはこちらで詳しく解説しています。

社会人向けインターンシップや合同企業説明会へ参加する

20代中途でWEB業界にまだ詳しくない人は、社会人向けインターンシップや合同企業説明会にも積極的に参加し、情報を収集しましょう。

WEB業界でやりたい仕事を見つける「きっかけ」になるかもしれません。

インターンシップや合同企業説明会では、今まで知らなかったWEB業界の仕事について具体的に知ることができます。

すでにWEB業界で働いている先輩達からリアルな話を聞ける貴重な機会です。

また、同じ業種や企業を目指す人と交流は、20代中途で転職成功を目指すためのモチベーションアップにもなります。

インターンシップに関してはこちらもご覧ください。

ネットワークとWEB業界イベントに参加する

1人で実践する就職活動術は、不安やストレスを感じやすくなります。

そんな時は、ネットワークやWEB業界のイベントに参加して、WEB業界で働くプロフェッショナルや就職希望者とのつながりを作るようにしましょう。

WEB業界で横のつながりを広げておくと、20代中途で転職成功したい職種の情報だけでなく、転職成功させるためのアドバイスが得られる可能性も高くなります。

また、WEB業界での交友は、トレンドの把握やスキルアップなど、就職後の情報収集にも役立つでしょう。

WEB業界への転職準備方法


20代中途の求人情報を探すのと同時に、WEB業界へ転職成功させるための準備も進めていきます。

20代中途の就職活動術で初めに取り組むのは、自己分析です。

自己分析で自分の強み・弱みを知ると、自己アピールすべきポイントが見えてきます。

そのため、履歴書や職務経歴書の記載や、面接の練習もしやすくなるでしょう。

  • 自己分析と志望動機の明確化
  • 自分のアピールポイントを見つける
  • 履歴書・職務経歴書・ポートフォリオを作成する
  • 面接やグループディスカッション、課題提出の対策をする

自己分析と志望動機の明確

自己分析では「自分が本当にやりたいこと」「やりがいを感じること」を明確にするのが20代中途で転職成功に導くポイントです。

スキルや経験、興味や価値観を客観的に判断して、自分の強みと弱みを把握し、自分の価値観を明らかにしましょう。

その上で、将来的にどのようなキャリアを目指したいのか、そのために何が必要か考えてください。

WEB業界でどの職種を目指すか悩まれている人は、自分の持っているスキルセットや経験が生かせる分野を探す方法もあります。

客観的な自己分析が難しい人は、転職エージェントの無料相談を利用してみるのもひとつの手です。

自分のアピールポイントを見つける

自分のアピールポイントを見つけるには、先にお伝えした自己分析でしっかりと自分の強み・弱みを把握することが大切です。

企業側が20代中途の応募者の長所と短所(強み・弱み)を質問する目的の一つは、応募者が自分の傾向を把握できているか知るためです。

自分の傾向を把握できている人は、強みを生かしてプロジェクトで成果を上げやすかったり、弱みを自覚している人は仕事の悩みを解決する方法を見つけやすかったりする傾向があります。

そのため、書類の記載や面接でも自己分析で把握した強みと弱みを自己アピールに盛り込み転職成功を目指しましょう。

自己PRについてはこちらをご覧ください。

履歴書・職務経歴書・ポートフォリオを作成する

就職活動術では、ポイントを押さえた履歴書・職務経歴書とポートフォリオを作成するのも転職成功の秘訣です。

では、転職成功へ導く履歴書・職務経歴書とポートフォリオの作成ポイントをお伝えしましょう。

履歴書作成のポイント

履歴書は、応募した人のプロフィールを知るための書類です。
氏名・生年月日・学歴や職歴など履歴書の様式にそって記載します。

20代中途の人の履歴書でポイントとなるのは、読みやすさです。
誰が見ても理解できるよう、簡潔な文章を記載しましょう。

具体的には、誤字・脱字に注意し、正確な内容を記載してください。
フォーマットに指定がある場合は、指定に従います。

また、成功した経験やプロジェクトがあれば、記載しましょう。
20代中途で転職を希望する理由には、前向きで説得力のある内容を書きます。

相手への配慮が伝わる読みやすい履歴書は、審査する人にも好印象を与えます。

職務経歴書の作成ポイント

職務経歴書は、応募者の業務経験とスキルを知るための書類です。

転職成功するためには、20代中途で記載する職務経歴書も、履歴書と同様に分かりやすさが大切です。

これまでの職務経験や実績を、簡潔にわかりやすくまとめて記載しましょう。
記載した方が良い内容は以下の通りです。

  • 勤めていた企業と経験した業種・実績
  • 現在持っているスキルや知識
  • 資格・免許
  • チームワークやリーダーシップの経験と権限の範囲
  • 自己PR

内容を簡潔にまとめるポイントは、事実をベースとして作成することです。

自己PR以外は、自分の思いやエピソードが多すぎると文章が長くなり、アピールしたい箇所が目立たなくなります。

ポートフォリオ作成のポイント

20代中途で作成するポートフォリオは、自分がどのようなスキルを持ち、どのような業務を行ってきたかを伝える作品集です。

ポートフォリオには、希望する職種で役立ちそうなスキルを使った作品はもちろん、色々な種類の作品やプロジェクトも掲載するようにしましょう。

掲載した作品について、詳しい説明も記入します。

面接やグループディスカッション、課題提出の対策をする

20代中途で転職成功するための転職活動術のポイントは、面接やグループディスカッション、課題提出の対策も早めに始めることです。

それぞれの対策方法も見ておきましょう。

面接

面接の準備では、自己紹介以外にも自分の価値観や強み、考えなどが伝わりやすいように具体的なエピソードも考えます。

職務経験や実績をアピールしたい場合には、年数や評価するのに必要な数値を伝えるようにすると客観的な評価を高めることができるでしょう。

また、その企業の基礎的な情報と事業内容、ビジョンなど基礎情報も調べておいてください。

グループディスカッション

グループディスカッションで主導権を握るために、エピソードも交えながら論理的に説明できるよう練習しましょう。

周囲への共感も評価のポイントですので、傾聴と適切なタイミングで質問も行います。

グループ内で時間管理とまとめ役になるのも、高評価を得るための良い方法です。

課題提出の対策をする

課題に取り掛かる前に、課題内容・提出期限・提出方法について確認します。
グループで課題を行う場合は、時間管理のためタスクを分担しましょう。

課題に求められていることを理解し、具体的な成果を示すようにしてください。
最後に、内容の見直しも忘れずに行うのが転職成功を叶えるコツです。

内定獲得へのアプローチとキャリアスタート


内定の連絡がきたら、雇用契約を結び内定が確定します。

転職成功を20代中途で実現するための就職活動術は内定後にもポイントがあり、内定の連絡がきた後も気を抜かないようにしましょう。

内定が確定した後の、注意点は3つになります。

  • 内定後の条件をチェックし、不明な点は確認する
  • 新入社員研修やOJTへ積極的に参加する
  • キャリアプランニングとスキルアップに取り組む

内定後の条件を確認し、不明な点は確認する

内定後と応募時の雇用条件に違いがないかチェックします。
不明な点や気になることがあれば、雇用契約を結ぶ前に企業に確認してみましょう。

内定後の条件で確認しておく項目は以下の通りです。

  • 給与額(月給)や賞与額
  • 時間外手当や残業の有無
  • 通勤交通費や住宅手当などの有無
  • 営業交通費や制服代などの自己負担があるか
  • 社会保険の有無
  • 業種や仕事内容
  • 勤務形態
  • 勤務時間

新入社員研修やOJTへ積極的に参加する

新入社員研修は、ビジネスマナーや就職する企業の理念・仕事を行うのみ必要な知識やスキルを学ぶためのものです。

20代中途で採用された人では基本的なビジネスマナーは身についている場合があるかもしれませんが、早く業務を覚えるために積極的に研修や勉強会への参加がおすすめです。

企業の中には、先輩社員がトレーナーとして新人に付きながら実践的に仕事を教えていくOJT研修を実施することがあります。

その他にも、企業の内外で行われている勉強会や各種講座、トレーニングなどに参加して必要となる知識やスキルを習得しましょう。

キャリアのプランニングとスキルアップに取り組む

WEB業界への転職成功が決まったら、できるだけ早くキャリアプランニングを行いましょう。

就職活動術を実践して将来的に目指す方向が定まると、どのようなスキルや経験を身に着けるべきか明らかになります。

キャリアプランニングの方法

20代中途のキャリアプランニングで大切なのは、理想とする自分の姿を明確にすることです。
自分のやりたいこと、熱中できること、希望のライフスタイルを具体的に考えてみましょう。

理想とする自分の姿がイメージできたら、次に現在の自分とのギャップを明らかにします。

最後に、現在と将来の自分にあるギャップを埋める方法と中間・最終目標を考えてください。

中間目標と最終目標は、環境の変化により定期的に見直しが必要です。
状況を改善する方法も、目標に合わせて見直しましょう。

キャリアアップに役立つスキル

WEB業界では、他職種の人と協力してプロジェクトを進める機会があります。

そのため、自分の業務以外にも幅広い知識とスキルを身に着けることが必要です。

以下に記載したスキルを学んでおくと、キャリアアップに役立つでしょう。

  • マーケティング
  • プレゼンテーション
  • 企画と演出の手法
  • 情報収集と分析方法
  • 課題解決の手法
  • マネージメント
  • コミュニケーションと営業方法

20代中途から目指すキャリアに合わせて、スキルや技術を磨いていきましょう。

その他必要なスキルや持っていると有利な資格に関してはこちらをご確認ください。


就職活動のスケジュールと時間管理のポイント


20代中途で転職成功に導く就職活動術では、スケジュールと時間管理も重要です。

流れは以下を参考にしてください。

  1. 目標設定と就職内定までの計画を作成する
  2. 自己分析して自分の強み・弱み・キャリアを明確にする
  3. 求人情報を見て条件に合う企業を探す
  4. 履歴書・職務経歴書・ポートフォーリオ作成する
  5. 面接対策と自己PRを考える
  6. 試験や面接の日程調整と管理

就職活動がスタートすると、求人探しや、イベントへの参加、試験・面接の準備など、多くの時間が必要となります。

就職活動をスムーズに進めるために、タスクに優先順位をつけてスケジュール管理を行いましょう。

就職活動の各段階をスムーズに進めるためのポイントは3つです。

  • 自己分析を十分におこなってから求人情報を収集選考する
  • 転職で譲れない条件を決めてから複数の求人に応募する
  • スケジュール管理ツールを利用する

自己分析を十分におこなってから求人情報を収集選考する

自己分析してから求人情報を検索すると、やりたいことが明らかになっているので自分の希望にマッチする企業を見つけやすくなります。

まずはしっかりと自己分析しましょう。

一般的に、賞与が支給される1~3月・7月~9月に転職を希望する人が増えるため求人数が多くなります。
ただし、求職する人も増えるので、審査を通過しやすい訳ではありません。

WEB業界でも、20代中途・未経験の人を採用している企業があります。

どのタイミングで条件が合う企業に出会えるかわからないので、早めに準備を進め、こまめに求人情報をチェックするようにしましょう。

なお、こちらではWEB業界のおすすめの会社を紹介しているので、こちらも参考にご覧ください。


転職で譲れない条件を決めてから複数の求人に応募する

20代中途で転職するなら、譲れない条件を決めてから求人情報をチェックしてください。

年齢が上がるほど、未経験でWEB業界への転職は厳しくなります。
就職活動が長期になっても諦めずに、条件の合う企業を探しましょう。

転職した人の約半数が1~3カ月の就職活動を経験し、企業に応募した件数は5~6社となっています。
希望に合う求人が複数ある場合は、遠慮せずに複数の企業に応募してください。

スケジュール管理ツールを利用する

複数の企業を対象とした就職活動では、時間管理が難しくなります。
試験と面接の日時が重ならないよう、しっかりとスケジュール管理が必要です。

就職活動中のいつに、条件の合う企業に出会えるかわかりません。

そのため、1社だけに絞って活動するより、複数の企業を対象に就職活動した方が成功できる確率は高くなります。

いくつものスケジュールを管理する場合は、予定が重ならないようスケジュール管理ツールを使うと良いでしょう。

無料で利用できるスケジュール管理ツールには、Googleスプレッドシート・Google カレンダー・Yahoo! カレンダー・Microsoft To Doなどがあります。

成功事例から学ぶ就職活動のキーポイント


最後に、成功事例から見えてきた就職活動のキーポイントと、20代中途でWEB業界への転職成功させた事例をご紹介します。

成功事例から見えてきた就職活動のキーポイント

就職活動を成功させる就職活動術のキーポイントは以下です。

  • 多くの企業説明会に参加する
  • 余裕を持って就職活動を進める
  • 事前にしっかり準備する
  • 相手に与える印象を意識する

就職活動を成功させるためには、応募する企業についてしっかりと調べておくこと、自信を持って面接にのぞめるよう事前準備に力をいれることが大切です。

営業職からSE職へ転職した事例

一般企業の営業職から20代未経験・中途採用でSE職に転職を成功させた男性の事例です。

大学卒業後、部品製作・商品の企画・販売、営業の仕事をしていましたが、たまたま雑誌で見かけたSEの仕事に憧れ転職を決意。

SEを目指したのは、何かを作ったり、企画したりするのが好きだったからです。

転職を決めてからプログラミングスクールで学び、知識を深めていきました。
入社後も積極的に研修に参加し、知識とスキルの習得に力を入れられています。

この事例の転職成功のポイントは、自分のやりたいことが明確になっていたことです。

そのため、就職を成功させるために必要なスキルの習得にも、早くから取り組むことができました。

アパレル販売員から制作会社のWEBデザイナーに転職した事例

WEB業界未経験、28歳の女性がアパレル店員からWEBデザイナーへ転職を成功させた事例です。

WEBデザインに興味を持ち独学でスキルを習得後、スクールに通い本格的にWEBデザインを学びました。転職エージェントを利用し、WEBデザイナーへの転職に成功。

この事例の転職成功のポイントは、就職前からスキルを身に着けていたこと、高いコミュニケーションスキルを活かせる職種であったことです。

WEBデザイナーは、他職種とも協力してプロジェクトを進めるため、高いコミュニケーション能力が必要です。

主体的に行動する性格も、WEBデザイナーに向いていました。

まとめ

このコラムでは、20代中途・未経験でWEB業界への転職を成功させるための方法についてお伝えしました。

20代中途で未経験のWEB業界への転職は可能。

WEB業界では、応募者の今後の活躍に期待したポテンシャル採用があるからです。
ただし、WEB業界で希望の企業から内定を勝ち取るためには、事前準備が重要です。

まだ何から準備したらいいかお悩みの人は、この記事を参考に就職活動をスタートしましょう。

事前準備をしっかり行うことが、20代中途・未経験でWEB業界への就職を成功させる近道です。

コメントは受け付けていません。